ガルモーア派


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永遠なる太陽の神官団の流れを汲むと主張する宗教団体
心臓を食べる太陽を善なるとして信仰する。
戒律や活動方針もしごくまっとうなものである。

この教団での『心臓を食べる太陽』は一般に知られている姿とは
まったく別のかたちで語られている。ガルモーア派の『太陽』は
心臓を引き抜いて食べたりはしない、徳高く慈悲深い神である。

世間で『心臓を食べる太陽』が悪魔の親玉のように語られているのは、
まさに悪魔のわざによるものと考えている。ガルモーア派では
「そのような誤解を解く」ことと伝道がセットになっている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。