7-034


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

78 名前:国 投稿日:2006/07/10(月) 17:06:17
「たれか、俺の傷を治しておくれよ……」
苦しそうな声につられ、貂蝉は辺りを見回した。
(声はすれども、姿は見えず……まるで、屁のようなお方ですねえ)
彼女が不思議がっていると、藪の中から一本の手がスーッ。
「ここだ! 怪我人はここにいる!」
貂蝉は、声の主へと呼びかけた。
「どなたですかあ? 一体、どこのどなたですかあ?」
「その前に、ここへ隠れてくれないか? 一人歩きは危険だからな」
指示されるまま、彼女は藪へ入り込む。
そこにいたのは、文官風の男であった。つけている首輪は、自分の
しているものと同じ――明らかにバトロワ参加者である。
「俺は、さっきの戦いで、左の腕を怪我してしまった。お嬢さん、傷薬は
ないか?」
「救急セットでしたら、持ち合わせておりますよ」
貂蝉は、かの男の左腕を取ってみた。
「何か、異物が入り込んだようですが……」
「鉄砲玉というらしい。それらを除去してくれないか?」
「かしこまりました」
彼女は救急箱を開け、まず銀色のメスを執る。そして左腕を切開し、
弾丸を皆摘出し、その傷口を石炭酸で洗い、ヨードフォルムを振りかけた。


79 名前:国 投稿日:2006/07/10(月) 17:07:10
「後は、この傷をふさぐだけです」
貂蝉は包帯を取り、傷口を圧迫するように、くるくるくるっと巻きつける。
これらの手術の間、かの男は、あまり痛みを感じなかった。
(じ、実に麗しいお方……み、見ているだけで癒されてしまう……)
彼は、貂蝉へ礼を述べた。
「ありがとうございます。それにしても、あなたは一体どちらさまで?」
「申し遅れました。私、王子師の娘で貂蝉と申します」
「何と! 王司徒のお嬢さんでしたか」
ここにおいて、かの男は漸く自己紹介を行う。
「私は河内の人で、姓を司馬、名を孚、字を叔達と申します」
「司馬叔達、と申されますと……もしや、仲達殿の弟さんで?」
「いかにも」
「なるほど、そういうお方でしたか……狙われるのももっともですねえ」
司馬孚は、重大な問いを忘れていた。彼女の美貌に気を取られ、すっかり
高揚していたのである。
「ところで、さっきの妙なる調べ……あなたが奏でていたのですか?」
「はい。この小箱に入ってございます」
 貂蝉は、懐からオルゴールを取り出し、件の曲を再び聴かせた。
(ああ、何度聴いても癒される……)
 司馬孚は、耳を澄まして聴き入った。心なしか、体の痛みと疲れとが、徐々に
抜けていく感じがする。


80 名前:国 投稿日:2006/07/10(月) 17:07:49
「叔達殿、少しは楽になられましたか?」
 彼は、貂蝉の問いに答えて言った。
「はい、幾らか楽になりました。できることなら、ずっとこのまま、一緒にいたい
ぐらいです」
(まあ、何て白々しい台詞……)
 半ば呆れながらも、貂蝉は、この貴公子を看護し続ける決意を固めた。
「かしこまりました。それでは、民家へ避難しましょう」
「貂蝉さん! 私、休まなくても平気ですけど……」
「いいえ、やせ我慢はよくありません。声を聴いても姿を見ても、疲労の
色が感じられます」
 そして、くるっと向こうを向き、片手で自分の背中を指す。
「さあ、この上へお乗り下さい」
「貂蝉さん! 女の身ではつらいでしょう。私、代わりに負ぶいますから」
 結局、司馬孚が彼女を背負い、民家を捜すこととなった。

≪しばてん/2名≫
貂蝉【オルゴール・救急箱】&司馬孚[左腕銃創・疲労・腰痛]【吹き矢(矢10本)】
※民家を捜して移動中。貂蝉を背負っているため、動きが鈍くなっています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。