7-105


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

253 名前:無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2006/07/19(水) 00:21:19
楊儀は永い眠りから醒め、まだ重い身体を引きずって荊州北西部の魏興まで歩いてきていた。
「いたた、足が痛い、駄目だ」
近くにあった小集落で足を止め、座り込む。

そして、何ともなしにまたMDウォークマンを起動させてみた。
「昨日はいい曲が入っていたからな、また聞いてみようかな」
すると、何とも勇壮な曲が流れてくるのだった。

『君はついに 立ち上がった 血に染まった赤いマントに
わずかに聞いた君の両目に光る 涙が 何かを語った

獣のように 挑戦者は 襲いかかる 若い力で
やがて君は  静かに倒れて落ちた
疲れて眠れるように
わずかばかりの意識の中で 君は何を考えたのか
立たないで もうそれで充分だ おお神よ 彼を救いたまえ

ロッカールームの ベンチで君は きれたくちびるで そっとつぶやいた

帰れるんだ これでただの男に 帰れるんだ これで帰れるんだ 』

「おぉ~ライラライ、ライラライ!」
いつの間にか口ずさんでしまう楊儀。
「む、いかん。……だが何か我が国の北伐を想起させるような」
さりげなく禁句を言いつつも、ちょっと元気の出たような気もした。

@楊儀[疲れている]【MDウォークマン】
※まだ移動していません。でも少し元気が出ました。
※MDにはこの二曲に近い世代の曲が入っている?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。