MOD解説 > MystCraft

現在のこのページの情報は、MystCraft 0.9.5.00(for Minecraft 1.4.6)からMystCraft 10.6.00(for Minecraft 1.6.2)に移行中です。

MOD名 MystCraft
製作者 XCompWiz
配布場所 http://binarymage.com/wiki/doku.php?id=setup:installation#download
前提MOD なし
使用Block ID (v0.9.4.05以前) 200-208 (9個)
(v0.9.5.00以後) 1275-1285 (11個)
使用Item ID (v0.9.2.01以前) 456-459 (4個)
(v0.9.3.00以後) 8956-8963 (8個)
使用Sprite ID なし
使用Terrain ID なし
使用DimensionID 9(1個)
使用class (v0.9.2.01以前) 11個
(v0.9.3.00以降) なし
関連サイト (配布Forum) http://www.minecraftforum.net/topic/918541- 
(公式Wiki) http://binarymage.com/wiki/doku.php 


目次

このMODについて

XCompWiz氏の作成による、古典名作PCゲー「Myst」を元にしたMOD。
その中に登場した、触れる事で異なる世界に旅立てる本、「記述書(=時代の書)」と「接続書」を追加する。

このMODを導入すると、本来「地上世界」「Nether」「The End」の3つしかないDimensionに対して、
最大10億個以上という、ほぼ無制限な数のDimensionを生成&セーブ可能になる。
それらのDimensionは、浮遊島で構成されているもの、天を突くほどの巨大樹で占められているもの、
一面凍りついた海、キノコバイオーム、平坦な世界、資源が豊富な世界など、多種多様。

◆v0.10.6.00(7月2日)での変更点
  • API
    • Adds ability to register link panels renderers
    • Adds BlockCategory
    • Adds ModifierUtils class for helper functions releated to advanced modifiers like BlockDescriptors and Biomes
    • Breaks BlockDescriptor class apart for better understandability
    • Changes BlockDescriptor symbol factory to handle rarities
    • Fixes internal reference to assets
    • Greatly improves documentation of API
    • IFormula takes a float
    • Revises symbol registration to be cleaner
    • Symbol registration returns success
    • Unifies block descriptor categories' names and grammar tokens
  • Balance
    • Adds NetherQuartz Ore and Emeralds to Dense Ores
    • Archivist now sells link panels
    • Attempts to make Archivist sell paper and books
    • Changes color grammar rules to allow for generation to do complex colors but to never alter a player written color
    • Changes gradient grammar rules to allow for generation to do complex gradient but to never alter a player written gradient/color
    • Changes Phase, Angle, and Period to use the same rule structure as Color and Gradient
    • Dense Ores now generates in the full world height range
    • Increases the amounts of ores that Dense Ores can possibly generate
    • Makes Ice block modifier valid fluid block
    • Makes Native Biome Controller obtainable legitmately
    • Makes the End biome ("Sky") symbol obtainable ingame (but the grammar won't select it)
    • Makes the spheres symbol rarer and more valuable as item
    • Minor tweak to biome gen balance
    • Tweaked the tier system for rules, better limiting the number of generated populators and terrain mods in an age
    • Tweaks sunset generation rules
    • Tweaks visuals rules
    • Unnerfs black decay
  • BugFix
    • Allows items to be removed from book holding blocks by ISided
    • Corrects default value of fast rainbows config
    • Fixes generation of NetherQuartz in Netherrack ages
    • Fixes issue with grammar not qualifying the End biome as a biome
    • Fixes issue with LAN server unloading client storage when other clients disconnect
    • Fixes issues with Star Fissures not carving above a certain height
    • Fixes some issues with biome grammar rules being added even if the biome is disabled
    • Fixes some issues with biome symbol registration
  • Commands
    • Adds a config option to allow enabling of spawn meteor command
  • Compatibility
    • Removes old NBT updating for Notebooks (recent saves should be fine)
  • Config
    • Adds achievement ids to config
  • Creative
    • Breaks creative notebook into multiple notebooks
  • Generation
    • Changes the check for block replacement on terrain modifiers (all but fluids)
  • IMC
    • Adds IMC system
    • New IMC Message - liquidsymbol
  • Interface
    • Makes link modifier pull link properties dynamically
  • Localization
    • Adds en_US lang File
    • Improves localization for commands
  • Logging
    • Adds error messages to data storage handling for null storage objects
  • Symbols
    • Add Natural Sky/Grass/Water/Foliage Color symbols
    • Adds 8 more color symbols
    • Automatically creates symbols for registered fluids with block forms
    • Makes Obelisks use modifiers
    • New Floating Islands symbol
  • Visuals
    • Changes display name of Crystal Formations to Crystalline Formations
    • Fixes falling block rendering
    • Improves portal texture
    • Revises some symbol poems

+  (それ以前の更新履歴)

◆既知の不具合(v0.10.0.00)
  • Artifacts in notebook inventory scrolling
  • Missing auto-generation of non-critical logic (does not add random symbols)
  • Pages in inventories won't update unless in player inventory




MystCraftの導入方法

◆シングルプレイ
既にMinecraftForgeを導入済みの場合、手順2~9は飛ばす
  1. 配布Forum内のリンクから更にDownloadページに飛び、最新版のmystcraft本体をDLする。
  2. 前提MODのMinecraftForge(universal)をダウンロード (目的のVerをDLできない場合はこちらから)
  3. データを入れるminecraft.jarファイル((ユーザ名)\AppData\Roaming\.minecraft\bin)を探す。
    Appdataはファイル名を指定して実行(デスクトップでWindowsキー+R)で%appdata%と打てば見つかる。
  4. まだしていないのなら、.jarファイルを開く為の7zをダウンロード&インストール。
  5. 7zで3.で見つけたminecraft.jarを7zで展開。
  6. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  7. minecraft.jarの中のMETA-INFフォルダを削除。MinecraftForge(universal)のドラッグ後に行うこと。
  8. 展開していたminecraft.jarを閉じ、Minecraft.exeを起動。
    Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。タイトル画面まで進めたのを確認したら一度Minecraftを終了。
  9. 「bin」の1つ上の階層の「.minecraft」フォルダに移動し、「mods」フォルダが生成されているか確認。無い場合は自分で作成。
  10. 「mods」フォルダの中に、先ほどダウンロードしたMystCraft本体を zip圧縮状態のまま コピー&貼り付けする。
  11. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。
  12. 展開していたminecraft.jarを閉じ、Minecraftを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にMystCraftを導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合、指示通りにBlock & ItemIDを移送し、MystCraft以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
  1. minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方についてはマルチプレイのページを参照。
    そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
  2. minecraft_server.jar を7zで展開。
  3. シングル版のminecraft.jarでの手順と違い、minecraft_server.jar内のMETA-INFフォルダは 削除しない。
  4. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft_server.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  5. 一度サーバーを起動。Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。完了したら一旦終了。
  6. 生成されたserver側の「mods」フォルダの中にも、シングル版と同様にmystcraft本体を zip圧縮状態のまま コピー&貼り付け。
  7. サーバーを起動。エラーが出ないか、ログイン可能か、MODの導入が反映されているかをテスト。

要求環境(MC1.4.7)
  • Minecraft 1.4.7
  • MinecraftForge 6.6.0.515 ~
  • MystCraft 0.9.5.00 (DL場所)

要求環境(MC1.4.6)
  • Minecraft 1.4.6
  • MinecraftForge 6.5.0.474 ~ (6.5.0.473以前では書での転移時にクラッシュする)
  • MystCraft 0.9.5.00 (DL場所)

要求環境(MC1.4.5)
  • Minecraft 1.4.5
  • MinecraftForge 6.4.0.394 ~ (6.4.0.397、6.4.1.430、6.4.1.436、6.4.2.445 で動作確認済み)
  • MystCraft 0.9.4.05 (DL場所) ※MC1.4.4用だがMC1.4.5でも継続して動作



シンボル&不安定効果一覧







チュートリアル&各アイテムの詳細解説







追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

名前 作り方 説明
時代の書
(Descriptive Book)
材料の並べ方は自由
正しくは記述書だが、「時代の本」「時代の書」と言った方が通りが良いかも。
原作Mystにおいては、無限に存在する並行可能性世界の中から、
書かれた内容と限りなく一致する世界を選び出し、そこへのゲートとなる本。
が、MOD内においては仕様上、単に新Dimensionを作り出す本でしかない。
v0.10.0.00からはこのレシピでは作成できず、同Verから作成可能になったブックバインダーで作成する形になった。
接続書
(Linking Book)
材料の並べ方は自由
原作Mystにおいては、転移先の世界から元の世界に戻るための本。
Mod内での使われ方もそれとほぼ同じだが、
間に1クッション別のDimensionを挟む事で、転移装置として使う事もできる。
作成された瞬間の、プレイヤーの現在Dimenson、座標、向きを記憶する。
v0.10.4.00より直接クラフティングすることはできなくなり、
スタックしていない 未接続の接続書を使用することで使用した位置へと帰還する接続書に変化するようになった。
未接続の接続書
(Unlinked Link Book)
#ref error : ファイルが見つかりません () 【リンクパネル、革】
材料の並べ方は自由

v0.10.4.00から追加。
接続先の確定していない接続書。追加効果が同じものであれば16個までスタック可能。
スタックしていない状態で 使用することで、使用した際のDimenson、座標、向きを記憶した接続書となる。
v0.10.4.00では、クラフト欄のリンクパネルと革がそれぞれ1つのみであれば、他にどんなアイテムが投入されていようと作成できてしまうのでアイテム消失に注意。
これはv0.10.5.00で修正されている。
ブックスタンド
(Link Book Stand)
v0.9.3.00でレシピ&テクスチャ変更。
時代の書または接続書を載せるための台その1。
これに置かずに書を使った場合、持ち手の居なくなった書は地べたに落下、
そのまま放置しておくと雨に打たれるetc.で痛んで消滅してしまう。
この台に置いておけば、野ざらしにされた書が傷んで消滅するのを防げる。
書見台
(Lectern)
v0.9.3.00から追加。
時代の書または接続書を載せるための台その2。
外見が変化しただけで、使い方はブックスタンドと何も変わらない。
書を手に持った状態で右クリックすると書を置ける。
転移する場合、右クリックして開いたGUI内の黒枠をクリックする事。
書き物机
(WritingDesk)
メモ帳と組み合わせて、時代の書の記述を行うのに使う装置。
執筆は、まだ初訪問を済ませていない時代の書に対してのみ可能で、
既に一度訪れて観測確定してしまった時代はもう書き換えられない。
記述書・接続書の題名を書き換えるのにも使用可能で、
こちらは未探訪 or 確定済みを問わず全ての書に対して行える。
題名を書き換えただけでは、接続先や世界情報は変化しない。
0.10.0.00からは、イカスミの代わりにガラス瓶を使うレシピになり、紙とインクを消費して時代の書やメモ帳に記載されているシンボルを複写するための装置となった(リネーム機能も健在)。
未探訪かつ空白のページが存在する時代の書ならばここからシンボルを記入することも可能…だが、そもそもブックバインダーで閉じる際に目的のシンボルを入れればいいので、時代の書に書き込む目的ではあまり利用する機会はないかも。
メモ帳
(Notebook)
書き物机の左側の羊皮紙GUIに置いて使用する。
置いた状態で書き物机の方に、一度リンク先の世界を確認した記述書を置くと、
そのDimensionが持つシンボルを自動で書き写して記録する。
書き物机の方に、リンク先の世界をまだ確認していない真新しい記述書を置くと、
登録済みのシンボルをその記述書に対して好きに書き込める。
v0.10.0.00からレシピと仕様が大幅に変わり、革3つをガラス瓶のように設置するレシピになり、消耗品となったシンボルを無尽蔵に収納できるアイテムとなった。
v0.10.5.00にて、チェスト等のように名称がGUIに反映されるように。
ブックバインダー
(Book Binder)
v0.10.0.00から追加。
時代の書を作るために必要となる装置。GUIの左上に革を置き、中央にシンボルか紙(空白のページとなる)を投入することで時代の書が右上のスロットに表示され、これを掴むことでアイテムとして作成される。
また、メモ帳を掴んだ状態で中央をクリックすると、メモ帳内のシンボルが一括して投入される。
作成時の題名も最上段で入力することが可能(省略すると通常通り「Age ○○」となる)。
v0.10.4.00より、時代の書作成時 先頭のページがリンクパネルである必要がある
インク混合器
(Ink Mixer)
#ref error : ファイルが見つかりません () 【石x5、木材x2、ガラス瓶】
v0.10.4.00から追加。
インク瓶と紙を入れることでリンクパネルを作成するための装置。
混合器の名の通り、作成の際にGUI中央の円に特定のアイテムを投入することで特殊なインクにすることが可能。
アイテムを投入した特殊インクで作られたリンクパネルは、投入数と種類に応じた確率と効果で、接続調整装置で設定可能な特殊効果を持ったものが作成される。
インク瓶
(Ink Vial)
材料の並べ方は自由
v0.10.0.00から追加。
シンボルの書き写しに必須となる液体。16個までスタック可能で、1個につき20枚のシンボルを複写可能。
BuildCraftなどの液体を扱えるMODを導入している場合、中身を液体パイプなどで扱える。ただし書き物机に搬入する場合、2つあるブロックのうち実際に書き物机を置いたブロックの方にしか搬入できない(パイプが繋がらない)ので注意。
v0.10.4.00より、水入り瓶の代わりにガラス瓶と水バケツを使用しても作成できるようになった。
ページ
(Page)
#ref error : ファイルが見つかりません (ItemPage.png) v0.10.0.00から追加。
シンボルがバージョン変更によってアイテム化したもの。消耗品だが、書き物机で複写が可能。
1種類につき16枚までスタック可能で、メモ帳に入れた場合はスタックしない代わりにほぼ無尽蔵に収納可能となる。
全てのシンボルはエンチャントブックと同様同ItemID同ダメージ値のため、BuildCraftのダイヤパイプなどの「IDとダメージ値で識別するもの」では全て同種として扱われる。
v0.10.4.00から、表示が「<シンボル名>」から「Page (<シンボル名>)」となった(白紙のページのみ「Blank Page」となる)。
リンクパネル
(Link Panel)
#ref error : ファイルが見つかりません () v0.10.4.00から追加。
本に記載された時代の風景が動画的に描写され、触れることでその時代へと転移するパネルがセットされている特殊なページ。
MOD内ではGUIの都合上、黒一色(未確定の時代)か青系統のグラデーション(確定済みの時代)のみの表示となる。
原作では(理論上は)本のどこに設置してあっても機能するが、MOD内では先頭ページに設置しないといけない。
ページの一種なのでメモ帳にも格納できるが、シンボルと違い自分で作成する必要がある。
また、書き物机で複写することはできない。
クリスタルブロック
(Crystal)
時代の書で跳んだ先のDimensionで、稀に発見する事ができる水晶。
ネザーゲート作成時の黒曜石に似た使われ方をし、
「時代の書」または「接続書」と併用して転移門の作成に使用する。
ただしネザーへの黒曜石ゲートと比べて更に高性能で、
2x3に限定されずゲートの形は自由、水平設置可能で転移も一瞬。
接続書ソケット
(Book Receptacle)
クリスタルブロックを起動するのに必須の装置。
クリスタルブロックを使って好きな形の転移門を作成した後、
転移門のどこにでも良いのでこれを取り付け、
そこに「時代の書」または「接続書」を差し込んでスロットインする事で、
その「時代の書」「接続書」の転移先へのゲートが開くという寸法。
差し込んだ書は取り出し可能で、1つの門を使い回す事も可能。
接続調整装置
(Link Modifier)
ダイヤブロック8 + 金ブロック1というえげつないコストを誇る装置。
ただし機能もそれ見合った強力さで、書に拡張能力を付与する事ができる。
とりあえず、転移時に書が前の世界に取り残されなくなる「Follow」と、
間に1クッション別のDimensionを経由しなくても
同一Dimension内での直通転移が可能となる「Intra Linking」が特に強力。
このレシピは0.10.0.00時点で無効になりました(将来的には復活させる予定がある模様)。
ブロックとしては削除されておらず、それ以前に作成されたものやクリエイティブ、giveコマンドで出現させたものは以前と同様に使用可能。
崩壊因子・黒
(Decay Block)
不安定指数が非常に高いDimenisonに出現する、時代の矛盾、綻び、バグ。
v0.9.2.01以前から存在するオリジナルの崩壊因子ブロックで、
他の崩壊因子と比べて配置頻度が少なく、増殖速度も非常に遅いが、
上方向に増殖した際に、その地点から自身の真上方向に地続きの、
空気 or 他の崩壊因子以外のブロックを全て奈落に落とす性質を持つ。
上記のような性質上、Y=1の岩盤層にしか配置されない。
崩壊因子・紫
(Decay Block)
不安定指数が非常に高いDimenisonに出現する、時代の矛盾、綻び、バグ。
周囲のありとあらゆるブロックを侵蝕汚染しながら増殖していき、
やがてそのDimenision全てを飲み込んでしまう、いわゆる粘菌系のブロック。
紫は配置比率と増殖速度に劣るが、その分異常に硬い。
つるはしなら木製のでも撤去できるが、破壊に黒曜石並の時間がかかる。
崩壊因子・青
(Decay Block)
不安定指数が非常に高いDimenisonに出現する、時代の矛盾、綻び、バグ。
青は紫と赤の中間で、平均的な配置比率、増殖速度、硬度を持つ。
適正ツールはつるはし。シルクタッチつきのつるはしでも回収は不可。
崩壊因子・赤
(Decay Block)
不安定指数が非常に高いDimenisonに出現する、時代の矛盾、綻び、バグ。
赤は脆くて簡単に撤去できる分、最も増殖力と配置比率が高い。
適正ツールはなぜか他色と違いシャベル。もっとも、素手でも破壊は容易。
崩壊因子・白
(Decay Block)
紫以上の硬度と、赤以上の配置比率&増殖力を持つ、最凶の崩壊因子。
更に他の崩壊因子と違って、上を歩くとダメージまで受ける。
その分、ランダムDimension程度の不安定さでは難易度Hardでも出現せず、
プレイヤーが意図的に不安定な時代を記述しない限りは出現しない。
例外は、鉱石倍増(DenseOres)、成長加速(Accelerated)の2シンボルで……




configファイルからの設定変更

導入すると「config」フォルダ内に「mystcraft」フォルダが生成され、その中にcfgファイルが生成される。
(v0.10.3.00以前はconfigフォルダ直下にmystcraft_config.txtが生成される。)
それらをメモ帳などで開いて該当箇所を書き換える事で、幾つかの設定変更が可能。
崩壊因子の出現はinstabilities.cfgのdecay○○○.enabled=trueの項目をfalseに書き換える事でOFFに出来る。

core.cfg
他ファイルに該当しない設定を賄う。
#block#
block.○○○.id=xxx BlockIDの使用箇所を変更したい時に書き換える。デフォルトでは1275~1285を使用。
#entity#
entity.○○○.id=xxx EntityIDの使用箇所を変更したい時に書き換える。デフォルトでは217~219を使用。
Mob追加系MODの大量導入でもしていない限り、変更する必要はほとんど無い。
#general#
options.○○○.enable=true falseにするとそのアイテムをレシピ作成する事ができなくなる。
主要なアイテムに関して個別に許可/禁止を設定可能。
主にマルチでサーバー主が荒らしやサーバー破壊を制限する目的で使用。
options.difficultyoverride= 鬼畜仕様を楽しみたいマゾゲーマー向け。
ゲームの難易度(Peaceful~Hard)を強制的に上書きし、一定以下に下げられなくする機能。
数値で指定するが、初期状態では数値が記入されておらず難易度は自由に変えられる。
0だと強制Peaceful、1だと強制Easy、2だと強制Normal、3だと強制Hard。
options.instability=true 崩壊因子を含めた全不安定効果の有無のOn/Off。
falseにすると一切の不安定効果が発生しなくなる。
options.providerId=1210950779 使用するDimensionID。
options.renderlabels=false マップ上で書の題名を視認できるようにするか否か。
初期状態ではfalse(不可)になっており、trueにすると落ちている書やブックスタンドの上に、
その書の題名がポップアップされるようになる。
villager.archivist.id=1210950779 書店員の村人参照用ID。
#item#
item.○○○.id=xxx BlockIDの使用箇所を変更したい時に書き換える。デフォルトでは8700~8707を使用。
実際のゲーム内でのIDよりも-256された数値で表記されている。
instabilities.cfg
不安定効果の有無を効果毎に設定できる。
#instability#
blindness.enabled=true falseにすると「盲目(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
confusion.enabled=true falseにすると「吐き気(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
crumble.enabled=true falseにすると「風化現象(現象)」の不安定効果が発生しなくなる。
decayblack.enabled=true falseにすると「崩壊因子(黒)」の増殖が停止し、新規配置もされなくなる。
decayblue.enabled=true falseにすると「崩壊因子(青)」の増殖が停止し、新規配置もされなくなる。
decaypurple.enabled=true falseにすると「崩壊因子(紫)」の増殖が停止し、新規配置もされなくなる。
decayred.enabled=true falseにすると「崩壊因子(赤)」の増殖が停止し、新規配置もされなくなる。
decaywhite.enabled=true falseにすると「崩壊因子(白)」の増殖が停止し、新規配置もされなくなる。
enemyregeneration.enabled=true falseにすると「敵再生(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
erosion.enabled=true falseにすると「浸食作用(現象)」の不安定効果が発生しなくなる。
explosion.enabled=true falseにすると「散発的爆発(現象)」の不安定効果が発生しなくなる。
fatigue.enabled=true falseにすると「採掘速度低下(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
hunger.enabled=true falseにすると「空腹(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
lightning.enabled=true falseにすると「常に落雷(現象)」の不安定効果が発生しなくなる。
meteors.enabled=true falseにすると「時々隕石(現象)」の不安定効果が発生しなくなる。
poisonedsurface.enabled=true falseにすると「毒(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
scorched.enabled=true falseにすると「自然発火(現象)」の不安定効果が発生しなくなる。
slow.enabled=true falseにすると「移動速度低下(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
weakness.enabled=true falseにすると「攻撃力低下(状態異常)」の不安定効果が発生しなくなる。
symbols.cfg
シンボルの出現を設定できる。
#symbol#
○○○.enabled=true 各シンボルの出現設定の個別On/Off。初期状態では全てtrue。
falseにするとそのシンボルは出現しなくなる。
バイオームシンボルはバイオームIDで管理するようになったため、設定名もbiome○○○.enabledとなっている。
そのためバイオームシンボルに関しては、同設定名でも環境によって対応シンボルが変わってくる。

+  (v0.10.3.00までのmystcraft_config.txt)



他のMODとの競合情報

Block ID 200-208、Item ID 8956~8959にアイテムを追加するMODとは競合する。
ただしこれらのIDの位置は、導入後の初回ログイン後に「config」フォルダ内に自動生成される設定ファイルから変更可能。
(mystcraft_config.txtをメモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き換え、上書き保存)
(設定ファイル内におけるItemIDの値は、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されている)

v0.9.2.01以前はjar上書き型で、既存classを書き換えるMODの幾つかと競合が発生していたが、
v0.9.3.00以降はmodsフォルダにzipファイルを置くだけで導入できるようになり、競合の可能性は大幅に減った。

競合情報に関しては英語wikiに専用ページが作られ、そこで詳しく纏められている。
http://mystcraft.wikia.com/wiki/Mod_Compatibility


◆v0.9.2.01以前においての競合情報
+  (クリックして開く)




コメント

コメントログ:MOD解説/MystCraft

コメント欄の運営・編集方針に関してはコメント欄方針を参照してください。
このコメント欄はwikiの情報充実のため、追記がしやすいよう設けた物なので、編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
編集に関わらない質問は一切受け付けておらず、一律して削除されます。
注意書きをよく読んだ上で、質問掲示板または非公式日本ユーザーフォーラムをご利用ください。
Wikiの運営に関連する話はWiki運営掲示板、雑談等は非公式日本ユーザーフォーラムにてお願いします。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。

  • gregtech最新版では鉱石辞書にdustDiamondと書いてあります。(gregもIC2も) - 名無しさん 2014-01-08 14:29:00
  • kふhkつくxkつkつkdk - 名無しさん 2014-02-19 15:21:52
  • 競合情報のときに紹介されている英語wikiのリンク切れてない?俺、なぜかmystcraftで追加された村人とアイテム交換しようとするとフリーズするから治したいのに - 名無しさん 2014-02-21 18:03:43
    • 1.62の時には同じように落ちたが、1.64の0.10.12.01 HotFixにしたら動いたので運用している - 名無しさん 2014-02-22 14:30:28
      • つまり、1.6.2は無理ということになるのか…うぐぐ - 名無しさん 2014-02-26 22:24:39
  • マルチでこのmod使えてる人居ますかね?インク瓶作ると落ちるんですけど・・・ - 名無しさん 2014-02-21 23:17:33
    • 1.64のマルチで0.10.12.01 HotFixを動かしている。itemIDをはじめとするほかのMODとの干渉を確認されたし - 名無しさん 2014-02-22 14:32:05
  • Oliveというシンボルを確認、試してみたらネザークォーツの修飾子だった。バグかどうかは謎 - 名無しさん 2014-03-08 19:12:28
    • すごいバカを言ってしまった、オリーブ色のことかよ・・・。あと水の色は変えられない色があるみたい。とりあえず銀は出来なかった - 名無しさん 2014-03-08 20:21:27
  • 転移門ですが、運動量の保存って現行でもあります?カートで色々試してみたんですが転移先で停止してしまいます。変更があった? - 名無しさん 2014-03-09 03:16:02
    • 試してみた感じ保存はしてないみたいね…運動量保持付けた所で無駄だった。 とはいえ軽くしか検証してないので疑問文で追記。他にもダイヤ粉に関する修正とか細かいところを色々と手直しをば - 名無しさん 2014-03-16 18:31:35
  • kfvyn tfgh - 名無しさん 2014-03-15 22:42:01
  • Forgeのとこがマニュアル導入になっています。はっきりいって古すぎでは? - 名無しさん 2014-03-23 13:37:15
  • forge multi part と競合しました - 名無しさん 2014-04-14 20:15:24
  • 豆腐craftと競合するのを確認しました。 - 名無しさん 2014-04-24 02:29:11
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム



アイテムデータ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他





カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ