7-198 抵抗と諦め


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

208 名前:抵抗と諦め 1/3 投稿日:2006/08/18(金) 13:19:17
ようやく長安に着いた。
すでに日は暮れかけ、どこかで烏が穏やかに鳴いている。
劉備は近くの木陰で一時を休むことにし、座り込んだ。
この分では、楼桑村まであと二日はかかりそうだ。
すでに参加者の半分近くが死んでいる最中、その時間はとてつもなく長いものに見えた。
まあ、雲長も、翼徳も、そう簡単には死なねえだろう。
幸いなことに、劉備の配下だったものではまだ王平しか死んでいない。
別れた三人に、趙雲・黄忠・馬超、それに劉禅も諸葛亮も、少なくとも今日の朝までは生きていることがわかっている。
だが、今も参加者の誰かが死んでいることは明白だ。蜀将も、いつだれが死ぬかは見当もつかない。
特に、漢升の爺さんはやべぇな。あの人ほとんど向こう見ずに突っ込むから……
劉備は立ち上がった。
これからは雍州を抜け司州・并州を通る。休んでいる暇は、もうない。
歩こう。まずは西へ。
と、歩き始めようとして持ち上がった劉備の右脚は、そのまま空中へ固定されてしまった。
右頬のすぐ横を、かすかな音と共に鋭い物が通り抜けていった。直後にドスッ、と鈍い音がし、横目を向くと、背後の木に短剣が深々と刺さっていた。
「玄徳様、ようやくお会いできましたな」
老人がいつの間にか、劉備の前に現れていた。柔和な顔つきで、一見なんの変哲もない老人に見えたが、瞳はぎらぎらと輝いていた。
「こんな人目の着く所で、休めんでいてはいかんですぞ」
「………冗談じゃねぇぞ、おい」



209 名前:抵抗と諦め 2/3 投稿日:2006/08/18(金) 13:24:55
「わしはちょうど、荊州の魏興におったんですが、玄徳様の姿を見つけましてね」
とりあえず劉備と黄忠老人は、近くの林の中に移動し、話し合うことにした。
「なら、そんときに声をかけてくれたっていいじゃねえか。なんでわざわざ付けてきて、あんなことを……」
「いやぁ、驚かそうと思いましてな。機会を窺っていたんですよ。いい教訓にも、なりましたでしょう?」
だからって、主君に刃物を投げつけるな。
という言葉を飲み込み、代わりに黄忠に自分の今まで置かれた状況を話すことにした。
劉封たちのこと、甘寧や夏侯惇のこと、関羽と張飛と合流したいことなどをあらかた話し、黄忠の意見を聞く。
つまり、付いてきてくれ、ということなのだが。
「わしは付いていていきませんぞ」
ときっぱり言われた。
「なんでぇ? 漢升も、この状況に置かれたままで、いいと思わねえだろ? ほら、五虎将みんなで集まって、ドーンと献帝を」
「無理ですな」
黄忠の表情は、もう柔和ではなかった。眼光がより激しさを増している。
「たしかにこの殺し合いは、狂っています。残忍で、凶悪で、許すまじき悪行でしょう」
より苛烈になっていく眼とは裏腹に、口調は淡々としていた。
「ですが、我々が対抗できる術など、どこにありますか? 命運をねじ曲げ死者を復活させ、凝縮した中華の地を創り出し、未知の道具を備え付けている。
そして我々の命は、この首輪によってあやつらに握られているのです。神をもごとき所行に、いったいどう対抗すればいいと?」
そこまで言い終えると、急にもとの穏やかな顔つきにもどり、
「生き延びようと思うなら、時を無駄にしないことですぞ」
鋭い眼光が、劉備を刺していた。劉備は言葉に詰まり、咄嗟に反論できずにいた。
「では、わしは荊州に戻るとします」
黄忠は背を向けて、南へ歩き始めた。その背には、有無を言わせぬ決意が漂っていた。
劉備は叫んだ。
「漢升!」
黄忠は立ち止まり、やや間を空けてから「なんですか?」と振り向いた。
「俺は、受け入れねえぞ! 絶対に諦めないからな! 神だろうが不可能だろうが、絶対に抜け出してやる!」
黄忠の顔が、少しだけほころんだように見えたが、すぐに向き直り、再び歩き去っていった。



210 名前:抵抗と諦め 3/3 投稿日:2006/08/18(金) 13:26:38
黄忠の様子は、すいぶん変わってしまったかのように見える。
今までがむしゃらに突き進んでいたはずが、今は老人らしく達観、いや諦観してしまっている。
人は、変わる。
あるいは子龍も、孟起も、すでにゲームに乗って誰かを殺しているのかもしれない。この狂った状況下なのだ。何もおかしくない。
では雲長は? 翼徳は? ………あいつらに限っては、それは、ないか。
周りを見渡して、闇が覆い初めていることに気が付く。
そうだ、速く行かなければ。あいつらと、絶対にここから脱出してやる。


魏興に戻ると、暗闇の中、人が黄忠の視界を通り過ぎていった。
体が黒いので、一瞬服と荷物が浮いているのと思ったが、どうやら南蛮人のようだ。
手に、鋭そうな剣を持って、なにやら呟きながら走っていく。走って移動だなんて、元気なことだ。
サバイバルナイフだけでは心細いので、追いかけて武器を奪おうかとも思ったが、やめることにした。
今は、なるべく戦いたくない。
劉備の叫びがいつまでも、頭の中で反芻されていた。


@劉備【李典棍、塩胡椒入り麻袋×5】
※現在地は長安。楼桑村へ向かいます。

@黄忠【サバイバルナイフ】
※ゲームに乗りますが、殺し合いには消極的。現在地は魏興。

@阿会喃【DEATH NOTE(残り9ページ)・エクスカリパー・大般老長光】
※司馬懿のおおまかな位置がわかるようです。益州へ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。