堕ちろ、愛の中へ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

此処は、病院だ。部屋の片隅には点滴等が置いてあり、

ところどころに血痕の跡なども見られる。果たしてそれが織田信長の殺戮の跡かは、分からない。

しかし、そんな病室に、空を仰ぐ一人の男がいた。

――――――――――――――浦島太郎。

といっても、童話の浦島太郎ではない。

彼は御伽銀行という組織に所属する一人の学生だ

顔は端整で、性格も女には優しい。まあ、男にまったく興味がなく、女性に目がないのが玉にキズだったが、彼を一途に愛してくれる女性がいた。

『私は、太郎様をいつまでも、愛していますよ』

「………………やっぱり、負けるわけにはいかないな」

浦島はポケットのホルスターから一丁の銃を取り出す

ウィンチェスター銃で、西部劇でよく使われるものだ

弾丸は六発。おそらく織田信長が生み出したものだろう、織田の家紋があるあたり。

浦島は構える真似事をしてみると、もう一度ホルスターにウィンチェスターをしまった。

全て殺そう、乙姫の為に。全て壊そう、自分の為に。

次の瞬間、

「うああああぁぁぁぁああああああああああああああっ!!」

少年の叫びだった

後ろを振り返ると、眼鏡の少年が金属バットを振りかざしていた

「ちっ!!」

浦島は少年のわき腹に蹴りを叩き込む。

グラッ、と少年の重心が崩れたのを確認して、構え直される前に銃を構えた。

パァン、パァン。

二発の銃声が響いて、少年の顔面が吹き飛んでいた。

強力に改造されているのだろうか、と浦島が考えた瞬間、自分は一度しか引き金を引いていないし、そもそもリロードをしていないことを思い出す。

だが、浦島の右肩に、激痛が走った。

「な………ん、だ…これは…っ!」

致命傷にはなっていないが、これは何かに支障が出るかもしれない。

浦島は左手でウィンチェスターを構え直し、出口付近に向けた。リロードは少年を殺したときに終わっていた。引き金を引けば、あれだけの威力の弾丸が放たれるのだ。

しかし、銃口の先に立っていたのは、見知った顔だった

「――――――――――――――――――大、神」

「何やってんだよ、浦島……!?」

大神涼子。浦島の同僚で、同じくこのゲームの参加者だ。

これは不都合だ、と浦島は思う。いくら浦島がゲームに乗っていても、同僚を殺して心が痛まないほど終わってはいない。

だが、大神は躊躇なく浦島を撃った。おそらく少年を助けようとしたのだろう。銃に慣れていたら、危険だった

「何で、こいつを殺したんだよ!!お前はこんなくだらない実験に乗ったのか?」

「ああ、乗った」

即答した

「俺は乙姫のところに帰らなくちゃならない、あいつを裏切ることはできないんだ」

「だから、俺は大神、お前や頭取、………森野も殺すことになる」

森野と聞いたとき、涼子は銃を再び構える。

「撃ってみろよ、大神」

浦島が少し、笑みを浮かべてそういった。

「撃てる覚悟はお前にはないんだろ?急所に当てるなんて、絶対お前にはできない」

「違う!お前が亮士を殺すっていうんなら、俺だってお前を殺す!!」

涼子の手は、小刻みに震えていた。手の震えは、銃撃の精度を大きく下げる。

「お前は人を殺せない。大体、リロードを忘れるような素人には、俺は殺されない」

場を、沈黙が支配した。

数秒、いや、数分だったかもしれない。時間が経ち、涼子は悲しそうに眉をひそめ、

銃をゆっくり降ろした。

そして、毅然とした表情で、浦島にこう言った。

「確かに、今の俺には浦島どころか、ほかの奴だって殺せないだろうさ。だけど俺は、強くなる!そして、お前を止めてやる!」

「楽しみにしてるよ」

浦島は、至急品の包帯で止血をしながら、涼子の前を立ち去った。

「浦島…………」

【一日目/深夜】
【浦島太郎@オオカミさんと七人の仲間たち】
[状態]右肩に銃創(止血済)
[装備]改造ウィンチェスター
[所持品]基本支給品一式
[思考・行動]
 基本:殺し合いに乗る
 1:大神、頭取、森野にも容赦はしない。
[備考]

【一日目/深夜】
【大神涼子@オオカミさんと七人の仲間たち】
[状態]健康、悲しみ
[装備]拳銃(警官)
[所持品]基本支給品一式
[思考・行動]
 基本:殺し合いに乗らない。主催者を倒す。
 1:浦島…。
[備考]
 ※アニメ最終話、亮士に恋心を抱いていることを確信したときからの参戦です

【小鳥遊宗太@WORKING!!】  死亡確認

【残り27/29人】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。