柏木寛子の憂鬱


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9話 柏木寛子の憂鬱

「ああ、寒い……」

I-10エリアにある灯台の最上部、巨大な回転灯が設置された部屋で、
茶色の長い髪を持った少女、柏木寛子は震えていた。
外のベランダ部分へ繋がる入口から海から吹く潮風が入り込む。
寛子は現在、くたびれたカッターシャツと丈の短いスカート、首輪のみを
身に着けている。下着や靴は無い。

「何で……もう嫌だ、私の人生こんなのばっかり。もう死にたい」

柏木寛子は少し前までは、ある富豪家の令嬢だった。
優しい両親の元、不自由無く暮らし、彼女も優しく、誠実な少女に育った。
だが幸せな生活はある日突然一変する。父親の突然の事故死。
そしてそこから追い打ちを掛けるように、莫大な借金が彼女と母親に圧し掛かった。
しかし、父親の会社、家財道具、果ては家までも売りに出したと言うのに、
それでも借金は完済には至らなかった。

そして、ついに借金取りは最後の手段に出る。
寛子と母親の二人を、性奴隷販売を専門とする非合法地下組織に売却したのだ。

寛子は母親と離れ離れになり、稲葉憲悦と言う灰色の人狼から、
性奴隷になるための徹底的な調教を受ける事になった。
着る物もロクに与えられず、鎖に繋がれ、あっさり純潔も奪われた。
毎日、就寝時間と食事の時間以外は憲悦や助手と思われる獣達によって、
寛子は蹂躙され、奉仕を強要された。
最初は抵抗を見せていた彼女も、次第に身体が快感に順応して行き、
いつしか自分から行為を要求するようになってしまっていた。

「殺し合いかぁ……あの薄暗い部屋で毎日やられるよりは……。
いや、どっちもどっちだね……」

突然、何の前触れも無く始まったこの殺し合い。
首には爆発する仕組みの首輪がはめられている。

寛子は半ば自分の人生に諦念を抱いていた。これから先生きていても、
自分は性奴隷に調教され、売り物になり、どこかへ売り飛ばされ、
一生を慰み者として生きていくだけだろう。
なら、いっその事、ここで殺されてしまうか、自分で命を断ってしまう方が良いのでは?
寛子の思考はネガティブになるばかりである。

「でも……死にたくないよ、やっぱり」

だが、やはり生への執着はあった。
簡単に自分の命が断てる程彼女は思い切りは良く無い。
一方で生きる事への未練も死への恐怖も当然あった。

「そう言えば、支給品って……」

支給品が入った黒いデイパックの事を思い出し、寛子は傍に置かれていたそれを手に取り漁る。
名簿が出てきたので、広げて羅列されてる名前に目を通す。
その中の一つを見付けた瞬間、寛子の目が一際大きく見開かれた。
稲葉憲悦――忘れもしない、自分を調教し、淫らな身体に改造した人狼の名前が載っていた。

「あいつもこの殺し合いにいるのか……」

憎んでいない訳では無い、殺したいと思わ無い訳でも無い。
だが、例え憎しみのままに憲悦を殺したとしても、その先に何が残るのか。
いや、何も残らないだろう。もう二度と自分は昔の生活には戻れない。
優しかった両親も、もう戻って来ない。
それが十分分かっているだけに、何ともやりきれない思いで寛子は一杯になった。

憲悦の事は一先ず置いておき、この殺し合いにおいて自分はどう行動するかを考える。
デイパックには名簿や地図、食糧品等の他、古めかしいデザインの大型自動拳銃と、
予備弾丸と思われる金具に纏められた弾薬が入っていた。
説明書によれば、自動拳銃は「マウザーC96」。7.63㎜×25弾を使用する、
かなり昔の自動拳銃。弾薬の補充、装填は予備弾を纏めている金具――クリップを
使って行う、と説明書には書かれている。
当たりの部類に入る支給品ではあるが、寛子は銃を扱った事など無い。
ましてやかなりの重量のあるC96は、元来女性が扱うのには向いていない。
しかし、構えるだけでも威嚇にはなるだろう。寛子はC96を装備した。

「……しばらく、ここにいよう……」

無理して出歩く必要は無い、ここが安全ならば、出来るだけ動かない方が良い。
そう判断した寛子は、当分の間灯台に身を潜める事にした。



【一日目/朝方/I-10灯台最上部】
【柏木寛子@オリキャラ・新規組】
[状態]健康
[装備]マウザーC96(10/10)
[所持品]基本支給品一式、7.63㎜×25弾(クリップに10発単位で纏められている、3個)
[思考・行動]
 基本:死にたくない。出来るだけ灯台から動かない。
 1:稲葉憲悦は取り敢えず放置。遭遇したらその場その場で対応。
 2:襲われたら……。
[備考]
 ※特に無し。


≪支給品紹介≫
【マウザーC96】
マウザーM1896とも呼ばれる、
ドイツのマウザー社が1896年に発売を開始した大型自動拳銃。
別名「マウザー(モーゼル)ミリタリー」「ブルームハンドル」。
本来はストックを兼ねたホルスターが標準装備されているが、本ロワでは
銃本体及び予備弾のみの支給となっている。


≪オリキャラ紹介≫
【名前】柏木寛子(かしわぎ・ひろこ)
【年齢】16
【性別】女
【職業】元高校生、性奴隷(調教中)
【性格】元は優しくおっとりとした性格だったが過酷な調教を経て、
    やや荒み気味になってしまった。また、以前より淫乱になった
【身体的特徴】茶色のロングヘアの美少女。年の割にグラマー体型
【服装】憲悦から与えられた古着(くたびれた白のカッターシャツに濃い灰色のミニスカート)
【趣味】今は無し(昔は作詩や恋愛映画観賞)
【特技】教え込まれた男を悦ばせるテクニック(昔は暗記、暗算、英会話)
【経歴】富豪の令嬢だったが父親の突然の事故死をきっかけに没落、
    母親と共に性奴隷販売地下組織に売却された(母親の行方は不明)。
    調教師、稲葉憲悦によりじっくりと調教され、すっかり人格が変わってしまった。
【備考】無意識の内に性的な行為に走る可能性有り




斬殺許可証 時系列順 血と、水
斬殺許可証 投下順 血と、水

ゲーム開始 柏木寛子 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。