7-221 星


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

327 名前:星 1/3 投稿日:2006/09/12(火) 19:51:07
瞼にうっすらと感じる日の光に、曹丕は目を覚ました。
胸にある暖かな感触。
曹幹が自分にしがみつくように眠っている。
体が、頭が重い。
何も動かせないが、意識だけが妙にはっきりしている。
「…、…か…、…」
胸にある、暖かな感触。
戦いの中で、自分を正気に繋ぎ留めて来た唯一のもの。
大切な。
「…そ…」
口が、喉が上手く動かない。だが動かさなければならないのだ。
「曹幹…」
やっと、声が出せた。
それを聞いて、曹幹が弾かれたように飛び起きる。
「とうさま…!」
泣いているのか、笑っているのかわからない表情。
曹幹はほとんど半裸の状態だった。
恐らく、服は自分の傷をふさぐのに使ってしまったのだろう。
本人の体は、泥でぐしゃぐしゃだ。
幼い弟にここまでさせてしまった自分を情けないと思った。
…そして、その思いに報いることが出来ないことも。
「とうさま、だいじょうぶですか…だいじょうぶですか」
心配そうに曹丕を覗き込んでくる、あどけない瞳。
自分は笑顔でそれに応えられただろうか。



328 名前:星 2/3 投稿日:2006/09/12(火) 19:52:00
医者と言っていた男はどうしたのだろう。昨夜の記憶は酷く曖昧だ。
水に煽られた冷たさ。
肩を貫かれた熱さ。
…あと覚えている物は、雨と、風と、銃声の音。
ここはどこなのだろう。曹幹の顔しか見えない。
傷は痛まない。ただ、酷く眠い。
だが、眠る前にしなければならないことは、よくわかっていた。
「…曹幹」
ゆっくりと、曹丕は声を出す。
「よく、聞きなさい。」
「とうさま」
「曹操を探しなさい。私達の父だ」
「…とうさま?とうさまは、もうひとりおられるのですか?」
「父を、探しなさい。必ず、お前を守って、くれる」
曹幹が何か言っているが、よく聞こえない。
胸にある、暖かな感触。
それだけが曹幹の存在を示している。
「私は…星になる。空からお前を守る」
「ほしに」
いつか話した。
星になりたいと、曹幹は笑って言った。
だが、駄目だ。お前は駄目なのだ。
「お前は生きなさい。お前の側にいてくれる人と共に」
「…とうさま?」
「お前は、生きなさい」
そうだ、この想いは
「生きなさい」
この子供を守りたいという想いは
「とうさま…とうさま?」

この身が滅びても、星のように美しく煌くことだろう。



329 名前:星 3/3 投稿日:2006/09/12(火) 19:53:08
やがて曹丕は何も答えなくなった。
体は見るも無残であったが、その表情は眠るように安らかだった。
『遠い輝きよりも、こうして触れあえる距離の方が得難いものなのだよ』
いつか言われた言葉を思い出しながら、曹幹は空を仰いだ。
夜になれば、星が出る。

――とうさまは、そこにおられる。
とうさまのたましいは。

こぼれた涙をぬぐい、曹幹は立ち上がった。

『曹操を探しなさい』

とうさまの、最期の言葉を守るために。





@曹幹【吹毛剣】
※現在地は銅雀台。
水が引いてきたので、曹操を探しに移動を始めます。
(あてはないのでとりあえず北に向かいます)


【曹丕 死亡確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。