7-125 記憶


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

314 名前:記憶1/3 投稿日:2006/07/23(日) 10:43:38
寝息が聞こえる。
良かった。拙い応急処置しか施せなかったが
眠れるくらいならきっと大丈夫だろう。

潘璋は孔融の傍らで何か考えていたようだったが、やがて口を開いた。
「俺が馬鹿だったんだ。過去の下らない記憶なんかに拘って」
泣きそうな顔で潘璋が呟くと、孔融が振り返る。
それ以上は言うなとその眼が言っているような気がした。
「もう過ぎたことだ。あとは彼の言葉を理解するのが先決だろう。」
そう言いながらも表情は暗い。彼自身田疇に助けられた身である。           
   待て。
過去の記憶?
「でもまさかあいつがあんな死に方するとは思わなかったんだ。」
「潘璋殿、過去って…何だ?」
二人の間に沈黙が流れた。
「どれくらい前の過去なんだ?私は何も覚えていないのだが
市場で首を切られてから、それから…
死んだはずなのに…いや、あの時、…死んだ。死んだ?」
曹操に謀られて死んだ。そこの広辞苑にもそう書かれていた。
それっきりの筈なのに、違和感がある。
「へ?嘘だ。あんたこの前も参加してたじゃないか、この殺し合いに――この前?」
潘璋もはっきり詳しいことは思い出せないようだった。
おかしい。絶対に何かあったはずなのに。
「…その傷はどうしたんだ?」


315 名前:記憶2/3 投稿日:2006/07/23(日) 10:44:48
禰衡がいつの間にか起き上がって孔融のこめかみを指した。
「ああ、この程度の傷で済んだのだよ」
「どうしてあんな時に飛び出した?そんであのあとどうなった?他に怪我は!?酒糟は!?
良かった!!生きてたんだ!君のことだからとっくにもう死んだかと!!わしも死ぬかと思ったぞ!!」
禰衡は孔融に掴みかかりがくがく激しく揺する。
いや、それだけ喋れれば大丈夫だろうが
田疇達が駆けて来たときにはもう禰衡の疲れはピークに達し、倒れこんでしまったのである。

話を聞いて落ち着いた禰衡は立ち上がってあたりを見回す。
この辺ではないが、明らかに陳留には人が集まっている気配がある。
「蛆どもが沸いてきたようだ。移動した方がいい。」
そう言って二人に立ち上がるように促し、潘璋に問いかけた。
「お前はこれからどうする?」
俺は。
何故か潘璋は誇らしげな表情で言う。
「どんなに歪んでいるか正しい道かは分からんが、田疇の弔いも兼ねて
元 三 国 一 の 猫 耳 萌 え キ ャ ラ 代 表としてこの殺し合いの主催者を殺しに行く。」
刹那。
沈黙が流れた後に禰衡が吹き出し、腹を抱えて震えだす。
ちょっと脇腹が痛いらしい。
「笑うな!俺は本気だ!もうこんな惨事は繰り広げさせんぞ!!
そのためにはまず情報収集だ!なんとなく荊州へ行く!」


316 名前:記憶3/3 投稿日:2006/07/23(日) 10:45:50
孔融は自分の武器を改めて確認して、がっかりした。
柄の長い、四角い板の付いた金属。
確か禰衡のは先端が丸みを帯びた板だった。
「私もこれか…」

@潘璋【備前長船】
※主催者の手がかりを探し、荊州へ向かいます

<<現在工事中/2名>>
禰衡[脇腹負傷]【農業用スコップ】 孔融[こめかみかすり傷]【農業用ショベル、刺身包丁】
※とりあえず陳留を離れ南へ向かうようです
※広辞苑、S&W M60 チーフスペシャル(弾切れ)は放置。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。