7-121


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

304 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/22(土) 13:24:40
韓遂は戦いの場から距離を保ち、少しずつ離れて逃げようとしていた。
「何がなんだかわからんが、このままでは危険だ。ここは逃げて故郷に行こう」
踵を返し、走り去ろうとした韓遂の前に、顔色の悪い男が立ちふさがった。
「逃げる場所なんてねぇんだよボケ。とっととくたばれ、おっさん」
小銃弾が叩き込まれ、韓遂は踊るようにして死んだ。

「ちっ、ろくなもん持ってねえな。このカスが」
韓遂を射殺したのは于禁だった。死体を蹴飛ばすと、残っていた食料だけを確保する。
「さて、あいつらはどうするかな」
前方では三対一の戦いが行われている。
攻撃しているのが一人の男だが、三人相手に善戦しているようだ。
全員を横薙ぎにしてしまうのもありだが、確率の考えると決して望ましい策ではない。
「二虎競食ってな。終わった所でぶっ殺してやるよ」
于禁はそう呟くと、気配を消して戦いの趨勢を見届けることにした。

【韓遂 死亡確認】

<<二本刀と錆びた刀/3名>>
孫堅【七星宝刀】華雄【吹毛剣】黄忠【サバイバルナイフ】
vs
@項羽(閻行)【項王の剣】
※戦っています。


@于禁【AK47カラシニコフ】
※隠れています。韓遂のアイテムは放置。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。