変態も大勢いればそれが普通になる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

6:変態も大勢いればそれが普通になる


「私は一日一回中にビュッてされないと死んじゃうのよ」
「嘘を付くな! 嘘を付くなお前は!!」
「それぐらい私、エッチなのよ」
「そう……いや、私もだけど」

エリアD-3の森、某ゲームのキリン装備に身を包んだ少女、
白檀麒璃絵と高校制服である青いブレザーにスカート姿の少女、百瀬ほのかがいた。

「それにしても良かった。初めて会えた参加者が麒璃絵さんみたいな人で…。
もし殺し合いに乗ってる人だったらどうしようかと思った」
「私もだよ」
「…その格好って、キリン装備だよね? 自作したの?」
「いや、特別注文で」
「把握…おっぱい大きいねえ」

ほのかが麒璃絵の豊満な乳房を触る。
自身もかなりの巨乳ではあるが、やはり他人の乳房は自分のものとは、
感触がかなり異なる。

「ほのかも相当じゃない」

麒璃絵もほのかの乳房を制服の上からまさぐった。

「これで何本ものお―――んをシコシコしてきたんだよぉ」
「私パイズリは好きじゃなくて…○液顔にかかるの好きじゃないし。
…さて、支給品確認しないとそろそろ」
「そだね」

馬鹿な会話を一旦切り上げ、麒璃絵とほのかはそれぞれ自分の支給品を確認し始める。
麒璃絵はハンティングナイフとなぜか電卓、ほのかは自動拳銃FNハイパワーと予備マガジン、
アルミ製の針金10メートル分であった。
針金は鋏か何かが無ければ切断する事は出来ない。
次に二人は顔写真付きの参加者名簿に目を通す。
麒璃絵の写真は車の免許証のものが、ほのかの写真は通っている高校の学生証の写真が使われていた。

「ちょ、この写真私の免許証のじゃん、一体どうやって入手したの…!?」
「私の写真、学生証の……」
「気持ち悪い………ん………不知火がいる」
「不知火?」
「そう、影宮不知火。ほら、このナルガ装備の子」
「ああ、本当だ」
「私の友達なんだけど……物凄いゲーマーなんだ。それで獣姦ジャンキー。
この前は馬とヤったって言ってたね……無事かな」

どこにいるか分からない友人を心配する麒璃絵。
そして現在位置エリア表示機能付き懐中時計で現在自分達がいるのが、
エリアD-3の森林地帯らしい事が分かった。

「と言う事は…北に行けば廃工場があるのね…行ってみようか」
「うん…」

麒璃絵とほのかは廃工場を目指し北方向へ歩き始めた。


【早朝/D-3森】
【白檀麒璃絵】
[状態]良好
[服装]キリン装備
[装備]ハンティングナイフ
[道具]基本支給品一式、電卓
[思考]
1:殺し合いはしたくない。
2:ほのかと行動。廃工場へ向かう。
3:不知火を捜したい。出来ればセックスもしたい。
[備考]
※影宮不知火は友人です。

【百瀬ほのか】
[状態]良好
[服装]高校制服(青いブレザーとスカート、黒ニーソ)
[装備]FNハイパワー(13/13)
[道具]基本支給品一式、FNハイパワー予備マガジン(3)、アルミ製針金(10M分)
[思考]
1:死にたくない。
2:麒璃絵さんと行動。廃工場へ向かう。
3:出来ればエッチしたい。
[備考]
※特に無し。


【名前】白檀麒璃絵(びゃくだん きりえ)
【性別】女
【年齢】19歳
【職業】事務職か何か
【身体的特徴】白髪、巨乳
【好きな事・もの】ゲーム(特にモンハン)、イチゴ
【苦手な事・もの】レモン
【特技】早脱ぎ
【趣味】キリン装備のグッズ、画像収集
【特筆すべき能力】かつて剣道をやっていたのでそれなりに剣術が出来る
【備考】キリン装備にハマった娘。セクロスも大好き

【名前】百瀬ほのか(ももせ-)
【性別】女
【年齢】17歳
【職業】高校二年生
【身体的特徴】黒髪ロングの巨乳美少女。某言葉様に似てる
【好きな事・もの】誘惑する事、セックス、露出
【苦手な事・もの】強姦プレイ
【特技】パイ○リ、フ○ラ
【趣味】妄想
【特筆すべき能力】一般人
【備考】淫乱女子高生。三度の飯よりセクロスが好き(本人は精○飲んでれば一応タンパク質は取れる
と言っている)。過去に五回妊娠したが全て堕胎した


浮気はやっぱ駄目だね 時系列順 ハッスルロリババア藤島正子
浮気はやっぱ駄目だね 投下順 ハッスルロリババア藤島正子

ゲーム開始 白檀麒璃絵 [[]]
ゲーム開始 百瀬ほのか [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。