7-210


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

277 名前:短くてゴメン 投稿日:2006/08/28(月) 21:37:35
桜桑村。
縮尺は多少小さくなってはいたが、そこは昔と変わらぬのどかな農村であった。
未だ誰も訪れないそこで、張飛はのんびりと時を過ごしていた。
ただごろごろとしていても腹は減る。
何かないかと家々を巡ったところ、あるものを見つけた。
それは、過去に張飛の命運をわけた物。

酒である。

大きな酒壷を見つけ―――
彼はもちろん、大喜びですべて平らげた。


明けて翌日。
流れる放送に気づかぬまま、彼は高鼾をかいている。

こうして彼は再び、酒によって運命を狂わされつつあるのであった。

@張飛【鉈】
※爆睡してます。しばらく起きそうにありません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。