7-083 その虚ろを満たすものは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

194 名前:その虚ろを満たすものは 1/2 投稿日:2006/07/16(日) 09:17:02
「公達にも困ったものですね」
もう少しもの分かりが良いと思っていたのですが。
まあ、良いでしょう。
もし直接私に手を下せる機会があっても、あの様子ではきっと躊躇うでしょう。
その時に殺してしまっても良いし、可能ならばこちらから狙撃してもいい。

やはり、文官は危険です。

武官を血に狂わせるのは簡単だ。
だがそれなりに頭の良い連中は単純にゲームに乗ったりはしないし
ゲームの裏であるとか真意だとか、余計なことを気にし過ぎる。
仮に乗ったとしても、直接的な戦闘力はあまりない。
せめて、派手に踊ってもらわなければ。
ただでさえ、今回は乗り気でない者が多すぎるようであるのに。
何かシステムに狂いがあったのか?


危機感のない、暢気な的を二つ見つけたので狙撃の練習台にすることにした。
とくにそのうちの一人は皇帝を名乗った逆臣の血族だ。
粛正せねばなるまい。

突然の灼熱に孫策は何をする暇もなかった。
弾丸は右目を貫き、脳に達している。致命傷だった。
弾が命中した箇所も、その弾の射手も
弟のそれと同じであったがそれを知る術は彼にはない。
鉛玉が孫策の脳をかき乱し、
丁度かつての死にざまと同じように狂乱の中を彼は堕ちる。


195 名前:その虚ろを満たすものは 2/2 投稿日:2006/07/16(日) 09:21:41
「うおあぁああぅうぁああ!!!」
痛みと狂気に暴れる孫策。文醜がようやく現状を把握したのは、その頃だった。
「こんばんわ。よい月夜ですね」
暗がりの中から、荀イクは涼やかな声でそう挨拶した。
孫策の狂乱と荀イクの不気味な冷静さが奏でる不協和音。
「だ、ど、だっ…誰だ!!」
上擦った声で叫ぶ文醜。BGMは孫策の叫び。
「お、俺の武器は火を噴くんだぞ!!」
ふふ、と唇だけで荀イクは微笑む。
「どうぞ」
まるで客人に茶でも勧めるような口調だった。
「殺さなければ」
構える。
「あなたが死にますよ」
文醜が初めて知った冷たい、絶対の恐怖。
文醜は何事かを喚きながら背を向けて駆け出した。
荀イクの唇からこぼれたのは、憂いのため息。
「…使えませんね」
引き金を引く。
一発目で体勢を崩し、二発目で弾み、三発目で動かなくなった。
出来の悪い玩具のように痙攣を繰り返しながら孫策が逝ったのも、その時だった。
こんなところも気の合う二人だったようだ。

荀イクは空っぽなのだ。
あの時からずっと。
私を満たしてくれるのは、ただ陛下の御言葉だけなのだ。


【孫策、文醜 死亡確認】

@荀イク[洗脳されている?]【ガリルAR(ワイヤーカッターと栓抜きつきのアサルトライフル)】
※アイテムは放置。許昌へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。