7-227 窓


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

360 名前:窓 1/7 投稿日:2006/09/28(木) 22:57:22


あなたが誰を憎もうと憎まんと、私には関係ありません。
あなたがその書を信用しようとしまいと、私には関係ありません。
あなたが首枷を外さんとしようとしまいと、私には関係ありません。

私があなたに差し上げられる言葉は唯、その鍵の名前だけです。
小さくて、黒くて、甘い。その鍵の。


ですから。




殺せ。





361 名前:窓 2/7 投稿日:2006/09/28(木) 22:57:55
探求者は去った。
どの程度言葉を交わしていただろう。もう日輪が天高く昇っている。
荀彧は目元まで流れてきた赤い水を拭った。
ゆっくりと身体を下ろし、座り込む。
体中に、理解できぬ感情が迸った。

「・・・!」

既に絶命しているはずの禰衡の身体が跳ねた。


自律した将は、厄介だ。流石韓信に例えられるだけはあるという事か――どうやら危なかった。
禰衡の身体に深々と刺さった刺身包丁を抜き取り、また叩きつける。
死体から目玉が飛び落ちた。
昂っている。―――ああ。自分らしくも無く。
こんなに昂ったのは久しぶりだ。エン州で呂布の猛攻を防いだ時以来だろうか。
―――いや。
ほんの少し前にあったはずだ。
そう。ほんの、四日ほど前くらいに。



362 名前:窓 3/7 投稿日:2006/09/28(木) 22:58:32
全身が浮遊しているような気がした。
暗闇が空間を包み込んでいる。窓から差し込む光が、何だか青白い。
身体は、水に浮かんでいるときのように弛緩し、指の先すら動かなかった。
起抜けの脳髄もぼんやりと。ただ、瞳だけが暗闇を遊泳していた。
(―――ここ、は・・・・・・。)
自宅ではなかった。かといって、魏の司空府でもなければ、宮廷でもないようだ。
少なくとも、荀彧の訪れたことの無い場所であるらしい。
隔てや柱の意匠が、とても珍しかった。
荀彧の瞳は、隔てや柱から天井へ、そして光の差し込む窓へと移動する。
が、青白い光を放つその窓は、窓のようであって窓ではないようだった。
ちかちかと点滅する四角は、外の景色を写しては居ない。
その代わりに、荀彧の見たことの無い文字だか記号だかが窓の下から上に、
絶え間なく流れていっていた。
目まぐるしく流れていく文字の激流。理解は出来ないが、何故か好奇心を煽られ、
そのまましばらくの間、画数の極端に少ないそれの羅列と戯れた。
(・・・―――!)
突然、耳障りな音が辺りに響いた。
窓に大きく―― 一つの単語だろうか ――五つの文字が表示された。
それは点滅を繰り返し、その意味は理解できずとも、
何か予期せぬ事態が起こったのだろうことは理解できた。
部屋の外から、慌しい足音と怒声が聞こえる。
扉が不可思議な音を立てて開いた。
外から、高価な仕立てを着た文官らしき男達が雪崩込んで来る。
彼らは、荀彧らには眼もくれず、赤い文字の表示されている一番大きな窓際で
何らかの作業を始めたようだった。
いらついた声が各所から聞こえる。何が起こっているのか、まったく理解できなかった。




363 名前:窓 4/7 投稿日:2006/09/28(木) 22:59:03
いらついた声の波が、その一瞬静寂に包まれた。
何があったのだろう。各所から発される視線を辿る。
その先の扉が、ゆっくりと開いた。
(――――――!!!!!)
光が大きく内部へと差し込み、眩さの中に人影を作る。
人影はやがて光を殺し、その人自体が光を放った。その人そのものが!
そう、その人は光り輝いていたのだ。その血が、輝きを創るのかもしれない。
荀彧の脳髄が、全身が、驚愕と興奮に包まれた。
ああ、あの方は、あの方は!!
動かぬ手足が臣下の礼をとろうともがく。
その人は、ゆったりとした足取りで大窓の方へと近づくと、畏まる文官らに
何やら指示を与えた。
そのそれだけの行動のどれほど高貴なことか!眼が、喉が興奮に乾いた。
(皇帝陛下!)
荀彧の心が大声で叫ぶ。
それはもう、声が出たならば脳の血管が切れるかの如く大きな声で。
何で陛下が此処に居るのか。何故自分が、周りに眠る将たちが此処に居るのか。
此処はいったい何処なのか、あの窓は、文字もしくは記号は何なのか。
―――何故自分は生きているのか!
全ての疑問が今は意味を持たず、ただ礼をとりたい、一瞥を頂きたいという願望が
荀彧の全てを支配した。




364 名前:窓 5/7 投稿日:2006/09/28(木) 23:00:11
―――願いは、叶った。
皇帝――劉協の目線が、地に伏せる荀彧のものと重なる。
その一瞬が、とても緩慢に、ゆっくりに思えた。
劉協の優しげな瞳が、荀彧の見開いた瞳を凝視する。
昂揚で全身の血液が沸騰するかのように感じた。
(陛下、陛下)
すぐさま足下に馳せ参じ、伏せ、非礼を侘びたいと思った。
何故、身体が動かぬのか!ああ煩わしい。
しかしかの人はその非礼を問おうともせず、逆に柔和な御顔を微笑ませ。


―――期待している。


荀令君。
唇の動きだけで紡がれた言葉は、荀彧の脳を白く爆発させるには、十分すぎた。



365 名前:窓 6/7 投稿日:2006/09/28(木) 23:00:53
室内は再び暗闇に包まれた。
先程よりもより暗い。大窓一つ残して、小さな窓たちはその光を消した。
荀彧は立ち尽くしていた。
先程まで指一本動かなかったのが嘘であるかのように、身体が軽かった。
脳髄もやたらとすっきりしており、今ならどのような難題を持ちかけられても、
即座に解決できそうだ。
大窓から眼を外した。暗闇の中、地に伏せる将たちを見渡す。
何人か―― 本当に少数だが ――目覚めているような気配がした。
その眼には動揺、もしくは混乱――荀彧は人と人の合間を縫い、彼らの元へと向かう。
(郭嘉。その智謀と、貪欲に過ぎる好奇心。)
(于禁殿。その武勇、忠節。底無き絶望。)
(張繍殿。その野望。愚直さ。)
(徐庶殿。その後悔・・・・・・。・・・・・・。・・・、・・・・・・。
一人一人、慈しむかのように説いた。
あるいはその貪欲な好奇心を刺激してやり、あるいはその絶望を宥め賺し
造り替えてやり、あるいは燻る野心を優しく撫で上げてやり、あるいは・・・・・・。
荀彧の脳には、荀彧の知らないはずの事まで浮かび上がっていた。
禁止エリア?この遊戯?何のことか、理解できない。
だが、唇は皇帝陛下への上奏を述べるが如く滑らかに動き、途切れることを知らない。
そして、曹操様。言葉は其処へ行き着いた。
曹操様。そう、あの方への復讐。なんと甘美な言葉だろうか。
安っぽいほど劇的な目的だ。皇帝陛下は、きっと喜んでくれるだろう。きっと。
嗚呼、陛下。嗚呼、嗚呼。あああ!
――陛下!!



眼を開くと、とうとう肉片になった禰衡が辺りに散らばっていた。
包丁は欠け、血糊は取れそうに無く、荀彧はうっそりと優美な溜息を吐いた。



366 名前:窓 7/7 投稿日:2006/09/28(木) 23:01:28
走る。走る。木々の間を抜け、血溜りを踏み越え、走る。
芙蓉の微笑みは、今は既に狂気の所有であった。
所作に変化は無いものの、見ていただけで方寸がざわつき、自らさえ
おぞましい悦楽に身を投じようとしてしまうが如く。
息が上がる。
森の奥深に、小さな洞穴を見つけ、隠れた。
今は心を抑えろ。さもなくば隙が出来る。危ない。
すう、はあ。すう。息を整える。
穴の最奥にたどり着くと、足が崩れた。
「―――――!!」
出そうになる悲鳴を、唇を血が出るほどかみ締めてようやく堪えた。
怖かった。恐ろしかった!
かつては癒されすらした微笑がこれほど恐怖を煽るとは。
心臓がドクドクと鼓動を速め、暫しの間腰がたたなかった。
(公達殿、すまん!)
自分には、かの人を正すことも殺すことも出来そうに無い。
せいぜい、荀彧の明かした『小さく、黒く、甘い』の正体らしき言葉を
記憶することしか出来なかった。
震える手で、書を取り出す。その最後の頁に、その言葉を書いた。
当て字で。
『ちろるちょこ』
と。

この先自分の理性が欲に勝てるのかを考えると、予期せず恐怖に身が震えた。





367 名前:窓 結果 投稿日:2006/09/28(木) 23:02:29
@荀イク[洗脳されている?、額に切り傷] 『現在地 豫州』
【ガリルAR(ワイヤーカッターと栓抜きつきのアサルトライフル)、刺身包丁】
※劉備、曹操、孫権を中心に、無差別に殺戮を望んでいます。
※また、ゲームに乗らない者を狙います。
 積極的にゲームに参加している者は殺しません。
 殺意はありますが冷静です。
※取りあえずは呉に向かうようです。


@張コウ[顔面負傷、全身軽傷]【斬鉄剣(腰伸び)、デリンジャー、首輪解体新書?、DEATH NOTE】
『現在地 司隷・東』
※きっかけがあればマーダー化も?
※DEATH NOTEに参加者の名前を綴った場合、
その人物を殺さなければならないという激しい強迫観念に囚われ、
身体能力は大幅に増加します。
※DEATH NOTEの持ち主でなくなったあとも影響は継続します。
※一度誰かが書いたあとに、他の誰かが拾っても影響はありません。
※ただ新たに名前を書き込むか、もう一つのノートに名前を書き込まれれば、持ち主に同上の影響が出ます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。