※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

菊地 翔太(南北海道・駒大苫小牧)投手 180/70  右/右


2年生ながら田中に継ぐ二番手投手として投げていた右腕。2年生ながら最速140キロに迫るストレートを投げ込む右腕。一度、彼をじっくりチェックしてみたいなと思い、寸評を作りたいと思った。
今回のサンプルは今夏甲子園準決勝の智弁和歌山戦。

(投球スタイル)


まず彼の持ち球は
ストレート 131キロ~139キロ
スライダー 121キロ~125キロ
縦のスライダー 110キロ~115キロ
と3球種のみで、スライダーの割合が多いことからスライダーピッチャーということが分かる。
ストレートの伸びは非常に好い選手で、香田監督曰く「球の伸びは田中将大(楽天)よりもいい。」と。
ストレートには非凡なものをもっていると投手だといっていいいだろう。
ストレートを活かし、さらに彼の武器となっているのは110キロ台の縦のスライダーである。縦のスライダーは本家の田中から教えてもらったもので、まだマスターはしていないが実戦で使える段階にあるという。彼の縦のスライダーは遅いが、よく落ちる。
これに伸びのある130キロ後半のストレートを混じらせて、打ち取っていくのが彼の長所であるだろう。ただ彼は1回もたずで降板したように、いろいろな課題がありそうだ。今回はそれを探ってみた。
まずは右打者の攻め、左打者の攻めから考察していこう。

右打者の攻め


外角から縦のスライダーから入っていく。この時はまず「カウント」を稼ぐ球として使っている。それからはストレート、スライダーで追い込んでいき、最後は「縦のスライダー」で空振り三振に打ち取っていく。
右打者には「縦のスライダー」をカウントを整える、決め球と二種類の役割があり、彼は効果的にスライダーを投げているとことが分かる。
ただ落ちるスライダーだけではなく、もう少しストレートで三振を奪えるぐらいの威力は身に付けてもらいたいものだ。

(左打者の攻め)


左打者には外角高めに速球を集めることが多いのだが、この試合では球が上吊り、右打者には威力を発揮していた「縦のスライダー」が全くコントロールできていない。
智弁和歌山の選手はそれを見逃さず、きっちりと打っていた。
左打者の攻めにまだ課題を抱えるようである。

(総括)


彼はストレートの伸び、縦のスライダーの威力には目を見張るものがある。だが、制球力に課題を抱えており、それをうまく活かせていない。縦のスライダーも110キロ台と遅い。
120キロ台まで上乗せしないと上の世界では苦しい。
将来的には110キロ台、120キロ台を投げ分けられるようになると面白い。左打者の攻めにも課題を抱えており、課題が多い投手だなと思う。

甲子園という大舞台というのもあるが、彼の弱点を一気に露呈したのが今大会だったのではないか。そのためには大舞台でも試合を作れる能力、制球力向上、縦のスライダーをさらにマスターするのが彼の成長の近道ではないか。
駒大苫小牧の浮沈にかかっているのは間違いなく彼である。一冬越えて、どこまで解消しているかだ。


(2007年2月9日千葉県民・昨年全国選手権準決勝・智弁和歌山対駒大苫小牧にて)

|