銀田造竜斎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀田祐(ぎんだ・たすく)の息子。

世界でも数少ない、国から認可を受けていた合法的造竜士
食用・作業用の『安全な模造竜』を研究していた。

もともとの名前は『銀田祐継』(ぎんだ・ひろつぐ)、
石蛇山麓模造竜研究所の設立に併せて改名した。

研究所は実用に耐え得る「安全な模造竜」を作り出せないままなくなってしまったが、
銀田家と敵対関係にあった金田家の陰謀とも言われる)
成果は研究員たちにより国内外に持ち出され、
多くの造竜士たちの技法と知識体系の源流となっている。

このことから銀田造竜斎は「造竜士どもの父」とも呼ばれる。

その後、彼と研究所を後ろ盾していた光架国でも模造竜の制作が
法律で禁じられることになる。

最期は3人の子供と8人の孫、2人の友人に囲まれて安らかに息を引き取った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。