人の進化なんて大して信じるだけ無駄に思う


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

22:人の進化なんて大して信じるだけ無駄に思う

谷口誠と久村ユイは島の西北部市街地を東に進んでいた。
誠は軍用小銃の38式歩兵銃、ユイは小型回転式拳銃のニューナンブM60を装備している。

「やっぱメスケモは良いよなぁ」
「うう、谷口さん出し過ぎ…垂れてきてる」
「いやあ気持ち良くてww」

先刻教会にて二人は性的な交わりを交わした。
ユイのそこから、誠の白液がとろっと、足を伝って垂れ落ちる。

「また頼むよ、ユイ」
「もう…///」

ダァン…! ダァン…!

「……ん?」
「今の…銃声?」

突然、進行方向から銃声らしき音が聞こえ、二人は足を止める。
かなり近いようだが。

「はぁ、はぁ、はぁ……!」
「!」

前方の曲がり角から、全裸の幼女を抱いた、全裸の汚いおっさんが走ってきた。
傍から見れば警察が飛んできそうな光景だが良く見ると、汚っさんの方は血塗れだった。
汚っさん、前崎茂樹は誠とユイの二人に気付くと叫んだ。

「た、助け」

ダァン!!

「があ……!!」
「ま、前崎さん!? 前崎さ、あ、嫌あああ!」

一際大きな銃声と同時に茂樹が苦鳴を上げ、その場に倒れ込んだ。
だが、抱いていた茶髪の幼女、広橋晴那を傷付けないようにしていた。
誠とユイが駆け寄ろうとする。だが、

ダァン! ダァン!

「きゃあっ!」
「ぐあ!」

二発の銃声が響き、誠の左上腕を銃弾が抉る。
茂樹と晴那を追っていた桃色の髪を持つワーキャット、フレイトの放った銃弾である。
Cz75自動拳銃の銃口を前方にいる四人に向け、フレイトが距離を詰める。

「二人増えたニャね。みんな私の獲物ニャ」
「ひっ、いい、あああ、あ」
「う……ぐ」

ガタガタと震える晴那と、背中に何発も撃ち込まれ失血している茂樹。

「この野郎、猫耳尻尾でおっぱいの可愛い娘でも、容赦しねえぞ!!」

腕を撃たれ激怒した誠が痛みに耐えながら38式歩兵銃を構えフレイトに向け発砲する。
ユイもニューナンブM60を同じくフレイトに向け乱射した。
誠、ユイの二人とフレイトの間に挟まれる形でいる晴那は地面に伏せた。
ワーキャットとしての身軽さでフレイトはどうにか銃弾を回避しながら、
Cz75を発砲するが、スライドが後退したままストップし弾切れを知らせる。

(弾切れかニャ!?)

デイパックに手を突っ込み、フレイトは予備のマガジンを取り出そうとした。

「うあああああ!!」
「ッ!?」

ダン!! ダン!! ダン!!

だが、予想外の攻撃を受ける事となる。
晴那が自分のデイパックから自動拳銃ツァスタバCZ99を取り出し、
フレイトに向けて引き金を引いた。
ロクに狙いも定めていない上に、銃に関して素人であり更に小学生の少女だった晴那の銃撃は、
至近距離ではあったがフレイトに掠り傷程度しか負わせられない。
だがフレイトに与えた精神的なダメージは大きかった。

(まずいニャ……! 一旦退くニャ!)

フレイトは道路を東方向へと風の如く走り去った。

「はぁ、はぁ、ユイ、女の子を頼む。俺はおっさんを…」
「う、うん…だ、大丈夫!? 谷口さん、腕が…!」
「何とか平気だ、それより…!」
「分かった…」

かなりの出血をしている誠の腕を心配しつつも、ユイは銃を持って呆然としている、
晴那の元へと駆け寄った。
身体中に薄いミミズ腫れの跡があり、更に局部からは男の体液の臭いがした。

「大丈夫? あなた…広橋晴那ちゃんね?」
「う…何で? あ…名簿、かぁ……そうだよ……」
「何が…あったの?」
「うっ…う…前崎さんと…遊んでたら…あの、猫のお姉ちゃんが…襲い掛かってきて…!
前崎さん、私を庇って……!」
「そうなの……」

一方、茂樹の元へ駆け寄った誠。
だが、もう手の施しようが無かった。

「おい、おっさん、しっかりしろ! 俺の声、聞こえるか!?」
「う……うう……き、君は」
「俺は谷口誠だ。女の子は無事だ。安心してくれ」
「そ、そうか…晴那ちゃん、大丈夫か……よか、た……」
「何があったんだ?」
「晴那ちゃんと…性的な遊びをしていたら…襲われたんだ……あの、猫女に……。
げほっ……う、どうやら、俺は、もう駄目みたいだな」
「……っ」
「前崎さん!」
「晴那ちゃん…無事で良かった」

涙目になった晴那が茂樹の元に駆け寄る。

「前崎さん、ごめんなさい…私のために」
「良いんだ…ロリコンにもね、意地があるからね……死ぬ前に君みたいな可愛い子と
エッチが出来て良かったよ……」
「うう…私も、気持ち良かったよ前崎さん…!」
「……(何てミスマッチな会話だ)」
「……(感動する所なのかな、ここ、泣けば許してくれるのかな)」
「誠君、ええと…」
「あ、久村ユイです」
「そうか…誠君に、ユイ君、頼みがある…晴那ちゃんを守ってやってくれ……」

掠れた声で茂樹は誠とユイに頼んだ。
それを断る選択肢は二人共選ばなかった。

「分かった…」
「…晴那ちゃんの事は任せて」
「前崎さん……!」
「ありがとう……晴那ちゃん、死んじゃ、駄目だよ。生きるんだよ……」
「前崎さーーーーーーーーーーーーん!!」

こうしてロリコンの汚いおっさん、前崎茂樹は、
最期に幼女を銃撃から身を挺して守り抜き、40年の生涯を閉じた。

◆◆◆

「はぁ…はぁ…全く、油断したニャ」

誠、ユイ、晴那から逃れたフレイトは、とある喫茶店で休息を取っていた。
Cz75のマガジンをようやく交換する。

「次に会ったら絶対殺すニャ!」
「あの…」
「ニャ!? 誰ニャ、今イラついてるから話しかけ……」

ドゴォ!!

まるで丸太でもぶつけられたかのような衝撃がフレイトを吹き飛ばした。
幾つかの座席が、テーブルが、フレイトとぶつかり滅茶苦茶に壊れる。
それが衝撃の強さを物語っていた。
そして、テーブルや椅子の残骸に埋もれたフレイトは口から大量の血を吐き、もう動かなくなっていた。

「…一人目、もしかしたら二人目かもしれませんが」

和メイド女戦闘員、倉持房は、トンファーバトンを構え直しながら言う。
先刻分校跡にて襲撃したシェパード犬獣人の青年は肋骨を砕いてやったが、
まだ生きている可能性が大きいので殺害人数には加えていない。
フレイトが持っていた拳銃、そしてデイパックの中からその拳銃の予備のマガジン、
更に、マグナム弾使用の大型自動拳銃LARグリズリーと予備マガジンを手に入れる。

「行きましょう…まだ先は長いですから」

装備をトンファーからCz75に持ち替え房は喫茶店を後にした。


【前崎茂樹  死亡】
【フレイト  死亡】
【残り28人】


【朝方/A-3、A-4境界線付近の市街地】
【谷口誠】
[状態]左上腕に銃創(出血多)
[服装]私服
[装備]38式歩兵銃(0/5)
[持物]基本支給品一式、6.5㎜×50SR弾(クリップに5発×5)
[思考]
1:殺し合いには乗らない。ゲレートと合流し脱出手段を探す。
2:ユイ、晴那と行動。
3:フレイトを警戒。
[備考]
※特に無し。

【久村ユイ】
[状態]肉体疲労(中)
[服装]高校制服
[装備]ニューナンブM60(0/5)
[持物]基本支給品一式、.38SP弾(15)
[思考]
1:殺し合いには乗らない。つかさ、雪と会いたい。
2:谷口さん、晴那ちゃんと行動。
3:フレイトを警戒。
[備考]
※特に無し。

【広橋晴那】
[状態]身体中に軽度のみみず腫れ、悲しみ
[服装]全裸(服は放棄した模様)
[装備]ツァスタバCZ99(10/15)
[道具]基本支給品一式、ツァスタバCZ99予備マガジン(3)
[思考]
1:殺し合いはしたくない。死にたくない。
2:前崎さん…。
3:フレイトを警戒。
[備考]
※特に無し。

【倉持房】
[状態]良好
[服装]エロい和メイド服(侍魂のい○はの格好に酷似)
[装備]Cz75(15/15)
[持物]基本支給品一式、Cz75予備マガジン(2)、LARグリズリー(7/7)、
LARグリズリー予備マガジン(3)、トンファーバトン
[思考]
1:殺し合いに乗る。優勝を目指す。
2:次の獲物を捜す。
[備考]
※谷口誠、久村ユイ、広橋晴那からは離れた場所にいます。


※A-3、A-4境界線周辺に銃声が響きました。


静かに舞う緋色の糸 時系列順 Land of the Free
静かに舞う緋色の糸 投下順 Land of the Free

神聖なる場所での不浄な行いも恐れずに 谷口誠 運命だろうが壊してしまえ
神聖なる場所での不浄な行いも恐れずに 久村ユイ 運命だろうが壊してしまえ
きたないおじさんとようじょ、そしてねこ 前崎茂樹 死亡
きたないおじさんとようじょ、そしてねこ 広橋晴那 運命だろうが壊してしまえ
きたないおじさんとようじょ、そしてねこ フレイト 死亡
咲かせてみせよう阿修羅華 倉持房 大往生ってこんなに凄絶だったっけ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。