模造竜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


遠い昔、生命を造りだす試みのなかで、
またはの代替品として生み出された生き物
しょせんは紛い物であり、真正の竜ではない。

竜(最初の動物としての竜)を神聖視する文化においては、
模造竜がそのまま『竜』とされることは無いが、
そもそも「最初の動物としての竜」の伝承を持たない文化の場合、
竜とはそのまま模造竜のことをさす。

この伝承が伝わっている地域でも、竜を特別扱いしていない限り
模造竜をそのまま『竜』と呼ぶ傾向が強い。模造竜の中に
伝承が語る竜の姿と共通する個体が多いという理由もあるが、
何より古き神話の時代が過ぎ去った時代、本物の竜がいない以上
あえて「模造の竜」「紛い物の竜」と区別して呼ぶ必要がないためである。

模造竜を作る事のできるものたちを造竜士と呼ぶ。
模造竜は有害生物であることが多く、新しく造ろうとすることは
ほとんど地域の法や掟で堅く禁じられている。

模造竜たち


関連

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。