7-065 希望は絶望の序曲


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

157 名前:希望は絶望の序曲 投稿日:2006/07/14(金) 04:02:21
銃を拾い上げた満寵は満足そうに笑い、それを懐に仕舞った。
まだ少し目が痛む。
郭嘉の血がまとわりついた刃。まだ温かい鮮血を振り払おうとして、取り落とす。
「う、ぐ…!」
胸を押さえる。頭を掻き毟る。
痛い。頭。割れる。ああ。
…があんがあんがあんがあんがあんがあん…

 ころせ…
 ころしあえ…
 ちゅうじつなるしもべ…

「がああああああっ!」
満寵は激しくもがき、痙攣する。
何かを掴もうとする。だが何も掴めはしない。

彼はただ、待っている。
『…公明…』
幼い頃からの友。彼が、きっと来ると。
『…公明…来てくれ、
 ……公明……!』

彼はまだ知らない。徐晃がすでに散ったことを。それは、

かなしきことか、
さいわい か。


@満寵[洗脳されている?]【刺身包丁、S&W M60 チーフスペシャル 弾は4発】
※正気と狂気の間で徐晃を待っています。
※通りかかった人間にはすべて襲いかかります。現在地は陳留。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。