ジャンプロワ現実から支給品


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【コルトパイソン@現実】
1956年にコルト社が開発した.357口径の大型リボルバー。
仕上げのよさから「リボルバーのロールス・ロイス」とも呼ばれる。
コブラ、キングコブラ、ダイアモンドバック、アナコンダと並び
商品名に蛇の名前を冠するシリーズの一つ。
【サバイバルナイフ@現実】
軍事行動中において遭難などで他の装備を失った場合
それのみで生存を計る目的で設計された、大型のシースナイフ。
また、戦地での「サバイバル」には当然敵兵との格闘戦も想定されるため
武器としての威力と堅牢性は設計の最優先課題の一つであるらしい。
【広辞苑@現実】
昭和初期に出版された『辞苑』(じえん)(博文館刊)の改訂作業を引継ぎ
第二次世界大戦後新たに発行元を岩波書店に変え
書名を『広辞苑』と改めて出版された。
現在、中型国語辞典としては三省堂の『大辞林』と並ぶ両雄。
最近では携帯機器に電子辞書の形で収録される事も多い。
収録語数は、第六版で約24万語。
【イングラムM10@現実】
特殊部隊用の小型サブマシンガンの開発を目指した
ゴードン・B・イングラムにより
1964年にAAI社で設計された。
本ロワでは9mmx19口径を使用
【打刀@現実】
打刀(うちがたな)は、日本刀の一種。
通常、室町時代以降は「刀」というと打刀を指す場合が多い。
【鉄パイプ@現実】
鉄製(鉄の合金製)の管。
【シャベル@現実】
そこそこの大きさのシャベル。
園芸用スコップとは違うんです。
【M67破片手榴弾@現実】
アメリカ陸軍およびカナダ軍で使用されている破片手榴弾である。
第2次世界大戦以来使用され続けていたM61手榴弾の代わりとして導入された。
爆発時5メートル範囲以内の人間は致命傷を受け、
15メートル範囲に殺傷能力のある破片が飛散する。
更に、一部の細かな破片は230メートルまで飛散したとの記録もあり
威力の大きさがうかがえる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。