ハイドラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


神々の長姉。土神木神の間に、ヘリオスリトと共に生まれ、その中では最初に生まれた。つまり、万物守護神一一八の中で一番最初に生まれた神様。
アデノトリフォの44姉妹で動物を作り出す事」を思い付き、実行した神様である。

ゲヘナ=シェオルと同一視される。

ハイドラの生み出した神々

ゲヘナ=シェオル:生と死を司る神。

神話

生命の監督者

最初に五大祖神に生まれた子供である、ヘリオスとリトとハイドラしか未だいなかった頃、リトとハイドラの2柱して「面倒だから諸々の事はあんた(男神)が遣れ」とヘリオスに言った為に、男神たち75柱が世界の様々なものを創り司る様になった。
その後、暇で仕方なくなった(或いは、ヘリオス達が遣ってる事が面白そうに見えてきた)ハイドラは、動物を創り出す事を決め、女神たち44柱が協力して最初の動物であるドラゴンを創り上げた。ヘリオスが姉達に様々の事を押し付けられた事を持ち出して、動物も担当しようしたので、ハイドラは其の時の事を深く謝罪し、何とか許しを得て、動物達の担当の任に就いた。
そして、木神植物の担当も頂いて、女神達は生き物の担当となった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。