平野綾 wiki まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平野アンチ=童貞ロリコンキモヲタ  ~現代用語の基礎知識より~

http://blog.goo.ne.jp/aamazon01/ ここにいけばおおよそのロリコンキモヲタが粘着アンチに変貌していくさまを確認できる

ウィキペディアでも一時期、偏執的な粘着アンチが記事改ざんに必死になっていたが叩き出され、アンサイクロペディアでアンチ記事を作ったらしい(笑)
信者の諸君は是非アンサイクロペディアの平野綾に関するページの削除ないしは訂正を! wikiと異なりユーモア(笑)と称し、アンチ共が野放しになっている

==アンサイクロペディアの概要==
アンサイクロペディア・・・それは2ちゃんねると同様、世の中の最下層で蠢いているキモオタ共の巣窟。実社会から無視され、
ウィキペディアのような公共的サイトからも叩きだされたこのサイトの構成員はほぼすべて2ちゃんねらの
ニート及びひきこもり共である 

'''平野 綾'''(ひらの あや 1987年10月8日 - )は日本の美形声優(対して釘宮・小林などは個性派顔優と称されている)・マルチタレント。涼宮ハルヒ役やらき☆すた泉こなた役が代表作なこともあって、男女問わず絶大な人気を誇る。一方、一部の童貞キモオタク共からは粘着アンチされている このページを見ればいかに平野アンチが性根の腐ったキモヲタかということが如実に理解できる仕様となっている
稀に創作物と現実の区別のつかない、アニメキャラと生身の声優を混同した一部のキモヲタが「こなたと薫では胸に関して言ってることが矛盾してる」ともはや突っ込むのも馬鹿馬鹿しくなるアホらしい非難をしていることもある。

平野アンチは叩かれやすいようであちこちの晒しサイトや掲示板で粘着アンチが晒されたり叩かれたりしている
※ちなみに2ちゃんねるやアンサイクロペディア等の、ユーモアと低俗な中傷の区別もつかない糞記事を投稿しているアンチが晒しサイトで実名で晒されていたるのは公然の秘密

2ちゃんねるに沸いてる二次元でしか勃起できないキモヲタの中には平野綾のアンチが多いらしい(笑) 奴らにとっては2ちゃんねる=世間らしい(爆笑) アンサイクロペディア自体がウィキペディアのパチもんなので厨房どもの仲間内のオナニーサイト、という程度の浸透度しかネット上でも認知されていない
※このページ元々の製作者はキモヲタ独特の幼稚で低次元の難クセをユーモアと履き違え、皆に失笑されてる愉快なキモヲタちゃんである
ちなみにアンサイクロペディア内の平野綾に関する元々の記述は解析の後、所属事務所及びファンサイト管理・親衛隊諸氏に通報済み


平野綾はアニメ業界だけでなく一般的にもある程度の知名度がある声優界では珍しいアイドル声優。一般のアニメファンや非声優オタから絶大な人気を誇る一方、2chに生息してる一部のキモヲタどもからは粘着アンチされている

小学生の頃から児童劇団で女優・(子役)として、CMやテレビドラマに顔出し出演したり声優活動もしていた。一般的な知名度が広まったのは2006年4月。

アニメ涼宮ハルヒの憂鬱」の涼宮ハルヒ役で大ブレイク。声優にしては珍しく、一般社会の間でもある程度(アイドルとして)認知されている。その認知度は、大衆向けの週刊誌によく『'''涼宮ハルヒ 平野綾 グラビア'''』なんて見出しで載ってたりするほど。上記のキモヲタにしか知名度が無い水樹奈々や堀江・田村らとはそこが違うといえる。

当初(ブレイク前)は、かつて田村ゆかり堀江由衣がデビュー時にしていたようなロリコンキモヲタ受けする容姿をしていたが、当初(ブレイク前)は、かつて田村ゆかり堀江由衣がデビュー時にしていたようなロリコンキモヲタ受けする容姿をしていたが、秋葉原オタク受け路線は廃止し現在は渋谷最先端ギャル風ファッション。このあたりから黒髪に異常に固執する一部の秋葉系キモヲタが粘着アンチとなるようになった。彼女に対するアンチコメを書き込んでる連中はまず間違いなくそういった人種である。

アニスパ第184回放送では彼女がゲストだった午後10時代の聴取率が驚異の100%を達成。改めて彼女の人気の高さと「数字の取れる女優・平野綾」を世間に印象付けた
その影響力の大きさゆえか、某巨大掲示板声優板あたりでは「平野の番組聞いてるアンチってドMか真性阿呆じゃね?」という語句が流行した

最近、日本放送協会|NHK総合で放送中の、NHKの番組の中でも比較的人気なバラエティ番組「解体新ショー」にナレーションとして起用された。若手の声優としては異例で彼女の実力の高さが認められた証ともいえる。客席にこっそり混じっていたことも。粘着アンチが2ちゃんねるで必死にアンチスレ乱発してた滑稽な現象も見られた


==声優・歌手としての力量==
第二回声優アワード主演女優賞受賞 同歌唱賞受賞 実力的には若手No.1である

キモヲタの多くがハルヒかこなた系の演技しか着目していないが、演技は多彩である。一役の中で七色の声を披露する事もある。声色を無数に使い分けることができるため、一度耳にしたことのある声なら、たとえ男性の声であろうと完璧に真似することができると言われている。ただ、一部のアンチからはキャラ作ってる(笑)等の的外れな難クセを受けることがある

ライブにおける歌唱にも一定の評価があり、第二回声優アワード歌唱賞も受賞している(主演女優賞と合わせ、初のダブル受賞)
性根も音感も腐ったアンチの中には難クセをつけている阿呆も稀にいるらしい(笑) 幼児向け番組のアニソンしか聞いたこと無いようなキモオタクどもが音程がどうとか口にしているわけだから笑える話だ

彼女の声でおにぃたん、おっきして]」と言われておっきしてしまうのは二次元とロリにしか反応しないキモヲタならずとも当然な反応(笑)。また、ご本人を見て更にフィーバーしちゃうのもキモヲタ以外の一般人なら当然の反応。平野アンチの二次元にしか興奮できない(笑)ロリコンキモヲタどももおっき目的で視聴してるのが笑える

自身がナレーションを務める日本放送協会|NHK総合金曜23時からの番組解体新ショーでは、彼女のナレーション目当てに番組を見る者が数多く存在する。一部の情報によると、解体新ショーの視聴率の半分は彼女が握っているとも言われている

== 人物 ==

ニックネームは「あーや」。

どの現場でも礼儀正しく好感をもたれている(鷲崎健談)

アニメ誌やアニラジといったオタク業界以外でも取り上げられる機会が多い(一般誌やテレビ等)

2007年もっとも可愛い女性声優第一位(日系エンターテイメント)

釘宮や堀江・田村といったカマトトぶった他の女性声優と異なり、外見も一般的な若い女性のファッションをオタクに媚びることなく嗜好しており、アニメオタク以外にも知名度が高い。それゆえか、黒髪に異常に固執したりしている一部の童貞ロリコンキモヲタどもから粘着アンチされている

このアンサイクロペディアをはじめ、ネット上のアンチ的内容の書き込みはごく一部のそういった粘着アンチによる犯行といわれている※委細は晒しサイト等を参照のこと

==声について==
平野は、世間的にアイドル声優と位置付けられており、アニメオタクにしか認知度が無い他の声優アイドルと違い世間一般にもある程度知名度がある。事務所もそのように売り出している。平野の粘着アンチからはキャラ作ってる等の難クセがつけられることもしばしばある。逆にキャラ作ってないアイドルなどがいたら見てみたいものである(笑)
ラジオ等では大人びた本音トーンで語ることも多い。ウィキペディアや一部公式サイト等では数人の粘着荒らしが沸いて自演炎上し、運営側の解析の結果、犯人が名指しで晒されるという香ばしい記録も残っている(笑) 人気者にはアンチもつきものということだろうか

== 平野アンチついて ==
平野アンチ=童貞ロリコンキモヲタ というのが一般的な常識となっている。上記したように、平野綾は釘宮や小林・田村・茅原といったいわゆるキモヲタ向け声優をやめた(時期的にはハルヒ後)ことで少数だが粘着質なアンチが主にネット上で沸くようになった。2ちゃんねるのアンチスレや特定サイトの自作自演の炎上騒動等はその典型例であろうか。
彼女が髪やファッションを一般的な女性化させ、またラジオやイベント等のトークでカマトトぶるのを辞めたことに反発し、そうしたアンチが発生するようになった。
平野アンチのキモヲタの特徴としては・黒髪に異常にこだわる ・ロリコンオタクどもが多い ・皮被り(笑) ・二次元と三次元の区別がついてない ・カマトト声優が大好き 等など数々挙げられている。
アンチの俗称としては単に「キモヲタ」と称する場合もあれば「嫉妬豚」という呼称もある。某所声優板などでは「平野アンチの童貞率100%」などの語句が盛んに飛び交っている。
余談だが同板では釘宮理恵はアゴビッチアゴビッチ師匠と呼ばれ皆に親しまれている


==ドラマ出演について==
平野は13歳の頃に「多重人格探偵サイコ 雨宮一彦の帰還」というWOWOWで放送されたドラマに顔出しで出演している。「ロリータ℃」という役名で、当時は13歳とは思えないほどの歌声を披露し、原作者に「この子は売れる」と言わしめた。名前通りの舌足らずな声により多くのファンを獲得したが、当時は名前が広まっていなかったため、平野綾だと知っている人は意外と少ない。

ロリータ℃等でファンになったロリコンどもが現在の平野の粘着アンチになっていることはあまりにも有名(笑)

== 作品 ==
平野の出演している作品は数多いが、当項目ではその中でも、彼女の魅力を考える上で特に重要と思われるものを挙げる。

[[涼宮ハルヒの憂鬱]][[涼宮ハルヒ]]

ヒロインにして神様・涼宮ハルヒを演じ、一躍・超絶ブレイク。このキャラは女優(笑)の涼宮ハヒルがモデルだと主張する一部のオタクも存在するらしい

Canvas2 ?虹色のスケッチ?(美咲菫)

撫子の歌姫としてその美声を披露、アニメの出来にその美声がマッチした良作。

DEATH NOTE (アニメ)|DEATH NOTE弥海砂

平野綾の美しいお姿を毎週放送していた日本テレビ系列の人気番組。オマケコーナーの平野嬢目当てで番組を見ていた視聴者も多数にのぼるという

[[らき☆すた]][[泉こなた]]

ペチャパイ&オタク娘の役でまたまた大ブレイク。平野アンチがハルヒやらき☆すたを見ている事実が発覚しファンの間では失笑を買っている

'''ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-'''(ガーネット・マクレーン)

おそらく平野が演じたキャラの中でも一番の巨乳。 ロリータ役を期待していた一部のロリコンキモヲタどもはあーやの華麗なる新境地を開拓しそうな声色に脱帽。しかし監督の好みに合わなかったのかそれも第一話においてのみの現象で、二話以降はやはりハルヒ声をベースにした演技で我々を魅了。

[[絶対可憐チルドレン]](明石薫)

見た目は絶対可憐なエスパー少女、中身はオヤジ属性。声はちょっと男の子っぽい声。具体的には、バトル中はハルヒ声で、妄想中はこなた声。

ちなみに、妄想と現実の区別のつかない、アニメキャラと生身の声優を混同した一部のキモヲタが「こなたと薫では胸に関して言ってることが矛盾してる」ともはや突っ込むのも馬鹿馬鹿しくなるアホらしい非難をしていることもある


==特記事項==

一時期、粘着アンチのカスどもが必死になって引退説を自作自演するサイトが散見されたが、本人がはっきりと否定し結局粘着アンチが世間の物笑いの種になっただけで終わった。

上記に関連し、某有名晒しサイトで数人の粘着アンチが実名で晒され話題に