満州ロミオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  1. ロミオカの本名とされる人物名。
  2. ロミオカの本名を「満州ロミオ」とする学派に属していた研究者。自らも満州ロミオを名乗る。本項にて解説。

本名:カティアーナ=カーン
年代:マリウス暦461年生まれ没年不詳(491年失踪)
出身地:マリナ・テンタータ国ケント市

人呼んで「すでに満たされていた男」。ロミオカを研究する中で
その魔性に魅入られてはいたものの、岡ロミーを名乗った女性学者とは違い、
ロミオカはすでに彼の元にあった。探す前から既に全ては満たされていた。
彼はロミオカの本名が「満州ロミオ」であることに信仰とも呼べるような
確信を抱いていており、後はそれを裏付けるべく悠々と学究の生活を送る。
その最後を除き、彼は人生を公私ともに大いに愉しんだ。

非常に整った容貌をもち、私生活では多くの男女と恋仲にあったとされる
カティアーナだが、二十代の終わりが近づくと美しさは翳り、
彼にとっては恐怖でしかない「中年」へとさしかかろうとしていた。
そしてマリウス暦491年。30歳の誕生日を目前にして、彼は姿を消した。

その後の足取りはようとしてつかめず、数多くの伝聞と伝説を生むことになる。

曰く、ヨグ=ソトースに気に入られて、「永遠の若さの保たれる世界」へ旅立ったとか。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。