永遠なる太陽の神官団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


古い歴史や伝説の中で語られる団体。『心臓を食べる太陽』に仕え、崇拝する者たち。
もとは単に太陽神を信仰する神官の集団だったが、心臓を食べる太陽とその配下どもに乗っ取られた。

心臓を食べる太陽の没後、『神官団』は分裂し金田家などの派生集団が生まれていくことになる。

全ての母体である『永遠なる太陽の神官団』が今もなお活動しているという説がある。
このような話は陰謀論のネタとしてよく使われている。

分派・派生団体・関連団体

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。