※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アサンブラージュ


通称:狂気の芸術家 性別:女性 年齢:200歳以上 血脈:不明

属性:夜族、霊具、??

台詞:

「この世界で最も人間を殺す存在は人間ですよ。わたし達が殺す必要などありません」優しげな笑みを浮かべ
「何て可哀想なんでしょう。そんな嘘を信じ込んで、全てを捨てて復讐に走り、自分には先がないと、せめて何か世界に残したいと悪を滅ぼす、ああ、ああ、何て可哀想な子」事切れた屍の口が独りでに語り出す

解説:

  • 200年ほど前から世界各地に出没する魔人。アサンブラージュは本名ではなく、その性質から付けられた異名。
  • 黒月夜会では紫雲派に属する夜族。美しい銀髪に黄金の妖眼を持つ10歳前後の黒いドレス姿の少女。

  • 既製品(人間、魔性、夜族、霊具等何でも)や廃品(死体や失敗作の霊具、実験体等)を寄せ集めて、美術品と称する魔(魔具、魔性、魔人)を作り上げる、自称芸術家。
  • 自らが作り上げた魔具と呼ばれる呪われた品を、願いを持つ人間の元に契約と称し与え、自滅へと導く。
  • 最終的にはその魂を堕落させ、犠牲者を魔性へと堕す。その中には魔人へ至る者もある為、魔人制作者と呼ばれる事もある。
  • 現在、どちらが先にK市を手中に収めるというゲームを魔人シラハに持ちかけているが、それすら暇つぶしである可能性が高い。

  • 自身が敵と相対する事は皆無。護衛に白銀の騎士(魔人?)を側に控えさせているが、自衛の為に戦いを挑ませる事は殆どなく、戦闘になればさっさと離脱する。
  • 独自の美学に従って活動し、その行動は一般人には一貫性、合理性に欠けるように映る。

  • 活動拠点がヨーロッパであるため、法王庁が特に警戒している魔人だが、反面日本に置いては全く知名度が無く知られていない