※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

創世神。そら、くう、から、うつほ。

此の世界を生み出した様であり、此の世界そのもの。
空は其の体から五大元素を生み出し、此の世界を組み上げた。即ち、
空よりが生まれ、風よりが生まれ、
火よりが生まれ、水よりが生まれ、
土よりが生まれた。

夜空に浮かぶ星は空の目であり、空は此の世界のありとあらゆるものを見守っているとされる。

信仰

信仰しているものは沢山居るが、実は信仰に対して何の見返りも与えていない。
信仰者は、日々の営みの中であった良い出来事を、勝手に空の御陰と思い込んでいるだけである。
其れでも人々の信仰と感謝が減る事は無い。
空が此の世界を創った事を、人々は深層心理で覚えているからである。

信仰には応えないが、種族を超えた、生きとし生けるもの全ての願いには応えている。
此の世界の内側に於いてのみ、万知全能である。

エピソード

創世

此の世界を創った。最初に作ったのは風神で、後は生み出された神々の好きに任した。

vs.はかい

嘗てはかいが暴れ回った際、生きとし生けるもの全ての殆んどが、「こいつ何とかしてくれ」と願ったので、孤王狼爪に乗り移ってはかいをやっつけた。

遥かな未来、或いは遥かな過去

世界の外側から空でも太刀打ちできない脅威が襲ってきた事が在った。
空は、此の世界の内側に対してなら万能であるという性質を利用して、自身の身体でもある此の世界そのものをあぎとと化して脅威を空の体内、此の世界の内側へと送り、脅威を滅ぼそうとした。
此の目論見は成功し、此の世界は消滅を免れたが、此の世界に住んでいたものの殆んど全てが滅びた。
仕方が無いので空は復た世界を創り直した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。