※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

剣心組


K市郊外の山間部にある剣道道場。
道場主は御剣 武瑠であり、御剣家は江戸時代の頃からのK市周辺の実力者である。
剣心組は江戸時代中期の頃に対魔性組織として編成された経緯がある。
現在表向きは剣道を教える道場だが、裏では神剣を主に使っての対魔性組織である。

現在の構成は1番隊から6番隊まであり、一つの隊に最小で3人で構成されている。

また霊具をまだ授与されておらぬ者は基本「見習組」として計算される。現在「見習組」には十数名の構成員が居る事になる。

関係者

館長

見届役

隊長

    天刻 央真
    宮蔵 本子
    氷塚 壱語
|