心臓を食べる太陽


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ゆらぎの神話によれば別の言語からやってきた光の巨人。名前の通り心臓を食し、
太陽のようにに輝くからだを持つ。故郷では小さな太陽と呼ばれる天の使いであり、
暗雲が空を覆った時代に天上の太陽の代理人として地上に遣わされたが、
やがて照らし守るべき人々に対して生贄を要求し、力を得るために
生きたまま心臓を取り出して食べるという凶行に及ぶようになった。

その言語から削除された後、さまざまな言語を渡り歩いたらしく、
それらの世界には『心臓を食べる神』の神話と儀式が残された、らしい。

此の世界に侵入する際のの翻訳に因って、何故かにカテゴライズされている。

此の世界に於いては弟子や自らをして様々な害悪を長期に渡って撒き散らし、はかいに並ぶ強大な害悪とされている。
当然の如く万物守護神一一八に敵視され、幾度と無く争い合い、何度か封印されたりした。

関連

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。