太陽団


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

永遠なる太陽の神官団の流れを組む団体
心臓を食べる太陽の復活を願い、そのためには
手段を選ばない悪の組織。活動していた期間は約60年。

創始者は ベイルー=ソーラシュ 。彼の地位は
息子 エルヘシオ=ソーラシュ 、そして孫へと受け継がれることになる。

自らを『太陽』のように不滅にすることを目指す。
違法な不老不死研究を行い、その成果を求める者と手を組んで勢力をもった。
人体実験のために拉致や人身売買にも手を染めている。
『心臓を食べる太陽』の降臨のために『玉体』を造りだそうとし、
そのため模造竜製造技術に目をつけ独自に研究していた。

『玉体』の材料として選ばれたのが模造竜アモンである。

三代目の総帥 エンリアス=ソーラシュ は完成の近づく『玉体』を
『心臓を食べる太陽』に捧げることを厭うようになり、やがて
自分の魂をそれに降ろすために独自の研究団を設けた。
組織内部に対してすら表向きにはその真の目的は明らかにされなかった。

多くの魔女とかりそめの不死者を擁し、世間様に迷惑をかけ続けた。
秘密組織として活動し、死んだり危機に陥ったりすると自爆するため、
その実態を聞き出すのは困難であったが、『黒衣の軍犬』の出現により
勢力を置く場所の把握が容易になり、末期における急速な討伐が実現された。

アモンの玉体を得たエンリアス=ソーラシュが『黒衣の軍犬』たちの前に
立ちはだかったが撃破され、エンリアスは死亡した。

結果としてメンバーのほとんどが殺害され、協力者たちも逮捕された。

逃げ延びたメンバーは太陽の妖精騎士団に吸収されている。
もちろんこれも悪の組織である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。