トゥアハ・デ・ダナーン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


異界神族。常春の国(妖精の国)と、それを築いた種族、ダーナ族を指す。
一時は「」とすら呼ばれたが、そんなに霊格が高い訳ではなく、妖精族といった方が正しい。
エリンというに上陸した四番目の種族。女神ダヌを母とする彼らは当時住んでいた他の種族を支配し、その勢力を拡大した。
が、直ぐに五番目に上陸したミレシア(ミレー族)、つまり現人に取って代わられた。今では力を失い、ディナ・シーという妖精となったという。

一番目に上陸したパルホーロン(パーソロン族)は疫病で滅んだ。
二番目に上陸したネミディア(ネメド族)は戦争に敗れ、島を逃げ出すか奴隷となった。
三番目にフィル・ボル族は他の種族と融和し、栄えていたがトゥアハ・デ・ダナーンに破れ、その支配下に置かれた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。