蝙蝠


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

動物

の翼から生まれたモノ。

に対しては自分は獣の仲間だといい、に対しては自分は鳥の仲間だと言った。ある時、獣と鳥がおまえはいったいどっちなんだと問いただすと、蝙蝠は答えられず、悲しい顔をして飛んでいった。

死後、独りぼっちで、どっち付かずの異形だった蝙蝠を哀れんでは蝙蝠の目を消し、自分も相手も見えない夜の領域に招き入れた。

概要

翼を持ち,空を飛ぶ事から鳥の仲間かと思われがちだが,上記の様な神話から蝙蝠という種族に数えられている。 又,上記の神話から,夜の眷属ではないかと考えらている。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。