7-192 趙雲1 > 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

171 名前:趙雲1/2 1/2 投稿日:2006/08/14(月) 22:50:49
雨が降り出したのは、趙雲達が幽州に入って、しばらくしてからだった。
「雨か…まいったな」
いまだ山道である。
雨になれば視界も遮られるし、足もぬかるみに取られてしまう。
この状況での戦闘は避けたいところだ。
「どこかで雨宿りしましょうか?」
魯粛が提案する。
「そうだな…」
と、話す間にも雨足は強まる。
ほどなくしてバケツをひっくり返したような大雨へと変わった。
「うわっ!」
「こりゃひでえ!姐さん、さっき見かけた崖に洞穴、が…」
裴元紹の声が止まる。
目を見開いたその表情は、何か恐ろしい物を見たかのように凍っていた。
「どうした!?敵か!」
背後に何かが現れたのかと趙雲がとっさに振り向く。
「…ぅああ?!」
今度は魯粛が素っ頓狂な声を上げる。
「?!な、なんだなんだ?!」
ひとり何が起こったかわからぬまま辺りを見回す趙雲。
「あ、あ、あねさんッ、姐さんが…俺の姐さんが―――ッッ!!」
裴元紹が雨音に負けぬ悲鳴を上げる。



172 名前:趙雲1/2 2/2 投稿日:2006/08/14(月) 22:53:42
「ん?私が何だと……………おや?」
趙雲の体には、濡れたナース服がぴったりと密着していた。
そう、だから服が多少窮屈になるのも当然だろうと、気付かなかったのだ。
ぴったりと濡れた服は、がっしりとした体にまとわり付き、しっかりとした男らしい胸板の線を写していた。
胸だけでなく、腕も腰も尻さえも、服はその筋肉にひっぱられ、今にもはちきれそうで…。
そう。
そこには美女でなく、線の太い、どこぞの野球漫画の主人公のような男が、ナース服を着て…。
「ギャ――――――ッッ!!」
裴元紹は叫び、走り出した。
「お、おいどこに行く!!」
魯粛の声にも止まらない。
俺の姐さんが、姐さんが、姐さんがァァァァァ!!!!
裴元紹ブロークンハート。グッバイマイラブ。グッバイマイナース!
彼は雨をものともせず、叫びながらもと来た道を駆けて行った。
青春である。
「あ…戻った?」
当の趙雲は自分の腕や腰に手をあて、体の線を確かめると、ほっとした表情を浮かべた。
「なんだかよくわからんがとにかく良かった」
「…いや、あんまりよくない」
特に視覚的に。魯粛は目の前のあまりにも危険な趙雲の姿に、眩暈を感じていた。
こうして彼らは、ある意味新しい武器を手に入れたのであった。

<<ナースと外交才能零/2名>>
趙雲【ナース服、化粧品】魯粛【圧切長谷部】
※趙雲は男性体に戻りましたがナース服。(水を被ると男になるようです)
※幽州に入ったあたりで雨宿りをします。
裴元紹【なし】ピンユニット化
※并州の方へ駆けて行きました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。