とあるガンナーの少女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

15話:とあるガンナーの少女


エリアD-2に存在する警察署二階のオフィスの窓から、
ブラインド越しに外の様子を窺う、某ゲームのナルガ装備に酷似した
露出の高い装具に身を包んだ少女、レイ・ブランチャード。

「むぅ…どうしたものか、これから」

レイには殺し合いに乗る意思は無い。そうなればこれからの行動指針は、
この殺し合いからの脱出を目指すと言う事になる。
同じく殺し合いに呼ばれている同じ冒険者ギルドの知人、エルザ・ウェイバー程では
無いにしろ、機械の知識も多少はある。
首輪の内部構造がどうなっているのか分かれば、首輪を解除する手立ても見付かるかもしれない。

「エルザ以外にも、フォナと、エイミスがいるんだったな」

殺し合いに呼ばれているレイの知人はエルザ以外にも二人、
女魔道士のフォナ・アンシュッツ、女狼獣人剣士のエイミス・フロリッヒャーがいる。
但し、エルザ以外の二人はほとんど交友関係が無かった。

「エルザは一応捜すか…後の二人は放っておこう」

レイは近くの机の上に置いてある、自分のデイパックと、
支給品である半自動小銃、M1ガーランドに近付いた。
ガンナーであるレイにとって適性のある支給武器である。

「出来ればいつも使っている方が良かったが、この際文句は言えまい……」

M1ガーランドを構えながら、レイが少し低めの声で言った。

「もう少し、この建物の中を調べてみよう…さっきから独り言多いな私」

レイはデイパックを引っ提げ、M1ガーランドを装備し、
警察署内の探索に赴いた。



【一日目/早朝/D-2警察署二階】

【レイ・ブランチャード】
[状態]良好
[装備]M1ガーランド(8/8)
[持物]基本支給品一式、M1ガーランド装弾クリップ(5)
[思考・行動]
 基本:殺し合いからの脱出。首輪の調査を行いたい。知人についてはエルザは捜索する。
 1:警察署内の探索。
[備考]
 ※特に無し。



≪支給品紹介≫
【M1ガーランド】
レイ・ブランチャードに装弾クリップ(弾薬8発入り)5個とセットで支給。
1936年に米軍制式となった優秀な部類に入る自動小銃。
弾が8発入ったクリップごと装填し、弾を撃ち尽くすと空になったクリップが自動で排出される。
その際「チャリーン!!」という独特の甲高い金属音が鳴る。
「スプリングフィールドM1」が正しい名前(だと思う)。


≪キャラ紹介≫
【名前】レイ・ブランチャード
【性別】女
【年齢】17
【職業】ガンナー
【身体的特徴】深い青色の髪に赤い瞳、グラマーで豊乳。大人びた魅力がある。
 某モンハンのナルガ装備に非常に酷似した露出度の高い装具
【性格】冷静沈着で思慮深い、が、抜けた部分もある。男っぽい口調で話す
【趣味】射撃、銃器の手入れ
【特技】精密射撃
【経歴】同じくガンナーであった父の影響で、ガンナーとしての道を歩む。
 父親は現在は後進の指導に当たっている
【好きなもの・こと】銃器の製作
【苦手なもの・こと】近接武器
【特殊技能の有無】射撃技能が高く、ある程度機械知識もある
【備考】RPGファンタジー風異世界出身で、エルザ・ウェイバー、フォナ・アンシュッツ、
 エイミス・フロリッヒャーは同じ冒険者ギルド所属の知人。
 エルザとは会話が弾む方。最近は性への興味が尽きないとか



女の子って怖いね 時系列順 人間なめんな!
女の子って怖いね 投下順 人間なめんな!

ゲーム開始 レイ・ブランチャード Police station where meaning doesn't exist
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。