いがつぢ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


心臓を食べる太陽』の弟子。

かつてはに仕えるであったが、
主を裏切り心臓を食べる太陽の配下となった。

「恫喝と怒声は雷鳴の如く、その眼差しは雷光の如し。
彼の破壊は一瞬にして届き貫くものなり。」

世界中に雷を好きに生じさせたり、操ったりする事ができる。
個人としては『心臓を食べる太陽』の弟子の中で最大最強の暴力を有する。
自分の作った刀より自分自身の方が強い。

心臓を食べる太陽とバエルが結託していた時には、バエルに雷を好きに操る事を許していた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。