バカと妖怪ととある少女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

7話 バカと妖怪ととある少女

「これはいったいどういうことですの?」
とある少女がつぶやいていた
「とりあえずお姉さまとあの類人猿は…
ほおっておいてもどうにかなりますわ」

「おい、」
声が聞こえる

「俺は小宮砕蔵っつーんだが…」
――――――――――――――――――――――――――――――――――
B-1にある客船の中の物陰に僕、吉井明久は隠れていた
なぜか?そんなのは簡単だ

化物みたいなやつが少女を殺していたからだ

なんで?なんなのこれ?
クソ…なんか役に立ちそうなもの…

あれ?これは……まさか…

「おいそこに隠れている奴出てこい」

え?気づかれてた?く…まあいいこれがあればどうにかなる

僕は急いで物陰から飛ぶように出る
そして

「起動(アウェイクン)!」

「は?」

この召喚フィールドさえあれば僕だって戦える!

「召喚(サモン)!」

「ふんおもしろくねぇなぁ」

「俺はいらいらしてるんだあまり騒いでるんじゃねぇぞぉぉぉ」
殴るかかってくる化物しかし

(拳を…振り払う!)

カァン

「ハ?なんだ!?」

「アンタをここで倒さないといけない!これ以上
人が殺される前に!」
――――――――――――――――――――――――――――――
目の前にはさっきの化物が倒れていた

「倒したのか…」

僕は姫路さんを守りたい、そしてみんなを守りたい、だから

「危険な奴はどんどん倒していく!」
【一日目/朝/B-1客船】
【吉井明久@バカとテストと召喚獣】
[状態]健康
[装備] 白銀の腕輪(召喚型)
[所持品]基本支給品 不明支給品0~2
[思考・行動]
基本:乗っている奴を倒す
1:姫路さんと会いたい
2:乗ってない人と仲間になりたい
[備考]
※小宮砕蔵と白井黒子のデイパックがB-1の客船内に落ちています
【白井黒子@とある魔術の禁書目録 死亡】
【小宮砕蔵@ロザリオとバンパイア 死亡】
≪支給品紹介≫
【白銀の腕輪(召喚型)@バカテス】
アウェイクンというと召喚フィールドが起動されるアイテム





メガネ、熱血男、そして 時系列順 滝本先生の殺人動向
メガネ、熱血男、そして 投下順 滝本先生の殺人動向

ゲーム開始 吉井明久 バカには死んでもわからない
ゲーム開始 小宮砕蔵 死亡
ゲーム開始 白井黒子 死亡
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。