7-001


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/05(水) 22:38:01





しかしそれまでは、俺達は走り続けなければならない。
――そのように生まれついたようだ。








5 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/05(水) 22:38:49
曹操は、薄ぼんやりとした寝覚めの中に違和感を感じていた。
何か、空気が違うのだ。許昌の邸宅でもなければ陣中の幕舎でもない、ましてや幼少を時期を過ごした生家でもない。
知っているようで、まるで知らないこの場所は──?


劉備が目覚めたのは、いつか参じたことのある洛陽の宮廷だった。
……だが、記憶にある場所とは何かが違う。虚ろで、そして肌に焼き付くほどの禍々しい空気が充満しているのだ。
そして百人ほどの武将達が、この空間にひしめき合っている。


孫策は首にまとわりつくような感覚に、思わず舌打ちした。
見れば、周りの連中にも銀色の首輪が付けられている。一体これは何なのか?
なぜかはわからないが、彼にはこの首輪がひどく不吉な物に感じられるのだった。



6 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/05(水) 22:40:12
眠っていた武将が次々と目覚め始めると、あちこちで諍いが始まった。
何せ敵味方全て一緒くたにしているのだ。各々が状況を理解できないこともあって、各所で怒号も飛び始めた時だった。

「皆、静まれ!! 陛下の開会宣言が始まるぞ!!」
いつの間に出てきたのか、妙な金属製の武器を構えた兵士達が玉座の周りに集っている。そして。
「はっはっは、皆元気で良いではないか。朕は嬉しいよ」
諸将を睥睨するように、ゆっくりと現れる人影。
皇帝の正装に身を固め、現れたのは後漢最後の皇帝、献帝だった。
「……!?」
献帝を知る者からは、ざわめきが漏れる。が、献帝の傍らに立つ兵士が不意に武器を構え、威嚇の発砲を行った。
「静粛にせよ! 陛下の御前であるぞ!!」
その武器──『機関銃』の轟音が響き渡り、本能的に危険を感じ取った武将達は口を閉ざした。
「そうそう、撃ち殺されたくなかったら黙っていた方が長生きできますよ」
幾多の猛将達ですら黙り込む光景を見て、献帝は満足そうに頷き、玉座に座った。
「さて……今日、諸君に集まってもらったのは他でもありません」
射るような殺気に満ちた視線を飛ばしてくる呂布を見て、献帝の口の端がさらにつり上がる。そして。

「この国はすっすりダメになってしまいました。そこで今日は皆さんに、ちょっと殺し合いをしてもらいます」

ざわ……と武将達の周りの空気が揺らぐ。そしてその波は大きくなり、やがて「ふざけるな」だの「何を言う!」等といった声が出始める。その中で一際、大きな声があった。
「陛下、なぜこんな事をなさるのです!」
気骨の老臣、司徒王允。董卓暗殺を謀った漢の忠臣である。



7 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/05(水) 22:40:56
「王允か。何か朕に言いたいことがあるみたいだね。いいよ、言ってごらん」
献帝は顔色一つ変えずに、王允に向かって冷笑を浴びせる。
「このような事をして何になります! いくら陛下といえども、意味もなく殺し合いをしろなどと、私は従えませんぞ!」
主君に向かって堂々と諫言を行う王允。護衛兵が彼に向けて銃を構えるが、献帝はそれを止めさせた。
「そうか、君なら正直に従ってくれると思ったんだけどね。仕方ない」
貼り付けたような笑みのままで、献帝が指を鳴らす。すると。

ピピピピピピピピピ……

「な、なんじゃ、儂のこの首輪が鳴っておる?」
王允の首輪から甲高い機械音が響き始め、やがてそれが大きくなっていく。
「ああ、周りの人は一応離れておいた方がいいですよ、危ないから」
献帝の声を聞き、周囲の武将が一斉に王允から飛び退る。
そして献帝が合図を送ると……。
「陛下、何をなさ……!!!!」
ボン、と嫌な音を鳴らして爆発が起き、まるでこの奇妙なゲームの開会を告げるように、王允の首が高々と宙を舞う。
そして間抜けな音を立てて、その首が地に落ちる。

ざわめきが、今度こそ完全に止まった。



8 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/05(水) 22:41:35
「おっと、ついつい殺ってしまいました。主催者が手を下すのは本来ルール違反なんですが……まあ、順序が省けましたね」

──この首輪は主催者の意志一つで爆破できます。余計なことはしない方がいいでしょう。

その言葉で武将達から反抗の意志が薄れたのを見て、献帝は玉座から立ち上がりさらに続ける。
「この殺し合いには、特別扱いも忠も義も情も信もない。ただ殺し合いだけがルールなのです。最後の一人になるまでね」
天を仰いでから、さらに続きを低く言う。
「君達は良い臣下ではありませんでした。むしろ悪い臣下でした。この意味がわかりますか、名軍師の郭嘉君?」
名指しで一人の将を指名する献帝。郭嘉と呼ばれた男が、億劫そうに答える。
「漢をダメにしたのは俺らのせいでもあるってことだろう?」
不作法な言葉遣い、やる気のなさそうな面構えのまま、郭嘉がそう言って献帝を睨む。
「そうです。君達が愚かだから漢はダメになったのです。だから殺し合いなんですよ?」
「最後の一人まで殺し合って……生き残った優秀な将には首輪を外してあげて、この世の全てを与えましょう。だから頑張って殺し合ってくださいね」
私からは以上ですと言って、献帝は玉座に座り直す。

やがて幹部らしき男が出てきて、ルールの詳細を説明し始めた。



9 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/05(水) 22:43:19
「さあ、それでは順番に一人ずつここ洛陽を出て行ってもらいましょうか。先ほど説明があったとおり、それぞれ違った道具の入った鞄を支給しますからね。
……皆さんが扱ったことのない銃器でも、おぼろげに使用のための記憶があるでしょう? どんどん殺し合って、朕ともう一度会いましょうね」

献帝が手を振るが、誰も答えようとする者はいなかった。
一人一人が順番に名前を呼ばれ、鞄を支給される。
「あ、そうそう。皆が出終わった時点でここ洛陽は禁止区域になります。居残って王允みたいにならないように気をつけてくださいね? はい、では一人目からどうぞ」

一人二人と武将が出て行くのを見て、三国無双と謳われた呂布は忌々しげに……しかしどこか嬉しそうな目で戦いの始まりを待つのだった。



【王允 死亡確認】

【曹操、劉備、孫策、郭嘉、呂布 生存確認】



【ゲーム開始です】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。