7-149


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

406 名前:1/3 投稿日:2006/07/28(金) 00:13:32
三人対一人の戦いは終結を迎えようとしていた。
孫堅は右腰と左腕が血まみれになっていたし、華雄は服がズタズタになり、全身切り傷だらけで朱に染まった姿になっていた。
黄忠は辛うじて致命傷を避けてはいたが、疲労は極地に達していた。もう一撃受ければ両断されかねない。
そして項羽は、つい先ほど華雄の決死の攻撃に左肘から先を切り落とされていた。
「……見事だ。借り物の身体とはいえこの項羽をここまで痛めつけるとは」
言って、片手で剣を構え、踏み出す。
「最期は一騎打ちにて決したい。渾身の一撃同士での決着を望む」
「よし……いいだろう、俺が受ける」
出ようとした華雄を止めて、孫堅が七星の剣を構える。

五歩の間を取り、対峙する。
「名を聞こう」
「孫堅文台、孫武の子孫なり」
「なるほど。我が相手に相応しい。身体の方も喜んでいるようだ。この項羽、全身全霊の一撃を放つことを約束しよう!」
気迫と気迫がぶつかり合う。遠くにいた野鳥の群れさえ、恐れをなして逃げて行った。

じりじりと接近する二人。おそらく対決は一瞬で終わるだろう。
華雄と黄忠は構えを崩さない。もし孫堅が斃れれば、次は自分達が戦うのだ。
孫堅と項羽、両雄わずかに笑みを浮かべた後──


魂をかけた渾身の剣閃が二つ、煌いた。




407 名前:2/3 投稿日:2006/07/28(金) 00:15:19
「が……ふっ」
「ぐおっ……見事だ」
孫堅の七星剣は、流星となって確かに相手の身体に降り注いでいた。肩口から腹までばっさりと切り裂いている。
だが項羽の剣も、深々と孫堅の腹を貫き、臓腑を完膚なきまでに破壊していた。
両者がゆっくりと崩れ落ち……ない。項羽はそのまま剣を横に薙ぐと、臓腑を撒き散らしながら黄忠へと突撃する。
黄忠は巧みに斬撃を受け流していたが、身体ごとの突進にそのまま十数歩押され、切り立った崖のような場所から共に堕ちていった。

「文台!!!」
慌てて華雄が孫堅の下に駆け寄る。
「……よぉ。済まんな、例の約束は果たせそうに無い。無敵の将相手に……不覚にも、戦いを、楽しんじまった」
「大丈夫だ、奴は黄忠が討ち取った! すぐに手当てすれば……」
華雄が必死に呼びかけるも、既に孫堅の命はほとんど流れ出してしまっていた。
「へっ、本当に嘘の下手な馬鹿野郎だ……。それに、俺の……傷は腸を切り裂いて……腎まで、届いてる。助からん」
「しっかりしろ、文台!」
孫堅はまた、この男らしい涼やかな笑みを浮かべる。
「……なあ。また会ったらよ」
「文台……?」
「後の事なんか……考えないで……素直に……殺り合うのも……良……」

常に共にあった七星の剣が、連れ添うように砕けた。見れば、相手の剣も尖端が砕けて破片が転がっていた。
「馬鹿野郎……また裏切りやがって……」
だが何故だろう。これが別れにも思えない。
華雄は男泣きをし、自分の無力さに打ち震えた。
せめてもの救いは、孫堅が実に楽しそうに逝ったことだろう。



408 名前:3/3 投稿日:2006/07/28(金) 00:16:58
空中で剣を交える二人。
「おおおお!!!!」
「ちいっ!」
あるいは閻行に戻ったのか、先程の項羽とは剣閃が違う。
「じゃが……強いとはいえ、所詮手負いの剣よ!!」
身体を潜らせて横薙ぎを回避すると、身体を引き寄せて左胸に刃を当てる。
そのまま馬乗りになって地面に激突した。

「……あたた。腰が痛いわい」
崖の上を見て、黄忠は呟く。相手の剣はとうに折れていた。
「そろそろ、いいかの」
義理は果たした。
これを契機に黄忠は独りの道を選ぼう。そう決めて老将は荊州に向けて歩いて行った。



ちなみに、黄忠達から離れた場所で。
「すげえあの爺さん……落ちながら戦ってる……!」
いまだうろうろしている陳到の姿もあったりした。

【孫堅 項羽(閻行) 死亡確認】

@華雄[全身切り傷]【吹毛剣】
※孫堅を手厚く埋葬中。

@黄忠[軽傷、疲労]【サバイバルナイフ】
※単独行動を選択。荊州へ。

@陳到【ガン鬼の銃(陰陽弾×50)】
※黄忠の近くにいます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。