蒼見えぬ木下闇


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

27話:蒼見えぬ木下闇


用途不明の工作機械を、懐中電灯で照らして調べながら、
ボーダーコリーの少女、清原サトコと、全裸寸前の格好の褐色の体を持つ少女、
真鏡名ミナは廃工場の中を探索する。

「…何も無さそうだね」
「…ぶるぶる…」

寒さに震えるミナ。
そして、工作機械の並ぶ場所から広い所に出ようとした。
その時、斧の横面が、サトコの後頭部めがけて振り下ろされる。

ガスッ!!

「ぐぁ…!」

後頭部に強い衝撃を感じた直後、サトコの意識はブラックアウトした。
持っていた回転式拳銃コルトキングコブラを床に落とし、サトコは倒れ気を失う。

「!! さ、サトコ!?」
「ふへへ、エロい格好してるねお前~」
「い…!?」

下卑た笑いを浮かべながら、灰色の毛皮を持った人狼が現れる。
股間のそれは固くいきり立ち、先端から透明な汁が溢れていた。
見た目だけで貞操の危機を感じたミナだったが時既に遅し、
人狼――大槻牙信はミナの両手を掴み、持っていた日本刀を床に落とさせ、
ミナは壁に押し付けた。
そしてミナが下半身に巻き付けていた布と、上半身を隠していたサトコのブレザーを
容赦無くズタズタに引き裂く。

「あああああ!!」
「ウオオ、でけぇオッパイ」

ぷるんと震える豊満なミナの乳房を揉みしだき、ピンク色の突起にしゃぶりつく牙信。

「い、嫌、お願い、やめて…あっ」
「ほお? 身体は正直みてぇだぜ? ミナさんよ」
「! …何で名前を」
「ずっと見てたんだよお前ら二人の事……ああ、巨乳最高……」

灰色の人狼はミナの乳房や顔をザラついた舌で舐め回し、
右手をミナの秘部にやり、指でそこを掻き回した。

「あっ、ああっ、ひっ、あ」

いくら抵抗しようとしても、押し寄せる快感の波は防ぎようが無く、
次第にミナは暴れる事を忘れ、熱くなっていくその部分に意識を集中し始める。

「へへっ、まだまだだぜ」
「あ……?」

牙信はこれからが本番と、ミナの尻を両手で持つようにして身体を持ち上げ、
いきり立つそれをミナのそこにぐっと押し当てた。

「!! だ、駄目! 駄目ぇ!! やめ、あ、ああああああああああああああぁぁぁああぁあ!!!!」

ミナの嘆願も空しく、狼の欲望によって彼女の花弁は引き裂かれてしまった。
ポタポタと床に血が垂れ落ちる。

「おおおお、気持ちいい~」

根元まで差し込み、暖かなミナの体内をだらしなく口を開け、ハッ、ハッ、と
涎を垂らし、遠くを見詰めながら味わう牙信。
そして激しく腰を振り始め、更に快感を得ようとした。

「あっ、ああ、あっ、あ゛、あっ!!」
「はぁ、はぁ、はぁ、いい、いいぜ! 今まで殺してきた女より気持ちいい!
ひゃはっ、ああ、あー」
「うっ…ああ、あああー…んっ、あ、あん……あううー…うー………ぁ………」

狂ってしまいそうな程の苦痛と快感の中、ミナの瞳から急速に光が失われて行った。

◆◆◆

「……う」

後頭部に感じる鈍痛に悩まされながら、サトコは意識を取り戻した。

「あれ…私……どうしたんだっけ?」

確か同行者のミナと共に廃工場内を探索していたはずだったが。
突然後頭部に衝撃を感じ――その後、意識は途絶えている。
痛みを感じる後頭部に手をやると、少し血が出ていた。

「!! そうだ、ミナさん……!」

ミナの姿が見当たらない。声も聞こえない。
サトコはミナの姿を捜し辺りを見渡した。
そして、すぐにその姿を発見する。

「……!」
「お、気が付いたかボーダーコリー。サトコだったか?」

布切れで自分の息子を吹く灰色の人狼。
そのすぐ傍に、全裸にされ身体中を白濁液にまみれせたミナが横たわっていた。
首には絞められた跡があり、開かれたままの目は濁り、涙を流していた。

「あ、ああ、何て事……!」

人狼に暴行された上で、絞殺された事は明らかだった。
余りに惨い殺され方にショックを受けるサトコ。
そして目の前の人狼に対し激しい憎悪の念を抱く。

「何て事するの…!」
「どうせ死ぬんだ……好き放題ヤってから死んでやるよ」
「この外道……!」

サトコは自分の拳銃を手に取ろうとした。
だが――。

「あれ?」

無い。自分の持っていたはずの拳銃がどこにも見当たらない。

「おい、こいつを探しているのか?」

牙信がサトコに言う。
その手には、サトコが持っていた回転式拳銃が握られていた。

「あ――!」
「悪いけど、もうデカパイの良いコとヤれたし、お前には興味ねぇや。
じゃ、そう言う事で」

ダァン!! ダァン!! ダァン!!

三発の.357マグナム弾の弾丸が、サトコの胴体を貫く。
鮮血が噴き出し、衝撃でサトコの身体が激しく踊った。

(か、身体が熱い…! ここまでなの……)

仰向けに倒れて行く様子がスローモーションのように見えた。
同時に今までの人生の思いでが頭の中に蘇っては消えていく。
これが走馬灯と言う奴なのだろうと、妙に落ち着いてサトコは考える事が出来た。

(ああ…死にたくない……まだ、死にたくは…………)

もっと生きたいと強く願ったが、叶う事は無かった。

「良い女ともヤれたし、武器も手に入った…ツイてるな、へへへ」

予想以上の収穫に、灰色の人狼は満足そうに笑い尻尾を大きく振る。


【真鏡名ミナ@サムライスピリッツシリーズ  死亡】
【清原サトコ@オリキャラ・女  死亡】
【残り26人】


【一日目/朝方/C-3廃工場】
【大槻牙信@オリキャラ・男】
[状態]良好
[装備]コルトキングコブラ(3/6)
[道具]基本支給品一式、.357マグナム弾(18)、五郎入道正宗、煙幕手榴弾(3)、薪割り斧
[思考]
1:己の欲望のままに、可愛い女の子を見付け、犯して殺す。
2:男は即、殺で。
3:危険な場合は逃げる。
[備考]
※レナモン、清原サトコ、真鏡名ミナの名前、外見を記憶しました。


※C-3廃工場周辺に銃声が響きました。
※C-3廃工場内に真鏡名ミナと清原サトコの死体と二人のデイパック(基本支給品一式入り)
が放置されています。


トラウマモノが多いよWRONG END 時系列順 逢いたくてでも逢えなくて
トラウマモノが多いよWRONG END 投下順 逢いたくてでも逢えなくて
廃墟に行く時は厚着じゃないと危険 清原サトコ 死亡
廃墟に行く時は厚着じゃないと危険 真鏡名ミナ 死亡
人狼とレナモン 貞操の危機! 大槻牙信 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。