7-229 それぞれの邂逅


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

374 名前:それぞれの邂逅 1/5 投稿日:2006/10/04(水) 01:31:00
「………」
日が暮れてきた頃、腹が減ったと張飛が騒ぎ始めた。
仕方なく劉禅達一行は、食料を探すために一次解散した。
「…………」
劉禅は火を起こすための木を集め、
「…………」
魯粛は熟れた枇杷を抱えて戻り、
「……子龍」
「……はい」
趙雲が抱えて来た物は…
「お前は獣を狩って来るといったな?」
「………はい」
「…その腕にあるのが獲物か?」
「え、えーと」
「…そんなのどこで拾ってきたんですか…」
「いや、その」
趙雲が抱えて来た物は、子供だった。



375 名前:それぞれの邂逅 2/5 投稿日:2006/10/04(水) 01:33:19
「だって、だってほっとけないじゃないですか!」
趙雲は、壊れ物を扱うようそっと子供を抱えていた。
「こんな擦り傷だらけで、服もボロボロでどろどろで…。
いたいけなこの子が今までどんな過酷な目にあったのかと思うと…!」
感極まったか、糸のような目の端に涙が浮かぶ。
「ああ、もう良いもう良い。わかったわかった」
劉禅はうんざりした顔で、子供に壊れた光学迷彩スーツをかけてやる。
長坂で自分を救ったのは、父への忠誠心からだとばかり思っていたが、単なる子供好きであったのか…。
心で嘆息する。折角忠実な部下だと思っていたのに。
「しかし、大人しい子供ですな」
魯粛が抱かれたままの子供の頭を撫でる。
手を近づけた時に一瞬怯えた目を見せたが、声をあげることは無かった。
「ああ、それなんですが…どうもこの子、声が出せないようで」
「唖か?」
「この歳でそうだと、耳が聞えないのかもしれませんね」
魯粛が子供に歳を尋ねると、子供はおずおずと右手の指を4つ立てた。
「ふむ、耳は大丈夫か…。もしかして、一時的に声が出せなくなってしまったのでは」
「一時的に?」
「精神的に耐え切れないほど辛いことや悲しいことがあると、こういった異常が起こることがあります」
「ああ…そういえば…」
戦場から戻った兵士達の中に、時折こういった症状が見られた。
酷い者になると、そのまま精神を病んでしまう。
生き延びて戻った部下を喜ぶ反面、それほど耐え切れぬ思いをしたのかと哀れに思ったものだ。
大の大人ですらそのようなことがあるのだから、この危険な遊戯の中で子供が受けた仕打ちを想像すれば、なんら不思議は無い。



376 名前:それぞれの邂逅 3/5 投稿日:2006/10/04(水) 01:34:31
誰に襲われたのか、誰を殺されたのか。
子供がひとり残ってしまうという状況を思うと、胸が詰まる。
「それに、唖であった武将も文官も、聞いたことがありません」
「なるほど」
魯粛が渡した枇杷を子供が齧る様子は、微笑ましくも痛ましかった。
「おや子龍、その刀はどうしたのだ?」
劉禅が声をかける。趙雲は狩りの為に魯粛から圧切長谷部を借りていた。
だが今は腰にもう1本、見知らぬ剣を差している。
「ああ、この子が持っていたんですよ」
「ほう、武器が増えるのは良いことですね」
魯粛が再び子供の頭を撫でる。
「この子にお礼を言わなければ…でも、名前もわからないんですよね」
残念そうに趙雲が言うと、子供は趙雲の腕に指を這わせ始めた。
「ん…?なんだい?」
「おや、これは」
何度も指を動かす様子を見て、何かに気付いた魯粛が驚く。
「…これは…幹、かな?君の名前かい?」
子供は、ぎこちなく微笑んで頷いた。
「この歳で字を書けるとは…よほど育ちの良い子供では…」
「うわあ…どこの子だろう…」
趙雲はそう言うと、一層大事そうに子供を抱えなおした。



377 名前:それぞれの邂逅 4/5 投稿日:2006/10/04(水) 01:38:16
子供に構う2人を見ながら、劉禅は苛立ちを覚えていた。
全く、唖の子供など放っておけばよいのに。ただのお荷物ではないか!
そもそも戦力のはずの趙雲があの子供に構うようでは、何かあったときに安心できない。
なんとか"片付けて"しまわないと。どうせ声が出ないんだ、難しいことではない。
ああ、なんて面倒が増えてしまったんだ。
今度はあからさまに嘆息する。
曹幹は何かを感じたのか、そんな劉禅の様子をじっと見ていた。
「…ところで張飛殿はどこまで行かれたのでしょう」
「そういえば、遅いですね…」


「…なんでお前がそれを持ってんだ」
「さて、どうしてだろうな」
張飛は見つけた猪を追って、集合場所からかなり離れた場所まで来てしまっていた。
しかし、猪を追う途中で感じた恐ろしい殺気。
咄嗟に振り向くと、そこに居たのは呂布。そしてその手にあったのは…青龍偃月刀。
「まさか、お前…雲長兄ぃを…?」
「ふん、だったらどうする?」
青龍偃月刀が夕日に煌く。
「てめえ、許さねえ…!」
張飛が鉈を構える。
「驢馬、手を出すなよ。やっと見つけた獲物だ」
「…はい」
諸葛瑾は悲痛な表情で2人を見つめていた。



378 名前:それぞれの邂逅 5/5 修正 投稿日:2006/10/04(水) 01:38:57
<<皇帝とナース+子供と外交才能零/4名>>
劉禅【バナナ半分、モーニングスター、オルゴール、吹き矢(矢9本)、救急箱、閃光弾×2】
趙雲【ナース服、化粧品 吹毛剣】
魯粛【圧切長谷部】
曹幹【光学迷彩スーツ(故障中)】

@張飛【鉈、桃三個】

<<カミキリムシとオナモミ/2名>>
呂布【関羽の青龍偃月刀、ドラグノフ・スナイパーライフル】
諸葛瑾【なし】

※現在冀州南部。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。