7-183 午睡と空腹と暴発と


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

121 名前:午睡と空腹と暴発と 1/5 投稿日:2006/08/08(火) 00:28:11
陳到は未だ陳留を彷徨っていた。
一時は、劉備を求めて蜀の地へ向かおうとも思ったのだが、
潁川に入ってすぐ、その考えを改めた。
あのお方ならば、天命の地である蜀よりも、義兄弟たちと杯を交わした
楼桑村に向かうかもしれない。そう思って、引き返した。
現在地は、陳留北部。あと少し北に向かえば、朝歌に入る。
(大地が狭まっているとはいえ・・・やはりタク県までは遠いな・・・)
湿った土の上を、そろりそろりと、ほんの少しの音も出さぬよう、
気配を殺して歩く。
さく。さく。小さく、土が鳴る。
ぐう。
「・・・」
そんな彼の努力を嘲笑うかのように、胃袋が不満の声を上げた。
そう言えば、朝から何も口にしていない。
(腹減ったなー・・・)
支給された食物は、昨日の内に食べきってしまった。
水はまだ残ってはいるが、十分とは言いがたい。
無くなったのならそれはそれで、兎でも狩ればいいと思っていたのだが、
それが中々見当たらなく。
考えの甘かった自分を悔いた。
(いざとなったら・・・草でも食うか。仕方ない)
ふと、上を見上げる。西南の方角に、黒雲が渦巻いていた。
嫌な空だ。
(ひと雨来そうだな。・・・なら水だけは平気そうだ)
残り半分をきった水筒を軽く振る。
中で、水の暴れる音がした。



122 名前:午睡と空腹と暴発と 2/5 投稿日:2006/08/08(火) 00:28:58
ふと、一歩を踏み出したときだ。
ほんの少し先の空間。其処に、異質な気配を感じた。
動いては居ない。驚くほど静かだ。
しかし、それは確実に其処に居た。
ガン鬼の銃とやらを構え、気配を消しながら、ゆっくりと。
その気配のほうに近寄る。
心臓がどくどくと、喚いていた。
(煩い。落ち着け・・・)
ゆっくりと。
ゆっくりと、近づく。
巨木の近く、陰と光が交錯する場所。
静かに息衝く人影を見つけた。
(誰だ)
もう少し。ほんの少し、近づく。
男だ。ガタイの良い男が、巨木に寄りかかり座っている。
髪が短い。よく見ると、片方の耳と、小指が破損していた。
男は、くうくうと静かに寝息を立てている。
薄汚れた鼠が、その周りを徘徊していた。
息が、詰まる。
(う、于禁・・・!?)
見覚えがあった。
曹魏の誉れ高き五大将が一人。于禁文則が其処に居た。



123 名前:午睡と空腹と暴発と 3/5 投稿日:2006/08/08(火) 00:29:39
(どうしたらいいんだ)
進むべきか。引くべきか。
無駄な戦いはしたくない。できるだけ、安全に。確実に。
しかし、今眼前の男は眠っていた。
小指の破損した右手に、小さな刀を握ってはいるものの、
まるで危機感も無く、静かに寝息を立てている。
一歩、近づいた。
―――目覚めそうに無い。
また一歩。銃を構えたまま、気配を殺して。
一歩。
手を伸ばせば触れられる距離まで来た。
まだ、瞳は開かない。
銃身を固定したまま、湿った地面に眼を落とした。
自分の銃よりも長く、巨大な銃が無造作に放られている。
彼の武器だろうか。少し、銃身が曲がっているようにも見えた。
大木に凭れかかる身体を見る。
左腕に絡まった袋から、支給された食物が零れ出ていた。
ごくん。喉が鳴る。腹も、ぐるぐると呻いた。
右手に銃を構えたまま、左手が、大地へと下がっていった。
長筒に触れる。ひんやりと、冷たい。
(使い方は同じか?)
持ち上げた。
自分の銃を仕舞い、その長筒――AK47カラシニコフを構えて、三歩ほど下がる。
どくん。
どくん。
心臓が鳴る。
煩い。周りの音が、かき消された。
引き金に手をかける。手が、少しだけ震えた。



124 名前:午睡と空腹と暴発と 4/5 投稿日:2006/08/08(火) 00:30:15
(大丈夫だ)
もう一歩、下がる。
どくん。
どくん。
―――どくん。
(やれる。全然殺れる。大丈夫だ。大丈夫―――)
于禁は目覚めない。
静かに息づく。生きて、いる。
劉備様を散々に苦しめた魏将の一人だ。罪悪感など感じない。
それでも、曹魏の名高い武将をこの手で、という興奮が陳到の手を震えさせた。
心臓が騒ぐ。戦場の空気とは、また違う匂いだ。
一度だけ、大きく息を吸った。
長筒を構えなおした。これは、試し撃ちだ。
動かない的なら、外す筈も無い。この長筒の威力を知るには、うってつけだ。
至近距離に居る。眠っている。
(大丈夫だ)
殺せる。
周囲の温度が下がった。代わりに、自分の熱は上昇する。
長筒がぬめる。血が、付着しているのだろう。
汗が出てきた。嫌な汗だ。
気にしない。ただ、眼前の静かな空間だけを見据えて。


引き金を、引いた。



125 名前:午睡と空腹と暴発と 5/5 投稿日:2006/08/08(火) 00:31:11
「!?」
突然、至近距離で響き渡った爆発音に、于禁は驚愕して跳ね起きた。
泡沫の夢を拭い取られた不快感も余所に、山刀を構える。
と、同時に、傍らに置いたはずのカラシニコフが消えていることに気づいた。
(くそっ!やられたか!?)
周囲に気を張る。・・・が、どのような気配もしない。
ただ、ほんの少し前方で、黒い煙が湧き出ていた。
(・・・何なんだ)
恐る恐る、かつ大胆にそれの方へと向かう。
(うわっ・・・)
その死体は、首から上と、両腕が損失していた。
血は出ていない。傷口は焼き焦げたようで、いっそ綺麗なまでに醜かった。
首輪が爆発したようだ。
これではこの男が誰だったのかすら、分からなかった。
辺りを見渡す。
なにやら黒い金属の破片と、男のものであろう肉片が周囲一面に、
爆発の際に吹っ飛んだのだろう袋が、右手に見えた。
手にとってみる。半分以上焼き焦げていた。
振ってみると、新式の筆と黒筒がぽろりと零れ落ちた。
・・・それ以外は燃え尽きるか、崩れてしまっている。
焦げた水筒が悪臭を放っていた。
近くに、自らの支給品であった銃は落ちていない。
犯人は、盗るだけ盗ってもう逃げたのかもしれない。ため息が出た。
短くなってしまった髪をかき上げながら、死体のほうを見る。
(・・・ま、足し引き零・・・か?取りあえずこの黒筒は貰ってくがよ・・・)
心の中でぶつくさ言いながら、足はしっかりとこの場を離れようと動く。北へ、都へと。
(誰なのか知らねーが・・・自殺なら人の居ない所でしろよな!)
二日続けて熟睡中を叩き起こされた于禁は、果てしなく不機嫌だった。


恐るるべきは、無知。
もしくは、運。



126 名前:午睡と空腹と暴発と 結果 投稿日:2006/08/08(火) 00:32:32
【陳到 死亡確認】


@于禁[左耳破損、右手小指喪失、全身軽傷、洗脳?]
【山刀(刃こぼれ、持ち手下部破損)、煙幕弾×3、ガン鬼の銃(陰陽弾×50)】
『現在地 エン州・陳留・朝歌との境目付近』
※まっすぐギョウに向かっています。
※曹丕を中心に恨みのある将を狙います。
※曹操、張遼、張コウ相手には友好的です。 が・・・。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。