7-214 沈没


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

291 名前:沈没1/5 投稿日:2006/09/01(金) 12:54:24

いつからが基準で「ようやく」と思うのかはわからなかったが
ようやく感情が目を覚ましたような気分になっていた。

放置しておいた服に腕を通して、血溜まりの中の孔融に目を落とす。
ショベルは放置されている。が、彼が袖で磨いていた包丁はそこに無かった。
身体には穴が二つ。そこから血が大量に流れ出していた。
「随分綺麗に死ねたものだ」
死体に呟いてみたがどこか自嘲のようにも感じられて、禰衡は脱力した。
…浮かれてた。
急に脇腹が痛み出してくる。
悲しいのに涙は出ない。
感情はまたどこかへ沈んでいくのだろう。

彼の死体を埋葬するのが目的だった頃を思い出した。

「悔しくないのですか?」
荀イクがふっと、禰衡の背後に現れた。




292 名前:沈没2/5 投稿日:2006/09/01(金) 12:55:12
「別に」
素っ気無い返事を聞いて、荀イクの中で苛立ちが沸く
が、それを押し殺して微笑を浮かべる。
「この遊戯に乗らない狂った人間は直ぐに死んでしまうのです。」
「私は自分が死んでも何とも思わないし、こんな遊戯に洗脳されるほど薄弱では無い。」
洗脳と聞いた荀イクはうふふと嬉しそうに笑った。
笑っている。微笑んでいる。なのに、どこか違和感がある表情で。
「貴方には素質があります。」
何の素質だ、と不満そうな顔がこちらを見据える。
「文挙殿を殺したのは曹操様です。…正平殿」
曹操という名前を聞けば乗るかもしれないと思ったが反応は無い。
しかし、禰衡は血溜まりから距離を置いて
スコップに手を伸ばしていた。



293 名前:沈没3/5 投稿日:2006/09/01(金) 12:56:36

乗りましたか。
「うふふ、そんな鉄の塊でも貴方なら上手く使えそうですしね。
こんな狂った世界はもっと掻き回した方が面白そうでしょう。」
ガコン!!
荀イクの冠の紐が切れて、後ろへ吹っ飛ぶ。
突然頭を殴られた荀イクはよろけてその場に倒れこんだ。
額から血が一筋流れ落ちる。
「狂ってるのは貴様の方だ。どうせ殺したのも貴様だろう?」

…ああ、貴方は役に立ちそうだったのに。
荀イクはにこりと微笑み直して銃口を向けた。


銃声を聞きつけた張コウがそこへ踏み入れると
死体二つが転がる中に―血溜まりの中に荀イクが居た。

もうここには留まっていないと思っていたのに。



294 名前:沈没4/5 投稿日:2006/09/01(金) 12:57:23
「おや、張将軍」
振り向いた顔が相変わらず涼しげで、どこか憂いを帯びていた。が、
「感情というのは難しいものです。
いっその事彼のように無くした方が楽かもしれませんね。」
やはり荀イクは 冷静に 狂っている。
「文若殿がやったのか…?
…まあいい、文若殿。知っていることを教えてくれ。」
荀イクの顔から憂いが消え、微笑が浮かぶ。

「張将軍が私に協力してくれるのならば」

【禰衡 死亡確認】



295 名前:沈没5/5 投稿日:2006/09/01(金) 12:58:49
@荀イク[洗脳されている?、額に切り傷] 現在地 豫州
【ガリルAR(ワイヤーカッターと栓抜きつきのアサルトライフル)、刺身包丁】
※劉備、曹操、孫権を中心に、無差別に殺戮を望んでいます。
※また、ゲームに乗らない者を狙います。
 積極的にゲームに参加している者は殺しません。
 殺意はありますが冷静です。
※取りあえずは呉に向かうようです。
※農業用ショベル、スコップはその場に放置しました。

@張コウ[顔面負傷、全身軽傷]【斬鉄剣(腰伸び)、デリンジャー、首輪解体新書?、DEATH NOTE】
※荀イクに洗脳されそう?
※DEATH NOTEに参加者の名前を綴った場合、その人物を殺さなければならないという激しい強迫観念に囚われ、身体能力は大幅に増加します。
※DEATH NOTEの持ち主でなくなったあとも影響は継続します。
※一度誰かが書いたあとに、他の誰かが拾っても影響はありません。
※ただ新たに名前を書き込むか、もう一つのノートに名前を書き込まれれば、持ち主に同上の影響が出ます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。