兄貴降臨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どういう事なの…」
ガチムチのいい男、ビリー・ヘリントンが困惑した様子で呟く。
いきなり訳の分からない「ゲーム」とやらに参加させられたのだから当たり前だが…。
「殺し合いか…こんなことする奴はだらしねぇな」
心の中でさっきの男たちに対する怒りが膨らんでいく。
「だが…流石に俺一人じゃマズいな…仲間を――!」
途端、何かが頬を掠める。
(何だ!?)
とっさに物陰に隠れる。
「外したか」
銃声の聞こえた方を向くが、暗くてイマイチ分からない。
(闇討ちなんてだらしねぇな…)
どっちにしろ、この暗さではまともに太刀打ち出来そうにない。
それに、まだ武器を出していない。
このままでは、ゲームを壊す前に死んでしまう――
「今度は外さない」
未だ銃撃の手を休めず追撃してくる「敵」。
精一杯、闇の中を走る――!

どれだけ無我夢中で走っていただろうか。
気が付くと、街の入り口に立っていた。
「撒いたか…一体、どういうことなの…?」
近くにある塀に手をつき、乱れた息を整える。
…ふとある男の顔が浮かぶ。
――木吉カズヤ。
彼とは、今まで互いにしのぎを削ってきた仲だ。
こんなところで死ぬようなタマではないだろうが…
…やはり、心配だ。
「そう言えば、このカバンにはなにが…」
背負っているデイパックを下ろし、中の物を物色する。
中から食料や地図なんかが出てくる。
そして…
「…あんかけチャーハンか。どーりでカバンが海老臭いはずだ…」
そういえば、さっきかなり走ったせいで少しお腹が減ってしまったな。
「いただきます」

【一日目/深夜/D-6:街入り口付近】
【ビリー・ヘリントン@本格的 ガチムチパンツレスリング】
[状態]:健康、腹八分目
[装備]:なし
[所持品]:支給品一式
[思考・行動]:
基本:殺人なんてだらしねぇ事はしない。
1:これからどうするか…
2:カズヤを探す。
3:脱出に必要な物や、それができるような人を探す。
※チャーハンが盛られていた皿@本格的ガチムチパンツレスリングはD-6の入り口付近に放置されています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。