7-193 やわらかな手


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

173 名前:やわらかな手 1/4 投稿日:2006/08/15(火) 00:31:58
張燕から矢を受けた沮授は、その場に崩れ落ちた。
殺してくれという懇願を聞き入れず、張燕は去った。
肩の傷口から焼けるような痛みと熱さが、そのまま体に回っていった。
毒だ。
ろくに体を動かすことも出来ない。ただ唸り声を上げ、土を掻き毟るだけ。
(ああ…これがご子息を見捨てた罰なのだ)
沮授はもはや死を待つのみであった。
何も出来ぬまま、じりじりと時間だけが過ぎていく。
無限に続くかのような苦しみ。

苦しい、熱い、殿、申し訳ありません、申し訳ありません、
死にたい、死ななければ、殿、殿、殺してくれ、…誰か!!!

朦朧としていく意識の中で最後に見たのは、空から落ちる大粒の雫であった。



174 名前:やわらかな手 2/4 投稿日:2006/08/15(火) 00:34:55
ふと、暖かな感触に意識が浮上した。
なんだろう…額に、髪に、頭に感じる優しくて、柔らかな…。
重い瞼を懸命に開く。
「…気がつかれましたか?」
目の前に広がる、優しい微笑み。
見たことの無い女性だ。まさか…天女?自分は死んだのか?
いや…目を凝らせば、赤く照らされた土の天井が見える。
洞窟で火を焚いている…のだろうか?
「…あなた…は…」
「蔡文姫と申します。あちらはホウ統様、劉封様」
女性は小首をかしげ、視線を横に動かす。
その方向になんとか首を動かすと、焚き火ごしに2人の男がぼんやり見えた。
「あなた…たち、が…たすけてくだ、さったの、か」
「…助けてなどないよ…雨の中から、洞窟に移しただけだからね」
それでも、あのまま道端で死体になるよりよほどいい。
女性は自分の頭を膝に乗せ、優しく頭を撫でてくれていた。
母親が子供にするように。
「お前さん、毒をくらったね。悪いが…私達に出来ることはもう何も無い」
「…でしょう、な…」
冷酷な現実を突きつけられる。だが下手に慰められるより、よほど良いと思った。
「その…せめて、何か…言い残したいことは…?」
若い男が自分のほうに膝を寄せてきた。



175 名前:やわらかな手 3/4 投稿日:2006/08/15(火) 00:35:51
「……」
ゆっくりと、頭を撫で続ける手が気持ち良い。死を待つだけの自分には過ぎた対応だ。
不思議なことに、苦しみはだいぶ和らいでいた。毒が抜けたわけでもないのに。
きっと頭を撫でる手が、優しいからだ。
それはもう良いのだと、罪を赦すと言ってくれている様で。
沮授は目を瞑り、ひとつ息を吐いた。
「…私は沮授と申します」
しっかりと声に出せたので、安心して続ける。
「袁紹様に仕えておりました…ですが、私は殿のご子息を守ることをせず、自身の保身に勤めてしまった」
思い出す。あの時、身を挺してご子息を守っていれば。
…少なくともこんな後悔をすることはなかっただろうに。
「私の死は当然の物です。これは、罰なのです」
「違う、あなたは悪くない!悪いのは献帝だ!」
若者が声を荒げる。ありがとう…でも、もう良いのだ。
「ただ、殿に申し訳ございませんと。…殿のご無事をお祈りしておりますと…お伝え下さい」
「わかりました、必ず」
若者の力強い返答に安心する。

ああ、良かった。
本当に、良かった。



176 名前:やわらかな手 4/4 投稿日:2006/08/15(火) 00:37:30
安心したら、なんだか気が抜けた。
「申し訳ない…このまま、少し休ませていただいてもよろしいでしょうか」
やわらかな手が、あまりにも気持ちが良くて。
「ええ…おやすみなさい」
蔡文姫が微笑んだので、ほっとして目を閉じる。
「ありがとう…おやすみ」



<<親子の面影+α/三名>>
@蔡文姫【塩胡椒入り麻袋×5】
@劉封【ボウガン・矢×20、塩胡椒入り麻袋×5】
@ホウ統【ワイヤーギミック搭載手袋、塩胡椒入り麻袋×5】
※常山の洞窟で雨宿り中。


【沮授 死亡確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。