※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

t:ハニーキッチンの食材 = {
     ハニーキッチンは調理に使う食材を店側で用意するシステムである。食材は<t:料理品の安全性>に基づいて検品された、法的・道義的に安全な品を取り揃える。
     側面:ブランドイメージに傷がつきそうなものの使用は、長期的に見て不利益になるため、これを控える。(幻覚作用のある調味料など)
     #t:料理品の安全性 = 側面:NACトレーサビリティに批准し、NAC検査機器を導入している藩国の食糧を用いて作成することで保障される。
   }

  t:ハニーキッチンで付与される特殊 = {
  ハニーキッチンで付与される料理の効果は、主に以下の1~5の一つあるいは複合を理由として発動する。

  1:栄養学・生理学的見地からの影響(例:疲労回復など)
  2:料理に纏わる、歴史的背景(例:バレンタインチョコなど)
  3:造る人と食べる人の態度・人間関係(例:初めて振舞った思い出のメニューなど)
  4:一緒に食べる事による、共感効果(例:あと一勝で甲子園出場と言う所で敗北した野球部が、帰りに全員で食べるラーメンなど)
  5:食べるシチュエーションおよびムード(例:夜景の見えるレストランでのディナーなど)

  側面:直接ではなく、間接的に効果を発揮する場合も含む
  側面:生体構造や文化が違う場合、料理に含まれる意味が通じないために、効果を表さない可能性もある。どの位効果が現れるかは、相手によって変動する。
  }

 t: <ハニーキッチンで付与される特殊>に影響を与える素材 = {
 栄養学・生理学的見地からの影響をあたえる素材である。
 側面:これらは全て<t:ハニーキッチンの食材>を材料としている。

 #危ない幻覚物質、魔法的な素材の混入を防止するため

t:ハニーキッチンで付与される特殊の系統 = {
  <料理品>に付与できる特殊は、大体4系統に分かれ、それぞれの系統で、主に<作成される料理の特殊>のどの理由によって発動するかが違う。
  4系統の分類は、健康増進系・食糧消費代換・子宝系・感情操作系。複数に跨るものもある。

 t:健康増進系の特殊 = {

  t:健康増進系の特殊の定義 = 食べ物を口にすることで体調が良くなるなど、身体的な健康を増進させるもの。

  t:健康増進系に属する特殊 = { 
    この食べ物を口にすると少しだけ体調がよくなる
    この食べ物を口にするとその日はよく眠れる
    この食べ物を口にすると少しだけ元気になる
    この食べ物を口にすると少しだけ病の直りがよくなる
    この食べ物を口にすると少しだけ疲れが取れる
   }

  t:健康増進系の特殊の事由 = {
   側面:栄養学・生理学的見地からの影響により、ローヤルゼリーなどの健康補助食品、天然素材を利用した粉末サプリメントなど滋養に良い材料を使う
   }
  }

 t:子宝系の特殊 = {

  t:子宝系の特殊の定義 = 食べ物を口にすることで子宝に恵まれやすくなるもの

  t:子宝系に属する特殊 = { 
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少し子宝に恵まれやすくなる(3%)
   }

  t:子宝系の特殊の事由 = { 
   側面:栄養学・生理学的見地から、亜鉛・イソフラボンなど生殖機能を活性化させる栄養素を多く含むナッツ類などの材料を使う。
   側面:料理を作る人と食べる人の子宝に対するスタンスに影響される。
   側面:料理を作る人と食べる人の子宝に対する共感関係による。
   }
  }

 t:食糧消費代換 = {

  t:食糧消費代換系の特殊の定義 = 消費することで生活ゲームの際の食糧消費に換える事ができるもの

  t:食糧消費代換系に属する特殊 = このアイテムは生活ゲームの食費代わりに使用できる。

  t:食料消費代換系の特殊の事由 = {
  側面:お弁当の形をとる食品であり、アイテムとして既存する<お弁当>が存在することから、生活ゲームの食糧消費として利用できる。
   }
  }

 t:感情操作系 = {

  t:感情操作系の特殊定義 = 食べ物を口にすることで食べた人の感情に若干の影響を与えるもの

  t:感情操作系に属する特殊 = {
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ心が癒される  
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ恋に生きたくなる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ機嫌がよくなる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、他の食事より美味しく感じることができる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ料理を作った人の気持ちが素直に伝わる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ饒舌になる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ素直になれる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ人生に希望を持てるようになる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、少しだけ自分を大切にするようになる
   この食べ物を作った人と一緒に食べると、口にすると結婚を少し意識するようになる
   }

  t:感情操作系の特殊の事由の事由 = {
   側面:栄養学・生理学的見地からの影響により、効果に適した味付け、香り付けなどを行う。
   側面:料理にまつわる歴史的背景を効果の演出とする。
   側面:作る人と食べる人の関係により、特殊の効果が発揮されやすくなる場合とそうでない場合がある。
   側面:一緒に食べることにより、作った人がこめた感情が相手に伝わりやすくなる
   側面:食べるシチュエーションによって、特殊の効果が発揮されやすくなる場合とそうでない場合がある。
   }
  }
 }