東方人形劇(ポケモン)には、ステータスを決定する要素として、種族値,個体値,努力値,性格補正というのものが存在し、これによってステータスが大きく変動します。それの紹介ページ。
「赤緑ぐらいしかプレイした事ねーよ!」「本家の通信対戦とか一切の経験無し」という方は覚えておくと良いでしょう。


ステータスの計算式

HPとHP以外で式が若干違います。
HP   (種族値×2+個体値+努力値÷4)×現在Lv÷100+10+現在Lv
HP以外 {(種族値×2+個体値+努力値÷4)×現在Lv÷100+5}×性格補正
小数点以下は切り捨てです。
要するに、種族値や個体値や努力値が高ければ高いほどステータスが上がります。

種族値

種族値とは、全ての人形のステータスに事前設定されている数値です。
この数値は不変なので、野生だろうが孵化だろうが変わりません。
人形が進化すると基本的に強くなるというのは、進化後の種族値が高くなるからです(一部の人形は逆に低くなるパターンもあります)。

個体値

個体値とは、全ての人形のステータスに設定されている数値です。
この数値は個体によって違います。野生は現れた瞬間、孵化の場合はタマゴを受け取った瞬間に決定されます。
0~31までの32通りが存在します。野生で同じLvの同じ人形を捕獲してもステータスが違う場合があるのは、この個体値が違うからです。
ポケモン界隈では、個体値30をU,個体値31をVと呼びます。特に、Vの数によって「1V」や「6V」と呼んだりもします。

努力値

努力値とは、全ての人形のステータスに自ら割り振れる数値です。
全ての人形には、あらかじめ「獲得努力値」が設定されています。そして人形を戦闘で撃破すると、設定されている獲得努力値を取得出来ます。

例.
自分が「ちびれいむ」を持っているとします。草むらを歩いていると、野生の「ちびまりさ」が現れました。「ちびれいむ」で倒したとします。この場合、「ちびまりさ」の獲得努力値は「すばやさ1」なので、「ちびれいむ」は「すばやさ1」の努力値を獲得した事になります。

戦闘に直接出た人形は全て獲得出来ます。直接倒す必要はありません。学習装置持ちも同じです。

例.
自分が「ちびれいむ」と「ちびさくや」を持っているとします。草むらを歩いていると、野生の「ちびまりさ」が現れました。「ちびれいむ」を先頭で出しましたが、「ちびさくや」に交換し、「ちびさくや」が撃破しました。この場合、「ちびれいむ」と「ちびさくや」が両方とも「すばやさ1」の努力値を獲得します。

あいのくびわ(強制ギプス)を持っていると、獲得できる努力値が2倍になります。
トレーナーの持つ人形も全て獲得努力値が設定されています。
どちらかが逃走する等した場合、獲得努力値は得られません。

努力値は遭遇する人形を選ぶ事である程度の操作が効くので、人形のステータスを細かく調整する事が出来ます。
1つのステータスに割り振れる努力値には上限があり、1つに付き255までです。つまり256以上の努力値を与える事は出来ません。
全体の努力値も上限があり、6つのステータスに割り振られた努力値を合わせて510までです。

タウリンやブロムヘキシンのような道具(通称「ドーピング」)を使う事で、100まで上げる事が出来ます。
ただし、ドーピングは努力値100までです。つまり、既に努力値を100以上獲得しているステータスに対して、ドーピングは行えません。
ドーピングを行う際は、努力値0の状態でやるのが最適です。

性格補正

東方人形劇には24種類の「性格」が存在します。ステータス画面で確認できます。
上昇する能力は1.1倍になり、低下する能力は0.9倍になります。
性格     上昇  低下 
さみしがり 攻撃 防御
いじっぱり 攻撃 特攻
やんちゃ 攻撃 特防
ゆうかん 攻撃 速さ
ずぶとい 防御 攻撃
わんぱく 防御 特攻
のうてんき 防御 特防
のんき 防御 速さ
ひかえめ 特攻 攻撃
おっとり 特攻 防御
うっかりや 特攻 特防
れいせい 特攻 速さ
おだやか 特防 攻撃
おとなしい 特防 防御
しんちょう 特防 特攻
なまいき 特防 速さ
おくびょう 速さ 攻撃
せっかち 速さ 防御
ようき 速さ 特攻
むじゃき 速さ 特防
てれや なし なし
がんばりや なし なし
すなお なし なし
きまぐれ なし なし
まじめ なし なし