交雑


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


異種族同士の間に子を儲ける事。
この行為/現象は遺伝子が魂に在ると判明してから,生物学から心霊学へと扱う分野が変えられた。

原始の竜より分かたれた頃は、元は同じだった為か、異種間交配が容易であった様だが,次第に異種属との間に子供を得難くなっていった。

異種同士のカップルは、価値観や生活様式の違いや子供の産まれ難さ等から成立し難い。

交雑の法則

より近い種族同士の方が子が産まれる可能性が高い。例えば現人猫人(←上代人のあいのこの子孫)の組み合わせより、現人と猫耳(←現人と猫のあいのこの子孫)の組み合わせの方が子供が産まれ易い。

遺伝情報が魂に刻まれているため,異種族との間の子供の産まれ難さは、気合いで超越できる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。