金田紅牙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


かねだこうが

金田銀河の娘。銀田和鬼とは因縁浅はかならぬ愛憎半ばな関係。
生まれた時に真っ赤な牙のような犬歯を持っていたため、この名がつけられたという。
ただし、成長に伴いその『牙』は通常の白い歯に生え変わっている。

大型の類人猿にも似た体躯と容姿を生まれ持っていたために、
奇異の目で見られた経験がある。

これを跳ね除けようと実力行使を行い、
そうしていわゆるガキ大将の地位についたが
自分にはない美貌を持つ金田光子に倒されてしまう。
以後、光子を超えるために紅牙が猛烈な鍛錬に励むようになる。

嫌いなものは技や武器に無意味な愛称をつけたがる者。
浮ついた格好付けは彼女の機嫌を損ねる原因になる。
同じことをしていた弟金田政成が慢心と油断のため
死を招いたことが彼女の心には深く刻まれている。

金田光子が死んでしまってから、巌のレオポルドに師事し、石や岩を表出させる魔法を得る。又、レオポルドは紅牙の目標ともなった。

少なくとも光子と同等な敵を求める紅牙の前に
を恐れないフェニックスが現れる。
金と紅の鳥に導かれるように彼女は
メジェノルトの七十二の真鍮竜の一体の存在
にたどり着く。それは金田光子を殺した模造竜だった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。