7-224 喪失


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

350 名前:喪失 1/3 投稿日:2006/09/20(水) 15:13:46
妙才
子考
子廉
かつて夏侯惇が親しんできたその三人は、死んでいた。
「嘘だろ」
夏侯惇の呟きは、献帝のいかにも楽しげな声にかき消された。
死を楽しみ、生を嘲笑う声。
「爽やかな朝だ……? ふざけるな!!」
思わず空に向かって叫ぶ。献帝の忌々しき声は、どういうことが空から響いてくる。
天子の分際で、自分が天になったとでも思っているのか。
だが空は見えない。青い竹の葉が、空を遮っていた。夏侯惇は、気分が暗くなっていくのを感じた。
夏侯惇への返答は、当然ない。献帝の禁止エリアの説明が続くだけである。
やがてその声も止んだ。荊州襄陽の竹林は、またもとの静寂に包まれた。
「なんでだよ、おい……」
気分は暗く淀んでいても、悲しみはすぐには湧かなかった。
「死んだ」と、ただそれだけ言われても、実感が湧かない。元の世界で、夏侯淵の戦死を知った時もそうだった。
「妙才、子考、子廉……」
死んだ友の名を言ってみる。かつて、彼等に呼びかけた時のように。
すると、徐々に三人に関する記憶が浮かんできた。幼いときの頃から、曹操の重鎮として名を馳せていた頃まで、ぽつぽつと。
やがて堰を切ったかのように、記憶が走馬燈のように思考を駆け巡った。ありとあらゆる、懐かしき思い出が、頭中に広がっていく。
同時に、抑えきれない感情も湧き上がってくる。
「なんでだよ……なんで……」
目の奥が熱い。胸が苦しい。体から血が引いていく。目の前が薄暗くなる。
悲しい。
夏侯惇は普段、くよくよ悩み悲しむことはない。それでも、彼等の死はあまりにも悲しすぎた。



351 名前:喪失 2/3 投稿日:2006/09/20(水) 15:23:18
「そんなにおかしいか?」
唐突に、背後から声が聞こえた。聞き覚えのない声だ。
「人が死ぬことが」
夏侯惇は振り向かない。
だんだんと近づいてくる人物がいたことは、放送の途中からわかっている。
声から推測して、もう数歩の所にいるのもわかっている。見知らぬ誰か、危険人物の可能性はあるだろう。
それでも、振り向かない。
ただ立ち尽くしている。
「あんたは誰が死んだ? 親か子か、主君か部下か、兄弟か親友か」
歴戦の武人の背中は、そうとは思えないほど気力を感じさせないものだった。精も気もなく、.立ち尽くすさまは、端から見れば幽霊のように見えるかもしれない。
しばらくの間ののち、夏侯惇は口を開いた。
「兄弟のような、親友のような、いや……もっと……」
男への返答というより、自分自身に聞かせるような声だった。
それきりまた、竹林に沈黙が訪れる。竹の葉の囁きもなく、時間が止まったかのようになる。
「なぁ、そうだろう? 俺達は」
上を見る。相変わらず、空は見えない。それでも先程とは違って、葉と葉の隙間から洩れる光が、ちりばめられた宝玉のように見えた。
「俺達はずっとそうだった。悪ガキだった頃から、死ぬまで、ずっとそうだったんだ」
夏侯惇は歩き出した。最初はおぼつかない足取りだったが、だんだんと、確かなものへとなっていく。
「だから……」
林を抜け出ると、強い光が全身を打った。
両目を細め、前を見る。
空は雲一つなく、地は輝きに溢れていた。
「孟徳、必ずお前は―――」



352 名前:喪失 3/3 投稿日:2006/09/20(水) 15:27:26
諸葛亮は袋がタケノコで満杯になると、採集をやめ臥竜岡へ帰ることにした。
歩きながら、先程会った男について考える。
死を、悲しんでいた男だ。
もちろん諸葛亮も死は悲しい。徐庶の死は、彼の心に影をさした。
違うのは、割り切ってしまうかそうでないかだ。
死は悲しい。だが、仕方のないことだ、と諸葛亮は思っている。
人は日々死んでいく。元の世界でもこの世界でも。違うのは、戦争や飢餓、病により死ぬのか、意味のない殺し合いで死ぬのかだ。
―――どうも今の自分と、あの書の中の自分は相違があるようだな
史記・漢書に似た『魏書』『蜀書』『呉書』
歴史の大筋や自分に関係ある出来事以外は削られているようだが、おそらく、後世の歴史書だ。
その中の諸葛亮伝に書かれている自分の姿。
最初に読んだ時から思っていたが、やはり違う。
三回訪問されて劉備に付いていくこともそうだが、
皆に大いに慕われた、というほど自分はそんな徳のある人間とは思えないし、
晩年、執拗とまでいえるほど北伐を行っているが、これには首を傾げるばかりだ。
元来『割り切る』性格の自分がすることではない、と諸葛亮は思う。
同時に、人は変わる、という考えも浮かんでくる。
劉備という人間の器に触れて、自分は変わっていったのでないか?
「劉備ねぇ」
頭を掻きながら呟き、諸葛亮は臥竜岡へ帰っていった。


@夏侯惇【金属バット】
※現在地は襄陽臥竜岡近く。豫州へ向かいます。

@諸葛亮【諸葛亮伝(色んな諸葛亮が満載。諸葛亮と直接関係ない事柄については書かれていない)】
※現在地は臥竜岡。基本的に自分から動く気はないようですが、協力を求められれば動くこともありそうです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。