MOD解説 > ForestryForMinecraft > 養蜂



養蜂について

養蜂箱(小)、ビーハウス

硬木の筐体
(Impregnated Casing)
原木8 + 種油1.00 + 1260MJ
養蜂箱(小)
(Apiary)
硬木の筐体1 + 木材5 + 木材の半ブロック3
ビーハウス
(Bee House)
各種巣板1 + 木材5 + 木材の半ブロック3
基本的に養蜂箱(小)と同じだが、
巣枠を設置できず、BuildCraftのパイプ等も接続できない。
更に、突然変異が起こらず、
蜂の寿命・樹木の受粉範囲が3倍になる効果がある。

生産速度は養蜂箱(大)の25%。
巣枠を1枚設置した養蜂箱(小)より若干多い程度。
MJ入力は不要だが、動作には以下の条件を全て満たす必要がある。
なお養蜂箱それ自体はガラスetc.と同じ透過ブロック扱いで、光を遮断も緩和もしない(=縦に積み重ねて設置可能)
また時間帯こそが重要なのであって明るさLvは無関係。
夜に人工照明で照らしても夜行性を持たない蜂は活動せず、居穴性しか持たない蜂は屋内でも夜になると活動停止する。
  • 該当スロットに女王蜂が置かれている。
  • そのバイオームの気温(寒暖)と湿度(乾湿)がその蜂の活動環境にマッチしている。
  • 活動範囲内(基本的に縦9x横9x高6)にその蜂が必要とする植物(花、サボテン、キノコetc.)が存在する(植木鉢上のも含む)
  • 時間帯が昼間(=直射日光の光量が12以上の時間帯)である(その蜂が夜行性を持っている場合、この条件は無視する)
  • 天候が晴れである(その蜂が雨耐性を持っている場合、この条件は無視する)
  • 養蜂箱の上方に光を遮断 or 緩和するブロックが一切無い(その蜂が居穴性を持っている場合、この条件は無視する)
【搬入】
(全面)各種蜂(Queen、Princess、Drone)
※(1)および(2)にだけ搬入される
【搬出】(木パイプ)
(全面)Princess蜂、Drone蜂、各種生産素材
※(4)に置かれたアイテムだけが搬出される
【側面チェスト】
×:無意味
【1】 ここにPrincess蜂、または女王蜂を置く。
【2】 ここにDrone蜂を置く。【1】にPrincess蜂が置かれていると交配が始まり、【1】に女王蜂が誕生する。
【3】 巣枠を置くスロット。最大3個まで置ける。パイプetc.での自動搬入はできず、手作業での交換しか出来ない。
【4】 女王蜂の生産素材や、蜂の子孫(Princess、Drone)が置かれるスロット。
【5】 エラーメッセージのタブ。クリックすると詳細が表示される。
【6】 その養蜂箱が置かれているバイオームの気温&湿度情報タブ。クリックすると詳細が表示される。
【7】 ヒントボックタブ。クリックすると具体的な情報が表示される。
【8】 オーナー情報タブ。その養蜂箱の設置者であるユーザー名が表示される。


◆養蜂箱のエラーメッセージ
画像 メッセージ 備考
No Queen 女王蜂が置かれていない。
Hostile environment そのバイオームはその蜂の活動に適していない。
→【蜂分析機(Beealyzer)】 →【生息環境指針(HabitatLocator)
No flowers その蜂が必要とする花が活動範囲内に存在しない。
→【蜂分析機(Beealyzer)
Not daytime 夜間のため活動休止中。(夜間=直射日光の光量がLv11以下の時間帯
夜行性持ちの蜂であれば夜の間も活動可能。なお、ネザーは常に夜の状態。
→【蜂分析機(Beealyzer)
Rain 悪天候のため活動休止中。雨・雪・雷雨、全てが該当。屋内でも影響を受ける。
雨耐性持ちの蜂であれば悪天候の間も活動可能。
→【蜂分析機(Beealyzer)
Sky obstructed 養蜂箱の上方に光を遮断or緩和するブロックが存在するため活動休止中。
居穴性持ちの蜂であればブロックを無視して活動可。
なお、ネザーでは常に天井は存在しないものとして扱われる。
→【蜂分析機(Beealyzer)


◆直射日光の遮断について
  • 丸石や土のような、光を完全に遮断するブロックは当然NG。
  • 葉ブロックや水源・水流のような、光を軽減し弱めるだけのブロックもNG。
  • ガラス、氷、グロウストーン、パイプ、RP2の分割ブロックのような、光を全く遮断しないブロックはOK。




巣枠

v1.5.0.0から「養蜂箱(大)」が追加された関係で、v1.4.8.6までの「養蜂箱(小)」の性能が弱体化された。
同じくv1.5.0.0で追加された「巣枠(Frame)」も入れておかないと、蜂がほとんどアイテムを生産しない。

ただし下方修正されるのはあくまでアイテムの産出量だけ。寿命の長さ、出産数、突然変異率、特殊効果などには影響しない。
  • 養蜂箱(小)+巣枠(種類問わず)0個 …… v1.4.8.6までの10%のアイテム生産量
  • 養蜂箱(小)+巣枠(種類問わず)1個 …… v1.4.8.6までの20%のアイテム生産量
  • 養蜂箱(小)+巣枠(種類問わず)2個 …… v1.4.8.6までの40%のアイテム生産量
  • 養蜂箱(小)+巣枠(種類問わず)3個 …… v1.4.8.6までの80%のアイテム生産量
  • 養蜂箱(大) …… v1.4.8.6までと同等(=100%)のアイテム生産量
普通の巣枠
(Untreated Frame)
糸1 + 木の棒8 → 1個
スタック不可。耐久値81。
硬木の巣枠
(Impregnated Frame)
糸1 + 硬木の棒8 → 1個
スタック不可。耐久値241。
秘伝の巣枠
(Proven Frame)
(養蜂家の村人とトレード)エメラルド1 → 秘伝の巣枠6
スタック不可。耐久値721。




養蜂の流れ

  • 「虫取り網」を使って野生の巣を壊すと、Princess蜂とDrone蜂が1匹ずつ手に入る。
  • Princess蜂とDrone蜂を養蜂箱に入れて交配させるとQueen蜂になる。
  • 花および活動に必要な環境が整っていると、Queen蜂は一定間隔でアイテムを生産する。
  • 最後にQueen蜂の寿命が尽きると、1匹のPrincess蜂と数匹のDrone蜂が生まれるので、それらを再び交配させる。
  • それを繰り返していき、品種改良を進めるのが基本の流れ。


◆注意点
  • 純血の同種同士を交配させ続ける限り、遺伝子の変動や突然変異は起こらない。
  • 違う品種の蜂同士を交配させると遺伝子の変動が起こり、特定の組み合わせでは稀に突然変異が発生する。
  • 誕生したQueenの遺伝子は、交配に使用したPrincessの遺伝子と全く同じになる。
  • Droneの遺伝子は、そのQueenが死亡時に産む子供の遺伝子にだけ影響し、Queenには直接影響しない。
  • 突然変異の発生判定は、交配時ではなくQueenの死亡時に、生まれる子供に対して起こる。
  • このためネザー限定の突然変異を起こす場合、まずネザーで活動できる(=ネザーで死ねる)Queenを作らなくてはならない。
  • Drone蜂はどんどん増えるが、Princess蜂の絶対数は代を重ねるだけでは増えない。
  • Princess蜂の絶対数を増やすには、野生の蜂をたくさん集めるか、養蜂箱(大)を構築して分蜂室に頼る必要がある。




野生で手に入る蜂(現在7種)

  • 蜂は、巣ブロックを「虫取り網」で破壊した時にしか手に入らない。
  • 「虫取り網」は耐久度が11しかない。蜂の巣ブロック以外を破壊しても耐久度が減るので、やたらめったら振り回さない事。
  • 蜂の巣ブロックは明かりLv12の光源として発光しているので、夜に探した方が見つけやすい。
Common科 Meadows蜂
「一部を除いたほぼ全て」のバイオームにて、
「草ブロックの上1マスが空気ブロック」であると、超低確率で置換配置。
Forest蜂以上に発見しやすく集めやすいが、性能は最低。
Common科 Forest蜂
「一部を除いたほぼ全て」のバイオームにて、
「葉ブロックの下1マスが空気ブロック」であると、超低確率で置換配置。
Meadow蜂よりも巣の生成条件が厳しく、
見通しが悪い場所に生成される事が多いので発見も困難。
ただしその分繁殖力が高く、稀に雨耐性を持つ個体も存在する。
Austere科 Modest蜂
「砂漠」バイオームにて、
「砂ブロックの上1マスが空気ブロック」であると、超低確率で置換配置。
砂漠は見通しが良いので、発見はそこまで難しくない。
巣板を遠心分離して得られるものはForest、Meadowsと全く同じだが、
野生にしては蜂の性能が優秀で、初期から夜行性を持っている。
Sinister蜂を作り出すのに必須な蜂でもあるので、交配での重要度が高い。
Frozen科 Wintry蜂
「タイガ」「ツンドラ」「凍った海洋」「凍った河川」バイオームにて、
「草ブロックの上1マスが雪タイル」であると、超低確率で置換配置。
巣板を遠心分離して得られるものはForest、Meadowsとほぼ変わらず、
唯一のユニーク採集物「結晶花粉」もそこまで重要な素材ではない。
Boggy科 Marshy蜂
「湿地」バイオームにて、
「草ブロックの上1マスが空気ブロック」であると、低確率で置換配置。
巣板を遠心分離して得られるものはForest、Meadowsと全く同じ。
それなりに見つけやすい上に気温/湿度の許容範囲が±1となっており、
基本種の中でも養蜂しやすい。
Tropical科 Tropical蜂
「ジャングル」バイオームにて、
「葉ブロックの下1マスが空気ブロック」であると、超低確率で置換配置。
野生蜂の中では最も巣の発生条件が厳しい。
おまけに見通しの悪い場所に生成されやすく、集めるだけで大変。
その分、巣板を遠心分離して得られるものは極めて貴重。
上の五種の蜂を育てても入手できない、「絹糸」や「プロポリス」が入手できる。
End科 Ender蜂
「ジ・エンド」ディメンションにて、
「ホワイトストーンの上1マスが空気ブロック」であると、低確率で置換配置。
「ジ・エンド」に辿り着く事さえできれば、そこら中にあるので取り放題。
遠心分離して得られる「脈打つプロポリス」は、
それ自体は「エンダーパール」への加工にしか使えないが、
通常プロポリスの代用として「色付きガラス」や「手紙」の作成にも流用できる。




蜂の活動に必要な花

  • 蜂の活動範囲内(多くの場合は養蜂箱を中心とした縦9x横9x高6)にこれらの花が1つ存在する必要がある。
  • 植木鉢に植えられたものも、地面の上に生えているものと同じように認識される。
  • 異種交配すると高確率で遺伝により遷移する。特に優性遺伝である「Flower」がその他の劣性遺伝を潰してしまいやすい。
  • 中には植物ですらないものを必要とする蜂もいるが、そういう仕様。
表記 画像 対応する花 備考
(優性)Flower 黄の花、赤の花 周囲に黄or赤の花が勝手に生えてくる。
(劣性)Cacti サボテン 増殖や成長促進は起こらない。
(劣性)Jungle ツタ、シダ 回収には大鋏が必要。増殖や成長促進は起こらない。
(劣性)Nether ネザーウォート ネザーウォートの成長を促進させる。
(劣性)Mushroom 茶キノコ、赤キノコ 増殖や成長促進は起こらない。
(劣性)End ドラゴンエッグ アイテム化させるにはピストンで押し出したり
設置した松明の上に落としたりする必要がある。
(優性)Wheat 小麦 未成長のものでも可。小麦の成長を促進させる。




蜂の生育環境

  • 個々のバイオームに応じて「気温」と「湿度」、2つのパラメータが設定されている。
  • 砂漠系&ネザー系の蜂は砂漠 or ネザーでしか、雪原系の蜂はツンドラ or タイガでしか活動できない。
  • それ以外の蜂は、基本的に(初期状態では)Normal気候のバイオーム(=森林・平原・山岳)で活動できるようになっている。
  • ただし迂闊な交配による遺伝の劣化で環境適応能力が落ちた場合、この限りではない。
  • IndustrialCraft2のテラフォーマーは、効果範囲内のバイオーム情報までは書き換えられないので使っても無意味。


◆デフォルトのバイオーム
【1】 乾燥 (Arid) 【2】 普通 (Normal) 【3】 多湿 (Damp)
【1】 寒帯 (Icy) ツンドラ、氷結川、氷結海
【2】 冷帯 (Cold) タイガ
【3】 温帯 (Normal) 平原、森林、山岳、海岸、川、海、ジエンド 沼地、キノコ島
【4】 熱帯 (Warm) ジャングル
【5】 砂漠 (Hot) 砂漠
【6】 地獄 (Hellish) ネザー


◆ExtraBiomesXLの追加バイオーム
+ (クリックして開く)

◆Biomes O' Plentyの追加バイオーム
+ (クリックして開く)




"Ignoble Stock"や"Pristine Stock"について

ver2.3.0.0より、捕獲した女王蜂に"Ignoble Stock"や"Pristine Stock"といった属性が付くようになった。

"Ignoble Stock"は分蜂室で増やした女王蜂と同じく、一定確率で消滅する。(最大20%)
消滅する確率は、巣板の設置数によって軽減できる。

これらの属性は雌蜂にのみ影響し、雄蜂に遺伝させても効果はなく、二次的に遺伝するような事もない。
つまり、"Ignoble Stock"等の属性は、代を重ねても変化しない。




交配関連情報

遺伝法則&遺伝可能な要素一覧

遺伝の法則は、基本的にメンデルの法則に則ったものとなっている。
→【外部リンク:Wikipediaの該当記事


次代に遺伝するのは「分析機」で確認される1&2ページ目の項目のほぼ全て。
ただし「原生気温(Climate)」と「原生湿度(Humidity)」、「生産するアイテム」だけは品種固有であり遺伝しない。
また突然変異が発生すると、変異後の蜂の初期遺伝子が強制上書きされる形で割り込む。

「分析機」で確認した際、左側に表示されるのが顕在因子(Active)で、右側に表示されるのが非顕在因子(Inactive)
活動中の女王蜂の性能は、生産アイテムの種類を除き、残りは全て顕在因子にだけ影響される。
(生産アイテムのみ、混血種は顕在品種の2/3+非顕在品種の1/3という比率になる)
それ以外においては、非顕在因子はもっぱら次代のDroneとPrincessへの遺伝においてのみ影響する。
→【蜂分析機(Beealyzer)


◆品種 (Species)
ブランチ 品種 画像 野生 説明
Common科 Meadow そこら中で簡単に巣が見つかる代わり、あらゆる意味で凡庸な性能の蜂。
遺伝させるだけの価値を持つ特質を何一つ持たない。
Forest Meadows蜂よりも巣の生成条件が厳しく見つけにくい代わり、有用な性能を持つ蜂。
繁殖力x3なだけでなく、8%の確率で雨耐性を持った個体までいる。
拡張アドオンを導入しない場合、雨耐性を手に入れるには唯一この蜂に頼るしかない。
Common × 巣ブロックから取れた野生蜂を適当に異種交配しているだけで勝手に出てくる蜂。
変異出現率がとても高いので、意識していなくても勝手に集まる。
Cultivated × 短命だが高性能な蜂。生産速度Fastはこの蜂からしか手に入らない。
Noble科、Industrious科、Infernal科の3科への派生にも必須となるので要求頻度も非常に多い。
Noble科 Noble × Noble科の下位種。ハニーデューが安定確保できるようになる。
Common&Cultivatedに対して劣性なので、鑑定するまで変異出現したかどうか判別できない。
Majestic × Noble科の中位種。ハニーデューの生産力に関してだけはImperialよりも上だが、
Imperial蜂がローヤルゼリーのついでに集めた滴る巣板だけで足りてしまったりするのが現実。
生産速度Normalも繁殖力x4も、どちらも劣性であるため中々顕在化させにくい。
Imperial × Noble科の上位種。養蜂箱(大)の作成に必須なローヤルゼリーを生産する唯一の蜂。
ローヤルゼリーは分蜂の際にも大量消費するため、v1.5.0.0から一気に重要性が増した。
特殊効果Beautificに関しては、まあ、なんというか、焼け石に水?
Industrious科 Diligent × Industrious科の下位種。通常プロポリスが安定確保できるようになる。
Common&Cultivatedに対して劣性なので、鑑定するまで変異出現したかどうか判別できない。
Unweary × Industrious科の中位種。通常プロポリスの生産力に関してだけはIndustriousよりも上だが、
Industrious蜂が花粉のついでに集める粘った巣板だけで足りてしまったりするのが現実。
Noble科のMajestic蜂と違って、繁殖力はx2のまま。
Industrious × Industrious科の上位種。養蜂箱(大)の作成に必須な花粉を生産する唯一の蜂。
花粉はスライムボールや植物栄養剤の作成に消費するので、何かと要求頻度が高い。
v1.5.0.0から追加されたFrozen科の上位種を変異作成するのにもこの蜂が必要。
Infernal科 Sinister × ネザー限定で変異出現する蜂。耐熱カプセルと溶岩が作り放題に。
ネザーでModest♀とCultivated♂を掛け合わせて作るのが一般的(変異出現率自体は高い)
変異がネザー限定なだけで、砂漠でなら地上世界でも比較的簡単に育てられる。
が、その場合は初期からあるであろう気温適性-2気温適性±1を消さないように。
危険な特殊効果を持つが、TropicalのPoison同様、防護服なしでも辛うじて何とかなる。
むしろ動物やモンスターにも無差別にダメージを与えるため、モブトラップにも流用できるほど。
Fiendish × ネザー限定で変異出現する蜂。灰が養蜂でも余るほど手に入るようになる。
これに限らずネザー系統の蜂は、なぜかアイテムの基礎産出量が他の蜂の2倍になっている。
SinisterとFiendishはどちらもFrugal蜂の変異に使えるが、変異率はFiendishを使った方が高い。
Demonic × ネザー限定で変異出現する蜂。グロウストーンダストを非枯渇資源にする凄い奴。
Austere蜂ほどではないが特殊効果が凶悪なので、育てるなら流石に防護服が欲しい。
この特殊効果も動物やモンスターにも無差別に効果があるため、利用価値がある。
Austere科 Modest 砂漠バイオームにさえ遭遇できれば簡単に大量確保できる割には、やたらと高性能な野生蜂。
夜行性は嬉しいし、Sinister、Fiendish、Frugal蜂を作る時にもお世話になる。Modestさまさま。
Frugal × 砂漠バイオームまたはネザー限定で変異出現する蜂。弟分のModestに比べて全く目立たず影が薄い。
今さら乾いた巣板が大量に手に入っても意味が無く、所詮はAustereへの通過点。
Austere × 砂漠バイオームまたはネザー限定で変異出現する蜂。火薬がPeacefulでも安定確保できるようになる。
フル装備の防護服なしでは近寄れない超危険な特殊効果を持つ蜂。
効果範囲内に防護服を着ていないプレイヤー(プレイヤー以外のモブは認識対象外)が居ると、
養蜂箱が確率で大爆発を起こす(ダメージ0、破壊力6.0、帯電クリーパーと同破壊規模)
v1.4.0.0から追加されたTropical科の上位種を変異作成するのにも必要。
Tropical科 Tropical 重要アイテムである「絹糸」の入手元だが、非常に巣ブロックの生成条件が厳しい野生蜂。
視界が悪いジャングルバイオームで、滅多に見つからない巣を延々探す必要がある。
交配で気温適性±1湿度適性-1が消えなければ、通常バイオームでも育成可能。
危険な特殊効果を持つが、毒でHPは0にならないので防護服なしでも辛うじて何とかなる。
上位種は相当品種改良を進めた後にならなければ入手できない。
Exotic × Tropical×Austereで出現。変異はバイオームに影響されない。
Frugal蜂と同様、今頃手に入ってももう遅く、Edenic蜂への繋ぎにしかならない影の薄い蜂。
Edenic × 活動中の蜂の近くに居るだけで、もりもり経験値が手に入る凄い特殊効果を持った蜂。
1匹だけでは効果が薄いが、数匹の効果を重複させると経験値Lv30とか簡単に溜まるように。
Frozen科 Wintry タイガ・ツンドラ・凍った川海etc.の寒冷バイオームでのみ巣ブロックが生成される蜂。
繁殖力+4を筆頭に、性能自体はModest蜂に劣らず野生蜂とは思えないほど高いのだが、
活動できる環境幅の狭さや固定化させにくい劣性遺伝の多さから実際には扱いが難しい。
上位種は相当品種改良を進めた後にならなければ入手できない。
Icy × v1.5.0.0から追加。Wintry×Industriousで出現。変異はバイオームに影響されない。
BuildCraftを導入しており、鉄エンジンを常用しているかどうかで価値が全く異なってくる蜂。
遺伝や特殊効果には見るべきものが無いので、鉄エンジンを一切使ってないなら全く必要ない。
Glacial × v1.5.0.0から追加。Wintry×Icyで出現。変異はバイオームに影響されない。
「氷柱」の基礎生産力が2倍になった以外、遺伝や特殊効果にはやはり見るべきものがない。
Boggy科 Marshy v1.4.6.0から追加された新たな野生蜂。巣ブロックは沼地バイオーム限定で比較的見つかる。
現在のバージョンでは上位種が存在しない。
環境適応に優れた遺伝子を持つ一方で生産力が低く、特筆すべき生産アイテムも持たない。
End科 Ender ジ・エンドでしか見つからないが、ジ・エンドにさえ行けば腐る程たくさんの巣が見つかる蜂。
活動に必要なドラゴンエッグのアイテム回収は面倒で、特殊なコツが要る。
活動範囲が11x8x11な一方、防護服なしではまず近寄れない凶悪な特殊効果を持つ。
ネザー蜂の倍の速度でダメージを受けるので、すぐ離れれば…と油断してると案外死ぬ。
脈打つプロポリスは色付きガラスや手紙の作成になら使えるため、あればあったで意外と便利。
Spectral × v2.2で追加。
Phantasmal × v2.2で追加。
Heroic科 Steadfast スポブロ部屋のチェストから、レコード並の超々々低確率でしか発見できない激レア蜂。
入手の困難さの割には見返りがパッとせず、苦労に対価が釣り合わない。
居穴性持ちだが上述の通り出現率が異様に低いため、実質Valiant任せになっている。
Valiant Ender蜂以外の野生の巣ブロックを破壊した際に、3%の確率で本来出るはずの蜂の代わりに出てくる蜂。
正直、カカオ豆と砂糖は別に養蜂以外でも安定確保できるので今さら要らない。
存在意義は居穴性だけにあり、これを他の蜂に移す為だけに居ると言ってもいい。
Heroic × 森林バイオーム限定で、Steadfast×Valiantを交配した時にだけ出現する。
でもこんな蜂を品種コンプ目的以外で求める人間なんていないだろう、それだけの誰得な蜂。
特殊効果Heroicは、ダメージが低すぎてAggressの方がまだマシという事態になっている。
Rural科 Rural × 草原バイオーム限定で、Diligent×Meadowsを交配した時にのみ変異出現する蜂。
上位種が存在せず、遺伝子や生産アイテム的にも凡庸。
存在価値は唯一、必要花Wheatがもたらす小麦成長促進効果ぐらいにしかない。
Festive科 Leporine × PC内時間が4/8~4/15の間だけ、Meadows×Forestの組み合わせで変異出現する特殊な蜂。
滑らかな巣板を生産するので、どうしてもTropical蜂が見つからない時の救済策用?
卵は普通に養鶏場+黒曜石パイプで十分、養蜂してまで入手する価値があるかは微妙。
Merry × v1.6.2.4で追加。12/21~27限定でWintry×Forestの組み合わせで変異出現する。
Tispy × v1.6.2.4で追加。12/27~1/2限定でWintry×Meadowsの組み合わせで変異出現する。
Vengeful科 Vindictive × v2.2で追加。それ以前もデータはあるが、内部的に品種がブラックリストに登録されるため出現しない。
Vengeful ×
Avenging ×
Reddened科 Darkened × アイテムデータ上にだけ存在する、未実装の蜂。
現状サバイバルモードでは入手するための手段が一切存在せず、
育てて得られる巣板を遠心分離して得られるアイテムにも、
これといった使い道が存在しないため、仮に手に入れても何のメリットも無い。
ただし設定ミスにより、養蜂家の村人とトレードをした際、
稀にこれらの蜂からしか得られない巣板が入手できてしまう事がある。
(使い道が無い以上、手に入れた所で全くの無駄ではあるが)
Reddened ×
Omega ×
Monastic科 Monastic × v2.2で追加。養蜂家の村人とのトレードで入手できる。
Secluded × v2.2で追加。
Hermitic × v2.2で追加。

◆寿命 (Lifespan)
全蜂に共通して一律550tick(27.5秒)毎に判定が訪れ、その度にアイテムが生成されるかの抽選が行われる。
夜や雨などで活動停止している間や、養蜂箱に入っていない状態の女王蜂はこのタイムカウントが中断し、寿命も減らない。
寿命が長い蜂とは、イコール寿命が尽きるまでの累計判定回数が多い蜂のこと。
寿命が長い蜂は世代交代の回転率が落ちるため、突然変異や遺伝を狙う場合は必ずしも長寿が有利にならない。
また、v1.5.0.0から追加された「巣枠(Frame)」の耐久値は生成判定1回毎に減るので、
長寿の蜂であるほど1匹の蜂が死亡するまでに減る巣枠の耐久値は多くなる(Shortestなら-10、Longerなら-60)
表記 判定回数 実時間換算 保有する蜂
(劣性)Shortest 10回 4分35秒 Cultivated
(優性)Shorter 20回 9分10秒 Forest、Meadows、Common、Marshy、Rural
(優性)Short 30回 13分45秒 Noble、Diligent、Modest、Tropical、Wintry、Icy、Glacial
(優性)Shortened 35回 16分02秒 Majestic、Unweary
(劣性)Normal 40回 18分20秒 Imperial、Industrious、Sinister、Steadfast、Leporine、Merry、Tispy
(劣性)Elongated 45回 20分38秒 (FFM本体には未だ存在しない)
(劣性)Long 50回 22分55秒 Fiendish、Frugal、Exotic、Valiant、Heroic
(劣性)Longer 60回 27分30秒 Demonic、Austere、Edenic、Ender、Spectral
(劣性)Longest 70回 32分05秒 Phantasmal



◆生産速度 (Speed)
速度に応じて、各蜂に個別設定されている各アイテムの基礎生産量(※マスクデータ)に補正が掛かる。
例えば、Meadows蜂の「巣板」の基礎生産力は0.45なので、寿命Shorter(判定回数20)、生産速度Slowest(補正x0.3)だと、
0.45x20x0.3により、寿命が尽きるまでの巣板の生産数の期待値はおよそ2.7個と求められる。
(実際にはこれに更に確率の揺らぎによるブレ幅が加わり、大体はおおよそ期待値の50%~150%の範囲に収まる)
(v1.5.0.0以降はその後更に巣枠による生産量補正を加えた数値が期待値になる)
なぜかFastが優性遺伝なので、これを遺伝させる目的でCultivatedの出番が多くなる。
表記 生産量補正 保有する蜂
(優性)Slowest x0.3 Forest、Meadows、Austere、Edenic、Marshy、Avenging、Phantasmal
(優性)Slower x0.6 それ以外全て
(優性)Slow x0.8 Valiant、Heroic
(劣性)Normal x1.0 Majestic、Unweary、Fiendish、Frugal、Exotic、Vengeful
(優性)Fast x1.2 Cultivated
(劣性)Faster x1.5 (FFM本体には未だ存在しない)
(劣性)Fastest x2.0 (FFM本体には未だ存在しない)



◆受粉速度 (Pollin.)
各蜂に設定されている活動に必要な花の成長促進の確率。
表記 確率 保有する蜂
(優性)Slowest 5% それ以外全て
(劣性)Slower 10% Forest、Meadows、Marshy
(劣性)Slow 15% Diligent
(劣性)Average 20% Sinister、Fiendish、Demonic
(劣性)Fast 25% Industrious
(劣性)Faster 30% Rural、Monastic
(劣性)Fastest 35% Secluded、Hermitic
※ 正しくは花粉収集力(樹木交配をしない場合は巣板以外の生産物の生産量にかかわる数値)


◆繁殖力 (Fertility)
ほとんどの蜂がx2で、x3~x4を所持している蜂は2~3種類しかいない。
影響するのは産み落とされるDroneの数に関してだけで、Princessの数は常に1匹で固定であるため、
多産の蜂を少数精鋭で育てるよりは、素直に養蜂箱とPrincessの数を増やし、同時育成数を増強した方が良かったりする。
突然変異した直後など希少な遺伝子を持つDroneを繁殖力の高いPrincessと交配することで次世代に遺伝子を残す確率を高められる。
表記 保有する蜂 備考
(優性)x1 Ender、Spectral、Phantasmal、Monastic、Secluded、Hermitic 女王蜂の死亡時、Princessが1匹、Droneが1匹生まれる。
(優性)x2 それ以外全て 女王蜂の死亡時、Princessが1匹、Droneが2匹生まれる。
(劣性)x3 Forest 女王蜂の死亡時、Princessが1匹、Droneが3匹生まれる。
(劣性)x4 Majestic、Wintry 女王蜂の死亡時、Princessが1匹、Droneが4匹生まれる。
※ Ender蜂は v2.2から x2 → x1 に変更



◆活動範囲 (Area)
もちろん広いには越した事が無いが、わざわざ遺伝させるほどでもない。
養蜂箱(大)で育てた場合、範囲が倍化する点に注意が必要。
表記 保有する蜂 備考
(劣性)9x6x9 それ以外全て 養蜂箱(小)を中心として、東西南北には+4マス、上に+2マス、下に+3マス
養蜂箱(大)の三段目の中枢から、東西南北には+8マス、上に+5マス、下に+6マス
(劣性)11x8x11 Ender、Spectral、Phantasmal 養蜂箱(小)を中心として、東西南北には+5マス、上に+3マス、下に+4マス
養蜂箱(大)の三段目の中枢から、東西南北には+10マス、上に+7マス、下に+8マス
(劣性)13x12x13 (FFM本体には未だ存在しない) 養蜂箱(小)を中心として、東西南北には+6マス、上に+5マス、下に+6マス
養蜂箱(大)の三段目の中枢から、東西南北には+12マス、上に11マス、下に+12マス
(劣性)15x13x15 Vindictive、Vengeful、Avenging 養蜂箱(小)を中心として、東西南北には+7マス、上下には+6マス
養蜂箱(大)の三段目の中枢から、東西南北には+14マス、上下には+12マス
※v1.7から 9x3x9 → 9x6x9 に変更



◆特殊効果 (Effect)
本当に危険なのはFlammable、Creeper、Endsぐらいで、PoisonやAggressは防護服なしでも凌げる場合が多い。
特筆すべきはExplorerだが、これを所持する蜂まで到達するのは死ぬほど大変。
表記 効果 保有する蜂
(優性)None 何の効果もない。 それ以外全ての蜂
(劣性)Beatific 活動範囲内にいると、中確率で持続回復Lv1のポーション効果(5秒)
(1.25秒毎にHP0.5回復、プレイヤーのみをターゲット)
Imperial
(劣性)Heroic 活動範囲内にいる全対象に、2秒間隔でAP貫通する1.0ダメージを与える。
ただしモンスターだけをターゲットとする。
Heroic
(劣性)Flammable 活動範囲内にいると、中確率で炎上状態になる(1秒毎に0.5ダメージ)
この炎は時間経過では消えない。また動物やモンスターにも効果を及ぼす。
さすがに水で消え、水中では炎上しないので巣の近く作った池の中で作業すると防護服いらず。
Demonic
(劣性)Poison 活動範囲内にいると、低確率で毒Lv1のポーション効果(40秒)
(1.25秒毎に0.5ダメージ、プレイヤーのみをターゲット)
Tropical、Exotic
(劣性)Explorer 活動範囲内にいると、一定間隔でExpが得られる。
効果は重複し、複数の効果範囲が重なるとみるみるExpが溜まる。
Edenic
(劣性)Freezing 活動範囲内にある水源・水流ブロックが低確率で氷に変わる。
寒冷バイオーム以外の土地かつ天気が晴れの時でも起こる。
Wintry、Icy、Glacial
(優性)Aggress 活動範囲内にいる全対象に、2秒間隔でAP貫通する2.0ダメージを与える。
プレイヤー、動物、モンスターを無差別にターゲットとする。
Sinister、Fiendish
(優性)Creeper 活動範囲内にプレイヤーがいると、中確率で養蜂箱が爆発。
ダメージは無いが爆発力6.0、帯電クリーパーの破壊規模に匹敵。
Austere
(優性)Ends 活動範囲内にいる全対象に、1秒間隔でAP貫通する2.0ダメージを与える。
ただしプレイヤーだけをターゲットとする。
Ender
(劣性)Snow 詳細不明 Merry
(劣性)Drunkard 詳細不明。何らかのポーション効果付与? Tispy
(優性)Reanimation v2.2で追加。範囲内にアイテムが落ちているとそれを媒介にモンスターがスポーンする。
それぞれ対応モンスターが違う。
Spectral
(優性)Resurrection Phantasmal
(劣性)Repulsion v2.2で追加。範囲内にモンスターが近づかない? すでに気づかれている場合は無効。 Hermitic
(優性)Radioact. 詳細不明。何らかのダメージ効果? Vindictive、Vengeful、Avenging



◆環境適応力(気温&湿度)
劣性の±2系列よりも、優性の±1系列の方が、±0に対しての優越性という点では扱いやすい。
そもそもネザー系の蜂は±2をつけてすら(Warmがジャングルしかない関係で)砂漠とネザー以外では育成できず、
Wintry系統の蜂も、わざわざEdenic蜂から±2を引っ張ってきてまで通常バイオームで育てる価値があるかと問われると微妙。
表記 気温 湿度
(劣性)±0 それ以外全ての蜂 それ以外全ての蜂
(優性)+1 Wintry、Icy、Glacial、Ender、Spectral、Phantasmal Modest、Frugal、Austere
(優性)-1 Tropical、Exotic、Edenic
(優性)±1 Modest、Frugal、Austere、Tropical、Exotic、Marshy、Monastic Marshy、Leporine、Merry、Tispy、Monastic
(劣性)+2
(劣性)-2 Sinister、Fiendish、Demonic
(劣性)±2 Edenic、Leporine、Merry、Tispy


◆環境適応力(昼行性・夜行性・雨耐性・居穴性)
夜行性も雨耐性も、通常プレイ時ならベッドで寝ることで解消できるので付着に拘る必要性は薄いが、
PCつけっ放しで放置プレイとかするなら両者ともほぼ半必須(ベッドで寝ない場合、雨は一度降り出したら中々降り止まない)
表記 記述 説明
(劣性)Diurnal 昼行性 v2.2から追加。今のところ全ての蜂が初期所持しているため気にする必要がない。
遺伝要素として内部データが保持されておらず項目として表示されているだけ。
(劣性)Nocturnal 夜行性 Modest系、Nether系、Heroic系など多くの蜂が初期所持しており、比較的気軽に付けられる。
この特性を所持していると、夜間(=直射日光の光量がLv11以下の時間帯)でも蜂が活動できる。
たとえ「居穴性」持ちの蜂を松明やグロウストーンで育てているような場合でも、
外が夜の間はこれを所持していないと蜂の活動が停止する。
(劣性)Flyer 雨耐性 野生のForest蜂が8%の確率で持っている。
この特性を所持していると、晴れ以外の悪天候時にも蜂が活動できるようになる。
滅多に所持している蜂が手に入らないので、継承させるのが難しい。
たとえ「居穴性」持ちの蜂を屋内で育てているような場合でも、
外が悪天候の間はこれを所持していないと蜂の活動が停止する。
(劣性)Cave 居穴性 洞窟系の蜂が初期所持している。
この特性を所持していると、天井に光を遮るブロックがあっても蜂が活動できるようになる。
なお、ネザーは常に天井が無いものと扱われるので「居穴性」が無くても別に問題ない。




各蜂の能力値&突然変異の詳細

+ ネタバレにつき折りたたみ



養蜂関連の用具&装置類

蜂分析機

「ハニードロップ」または「ハニーデュー」を消費し、蜂の詳細情報を鑑定するためのツール。
未鑑定状態の蜂は表示が<Unknown>となっており、アイコンから推察できるおおよその品種しか判別できない。
生息環境や寿命、生産アイテムなど、その蜂に関する全ての情報を確認する事ができる。
基本的な使い方
右上のスロットは燃料置き場。
ハニードロップまたはハニーデューが使える。
蜂を1匹分析するたびに1つ消費する。

2段目のスロットは検査したい蜂の投入口。
蜂を投入後、下の4スロット(I~IV)に蜂を置くと
ページに対応した情報を確認できる。
(この際、蜂蜜は消費しない)
I:一般的な情報
画面上欄
Active 顕在因子。表だって現れる特徴。
Inactive 非顕在因子。潜在・埋没し遺伝にだけ影響する特徴。
画面左欄
Species 蜂の品種。
Lifespan 蜂の寿命。
Speed 素材の生産速度。
Pollin. 花の成長促進の速度
Flowers 蜂の活動に必要な花の種類。→詳細は【生育環境】にて
Fertility Drone蜂の産まれる数。
Area 行動範囲。この範囲内に花が存在する必要がある。
また、特殊効果(Effect)の有効範囲でもある。
Effect 毒やダメージなどの特殊効果。
範囲内にプレイヤーがいれば効果を発揮する。
一部のはプレイヤー以外にも有効。
文字色
赤字 優性遺伝子である事を示す。
青字 劣性遺伝子である事を示す。
II:生息環境
画面上欄
Active 顕在因子。表だって現れる特徴。
Inactive 非顕在因子。潜在・埋没し遺伝にだけ影響する特徴。
画面左欄
Climate 生息における適温。→詳細は【生育環境】にて
Temp,Tol, 気温の許容範囲。範囲外のバイオームでは活動不可。
Humidity 生息における適正湿度。→詳細は【生育環境】にて
Humid,Tol, 湿度の許容範囲。範囲外のバイオームでは活動不可。
Diurnar 昼行性。現在は常にYesのため効果不明
Nocturnal 夜行性。Yesなら夜間でも活動できる。
Flyer 雨耐性。Yesなら雨が降っていても活動できる。
Cave 居穴性。Yesなら天井があっても活動できる。
文字色
赤字 優性遺伝子である事を示す。
青字 劣性遺伝子である事を示す。
III:生産物
Possible
Produce:
通常生産素材。
その蜂が混血の場合は純血と比べ、
Active側は2/3、Inactve側は1/3
に本来よりも生産量がダウンする。
Possible
Speciality:
特殊生産素材。
ここに表示されるアイテムは
その種がActive側の時のみ生産される。
IV:突然変異
Possible
Mutations:
発見済みの突然変異。
基本的に、養蜂チェストで確認できるものと同じ。
V:分類
Classification: 生物学的な分類を表示。
Authority: 作者と蜂の説明。



設置型分析器

設置型のマシン。MJ入力は不要。
液体蜂蜜を消費し、自動で蜂の分析を行ってくれる機械。1匹分析する毎にバケツ0.1杯分の液体蜂蜜を消費。
蜂の鑑定をパイプライン内で完結させ、鑑定込みで養蜂を全自動化したい場合に使用する。
ただし実際に鑑定された情報をより詳しく見るには、別途「蜂分析機(Beealyzer)」で再確認する必要がある。
(既に分析済みなので、この際にハニードロップは消費しない)
【搬入】
(全面)各種蜂、液体蜂蜜入り容器
(全面)液体蜂蜜
※これら以外を搬入すると溢れる
【搬出】(※木パイプ)
(全面)分析済みの蜂
【側面チェスト】
×:無意味
【1】 分析前の蜂を置くスロット。
【2】 液体蜂蜜の貯蔵ゲージ。1匹分析毎に0.1消費。最大でバケツ10杯分まで入る他、使い捨て容器での搬入も可能。
【3】 分析完了後の蜂が置かれるスロット。




遠心分離機

設置型のマシン。MJ入力が必要(入力限界5MJ/t、精製1回に500MJ、最大効率でも精製1回に5秒)
蜂が生産する「巣板」や「プロポリス」を遠心分離し、様々なアイテムを抽出する機械。
【搬入】
(全面)巣板
【搬出】(※木パイプ)
(全面)遠心分離後のアイテム
【側面チェスト】
×:無意味
【1】 ここに巣板を置く。1スタック64個しか置けない。隣のメーターは分離作業の進行度合いを示す。
【2】 ここに分離後の精製結果アイテムが置かれる。パイプを使って自動搬出するには木パイプ(+エンジン)が必要。


◆遠心分離機の産出物一覧
名前 画像 説明
野生蜂のみで手に入る
巣板
(Honey Comb)
Forest、Meadow、Common、Cultivated蜂が採集。
【100%】 蜜蝋(Beewax)
【90%】 ハニードロップ(Honey Drop)
乾いた巣板
(Parched Comb)
Modest、Frugal、Austere蜂が採集。
【100%】 蜜蝋(Beewax)
【90%】 ハニードロップ(Honey Drop)
苔むした巣板
(Mossy Comb)
Marthy蜂が採集。
【100%】 蜜蝋(Beewax)
【90%】 ハニードロップ(Honey Drop)
凍った巣板
(Frozen Comb)
Wintry、Icy、Glacial、Merry、Tipsy蜂が採集。
【80%】 蜜蝋(Beewax)
【70%】 ハニードロップ(Honey Drop)
【20%】 雪球(Snow Ball)
【20%】 結晶花粉(Crystalline Pollen)
滑らかな巣板
(Silky Comb)
Tropical、Exotic、Edenic蜂が採集。
【100%】 ハニードロップ(Honey Drop)
【80%】 滑らかなプロポリス(Silky Propolis)
滑らかなプロポリス
(Silky Propolis)
【60%】 絹糸(Silk Wisp)
【10%】 プロポリス(Propolis)
プロポリス
(Propolis)
IC2も導入している場合のみ作成可能
【100%】 ゴム樹液(Resin)
カカオ色の巣板
(Cocoa Comb)
Steadfast、Valiant、Heroic蜂が採集。
【100%】 蜜蝋(Beewax)
【50%】 カカオ豆(Cocoa Beans)
謎の巣板
(Mysterious Comb)
Ender、Spectral、Phantasmal蜂が採集。
【100%】 脈打つプロポリス(Plusating Propolis)
【40%】 ハニードロップ(Honey Drop)
Mellow Comb Monastic、Secluded、Hermitic蜂が採集。
【60%】 ハニーデュー(Honeydew)
【20%】 蜜蝋(Beewax)
【30%】 ネザー水晶(Nether Quartz)
品種改良が必要
滴る巣板
(Dripping Comb)
Noble、Majestic、Imperial蜂が採集。
【100%】 ハニーデュー(Honeydew)
【40%】 ハニードロップ(Honey Drop)
粘った巣板
(Stringy Comb)
Diligent、Unweary、Industrious蜂が採集。
【100%】 プロポリス(Propolis)
【40%】 ハニードロップ(Honey Drop)
煮えたぎる巣板
(Simmering Comb)
Sinister、Fiendish、Demonic蜂が採集。
【100%】 耐火蜜蝋(Refractory Wax)
【70%】 燐光体(Phosphor)x2
粉だらけの巣板
(Powdery comb)
Austere蜂が採集。
【90%】 火薬(Gunpowder)
【20%】 蜜蝋(Beewax)
【20%】 ハニードロップ(Honey Drop)
小麦製の巣板
(Wheaten comb)
Rural、Monastic蜂が採集。
【80%】 小麦(Wheat)
【20%】 蜜蝋(Beewax)
【20%】 ハニードロップ(Honey Drop)




養蜂チェスト&養蜂バックパック

蜂だけしか入れられないが、125スロット分の収納枠を持つ養蜂専用のチェスト&バックパック。
蜂のコンプ状況の情報こそ共有されるが、
個々のチェスト&バックパックは個別にインベントリを持ち、複数個を設置して利用する事が可能。
ただしバックパックを2個同時に使用するのは、インベントリ上書きバグの存在により非常に危険。
蜂はスタック不可能であるが故に収納枠を圧迫しがちなので、なるべくこれらのチェスト&バックパックで管理したい。


チェストに関しては、パイプやチューブでのアイテム搬入&搬出が普通にできる。
バックパックには他のバックパック同様に、以下の効果を持つ。
(最初から既にアイテムスロットが125もある関係で、強化バックパックは存在しない)
  • バックパックを手に持った状態でチェストをShift+右クリックすると、バックパック内のアイテムを一括収納。
  • バックパックを手に持った状態でチェスト以外をShift+右クリックすると、バックパックのモードを変更。
    • LOCKED:ドロップアイテム状態の蜂を拾った際の自動収納を行わない。
    • RECEIVING:手に持ってチェストをShift+右クリックで、対象チェスト内の全蜂を収納限界までバックパックに取得。
    • RESUPPLY:手に持ってチェストをShift+右クリックで、パックパック内の蜂を収納限界まで対象チェストに収納。
【搬入】
(全面)各種蜂のみ
【搬出】(木パイプ)
(全面)各種蜂のみ
【側面チェスト】
×:無意味




養蜂パイプ

パイプの一種。BuildCraft導入時のみ作成可能。
養蜂専用のダイヤパイプ。蜂の品種や所持特性も認識して分別する。
色分けされたパイプの出口ごとに条件を指定してやると、それを満たしている出口に(複数個ある場合はランダムに)送る。
ただしBuildCraftのダイヤパイプ同様、隣にチェスト等がある場合はそちらに優先して送る。
また金パイプの効果も持っており、レッドストーン入力がされていなくても自動で通過アイテムの搬送スピードを加速する。
なお、条件を満たすパイプがない場合はこぼれるので注意。
【1】条件の設定
Closed 蜂の品種指定は無意味。
その色の方向には一切のアイテムを通さない。
Anything 蜂の品種指定は無意味、認識されない。
その色の方向には蜂を含めた全てのアイテムを通す。
ただし他にItemやBeeを指定した出口がある場合、常にそれらが優先される。
(ダイヤパイプでいうアイテム未指定出口、「残り全て」扱い)
Items 蜂の品種指定は無意味。
蜂以外のアイテムのみを通す。
Any Bees Drone、Princess、Queenを通す。品種が指定されている場合はその組み合わせの蜂のみ通す。
Anythingと違い、仕分けの優先順位は他の蜂条件と同率。
Drones Droneのみを通す。品種が指定されている場合はその組み合わせの蜂のみ通す。
Princesses Princessのみを通す。品種が指定されている場合はその組み合わせの蜂のみ通す。
Queen Queenのみを通す。品種が指定されている場合はその組み合わせの蜂のみ通す。
Pure-Bred Bees 純血種(=品種の顕在因子&非顕在因子が同一)の蜂のみを通す。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。
Nocturnal Bees 夜行性の因子を保有している蜂を通す。顕在・非顕在は問わない。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。
Pure Nocturnal Bees 完璧な夜行性(=顕在&非顕在が両方とも夜行性Yes)の蜂のみを通す。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。
Strong Flyers 雨耐性の因子を保有している蜂を通す。顕在・非顕在は問わない。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。
Pure Flyers 完璧な雨耐性(=顕在&非顕在が両方とも雨耐性Yes)の蜂のみを通す。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。
Cave-Dwellers 居穴性の因子を保有している蜂を通す。顕在・非顕在は問わない。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。
Pure Cave-Dwellers 完璧な居穴性(=顕在&非顕在が両方とも居穴性Yes)の蜂のみを通す。
品種も指定されている場合はその品種の蜂のみ通す。

【2】品種の指定
【1】に蜂関連の条件を指定した場合のみ有効。
横2列が1セットで、左側に顕在因子(Active)、右に非顕在因子(Inactive)を指定する。
左側だけ指定した場合は顕在因子(Active)、
右側だけ指定した場合は非顕在因子(Inactive)だけを仕分け条件としつつ分別する。
ただしPure-Bred Bees条件に限り、片方の指定だけで条件固定。
1ラインにつき3種類までの組み合わせが設定でき、いずれか1つの条件に当て嵌った蜂を通す(AND条件でなくOR条件)




生息環境指針

「ハニードロップ」または「ハニーデュー」を消費し、その蜂の生息に適したバイオームを提示する。
鑑定を終えると対応バイオームが明るく表示され、コンパスの指し示す座標も近くの該当バイオームにセットされる。
あくまで適応バイオームを指し示すだけで、近くの巣の在処を示すコンパスではない。
【1】 ここに「ハニードロップ」または「ハニーデュー」を置く。
【2】 ここに蜂を置く(未鑑定でも構わない)
【3】 バイオーム表示欄。鑑定後に生息に適したものが明るく表示される。




注入器

「蜂蜜酒」と「素材」を合わせ、回復アイテムを調合する。
現在のバージョンでは得られる効果が解毒しかないため、使う意義はあまりない。
【1】 ここに「蜂蜜酒」を置く。
【2】 【1】と【3】に必要な素材を置くと、ここに完成品が置かれる。
【3】 ここに調合素材を置く。複数種のアイテムが置かれている場合、それら全てを1個ずつ消費する。
※全ての素材を置くと、即座に調合が実行される。


◆効能一覧
調合素材 画像 効能 備考
結晶花粉(Crystalline Pollen) AntidoteII 50%の確率で(良性・悪性を問わず)全ての状態変化を治療する。
花粉(Pollen) AntidoteIII 100%の確率で(良性・悪性を問わず)全ての状態変化を治療する。




養蜂箱(大)

出現させるためには、まずは「蜜色の巣箱(Alveary Block)」を27個と、ハーフブロック(種類問わず)を9個用意する必要がある。
硬木の筐体
(Impregnated Casing)
原木8 + 種油1.00 + 1260MJ
蜜色の板材
(Scented Paneling)
木材3 + 蜜蝋2 + ローヤルゼリー1 + 花粉1 + 蜂蜜0.50 + 1260MJ
蜜色の巣箱
(Alveary Block)
硬木の筐体1 + 蜜色の板材8


作成した蜜色の巣箱x27とハーフブロックx9を下図のように並べると、一拍置いて設置したブロックが養蜂箱(大)に変化する。
構成ブロックのどれか一つでも欠けると再びただのブロックの集合に戻ってしまい、内部にあったアイテムも零れる。


巣箱x27の上のハーフブロックの種類はどれであっても構わない。
またこれらのハーフブロックは光を遮断 or 緩和するブロックとしては扱われない。


動作条件は養蜂箱(小)と同じだが、以下の点で異なる。
  • 養蜂箱(小)と違い、巣枠を使わなくても常に100%の生産効率。
  • 養蜂箱(大)の上に光を遮断 or 緩和するブロックがあるかどうかの判定は、縦3x横3範囲の上方全てに対して行われる。
  • 蜂の活動範囲が養蜂箱(小)で育てた時と比べておよそ2倍に拡大する。
  • 明るさLv12の光源効果を持ち、常時発光している。
【搬入】
(全面)各種蜂(Queen、Princess、Drone)
※(1)および(2)にだけ搬入される
【搬出】(木パイプ)
(全面)Princess蜂、Drone蜂、生産素材
※(3)に置かれたアイテムだけが搬出される
【側面チェスト】
×:無意味
【1】 ここにPrincess蜂、またはQueen蜂を置く。
【2】 ここにDrone蜂を置く。【1】にPrincess蜂が置かれていると交配が始まる。
【3】 Queen蜂の生産素材や、蜂の子孫(Princess、Drone)が置かれるスロット。




分蜂室

設置型のマシン。MJ入力は不要。
「養蜂箱(大)」のアタッチメントで、養蜂箱(大)を構築する際に「蜜色の巣箱」と置き換える形で配置できる。
ただし3x3x3範囲の27個のうち、中段および下段の外周部分16個しか置き換えられない。


女王蜂の誕生直後+アイテム生成判定の到来毎に、置かれたローヤルゼリーを1個消費して分蜂を試みる。
(寿命Shortestなら死亡までにチャンス11回、Shoterなら21回)
分蜂の成功率は低く1%にも満たないが、複数個の分蜂箱があればその分だけ判定回数も累積するので、
16個の分蜂箱全てにローヤルゼリーを搬入しておけば、14%程度までなら分蜂の成功率を上昇させる事はできる。
(ただしその分判定1回毎に16個消費、ローヤルゼリーは凄まじい勢いで減っていく)
分蜂に成功すると、養蜂箱(大)を中心とした縦65x横65x高33の範囲内のどこかに、焦茶色の巣ブロックが生成される。
これを虫取り網で破壊すると、分蜂元の女王蜂と全く同じ遺伝子を持ったPrincessが1匹ドロップする。


代を重ねただけでは数を増やす事の出来ないPrincessの数を増やせる、
それもFastや雨耐性や居穴性がついた状態のPrincessをそのまま複製増殖できる貴重な装置だが、
分蜂された蜂は、必ず"Ignoble Stock"になる。 【参考】"Ignoble Stock"や"Pristine Stock"について
(v2.2.8.4以は、代わりに下図のような[-]マークが付記されていた。)


【搬入】
(全面)ローヤルゼリー
【搬出】不可
【側面チェスト】
×:無意味
【1】 ローヤリゼリー置き場。ローヤルゼリーしか置けない。養蜂箱(大)本体とは別個にパイプで搬入できる。




蜂用暖房&蜂用冷房

設置型のマシン。MJ入力が必要(入力限界5MJ/t、稼動維持に2.5MJ/tより大の入力維持が必要)
分蜂室と同じく、養蜂箱(大)の構築ブロックの1つとして使えるが、それとは独立した装置として扱われる。
GUIは持たないがMJ入力を受けつけ、1tickに2.5MJ消費し、養蜂箱(大)内の気温を1段階上げ下げする作用を持つ。
(入力ムラや減衰も考慮するなら入力は3.0MJ/tを推奨)
内部ストレージの容量が250MJと比較的大きいので、直付け設置でも種オイル以上の出力なら安定動作する。


同時に2個稼動させれば2段階、3個稼動させれば3段階、養蜂箱(大)内の気温を上げ下げできるが、
上昇させられるのはHot(5)まででHellish(6)にはできず、
同じく下降させられるのはCold(2)まででIcy(1)にはできないようになっている。
ただしそれでも、それぞれの蜂の環境適性を加味すれば、ほとんどの蜂が通常バイオームで育成できるようになる。


 - No Graphical User Interface -  【動作に必要なMJ】 1tickにつき2.5MJ
【入力限界(Eパイプ)】 5MJ/t
【入力限界(直付け)】 100MJ/pstn
【内部の一時ストレージ】 250MJ
 - No Graphical User Interface - 



テクニック・配管サンプル

養蜂家の家&養蜂家(村)

v1.5.0.0から追加。それ以前のバージョンでは出現しない。
MOD導入後に新しく生成された村において、一定確率で配置される(かもしれない)追加民家。
庭先には養蜂箱(小)が2個設置されており、
中には「巣枠」および「Princess蜂、Drone蜂」(巣箱の生成直後に交配に入るため通常は女王蜂)が入っている。

巣枠は3つの枠ごとに以下の確率で有無が抽選される。
枠有り(60%):種類は3つからランダム(1/3)で決まる。
枠無し(40%)

Princess蜂およびDrone蜂の種類は以下のグループの中から巣箱のある育成環境に適合した蜂が抽選される。
グループ1(80%):Forest(雨耐性無し)、Meadows、Modest、Marshy、Wintry、Tropical
グループ2(20%):Forest(雨耐性有り)、Common、Valliant
ただし、抽選されたグループの蜂全てが巣箱のある生育環境に不適合の場合はグループ1の中から再抽選される。

新しいワールドで開始した直後に遭遇できれば非常においしい。
(村が新規生成された直後に直行すれば、まだ活動中の女王蜂の姿を養蜂箱の中に見ることもできる)


また、セットでスポーンする養蜂家とは、養蜂関連のアイテムをトレードする事ができる。
・小麦x2 → 巣板x1(種類はランダム)
・エメラルドx1 → 秘伝の巣枠6
・Princess蜂x1(種類を問わず) → エメラルドx1
・原木x24(種類はランダム) → 養蜂箱(小)x1
・エメラルドx12 + Princess蜂x1(種類問わず) → Monastic蜂のDrone x1


養蜂の自動化


紫色のパイプは、BuildCraftのアドオン、Additional Pipesの挿入パイプ改。
追加アドオンに頼る必要があるものの、単純な配管で無限に回す事ができる。
複数の巣箱を横に並べる場合は、1マス離さないとパイプが繋がってしまうので注意。

追加アドオンに頼りたくない場合、代わりに養蜂パイプを使い、
巣箱側の設定を"Bee"、生産物を送る側を"Anything"、それ以外を"Closed"にすることで同じ働きが期待できる。
なお、RP2のチューブだと適切な投入口に蜂を入れる機能が働かず、配管が複雑になるのでお勧めできない。

養蜂パイプを利用し、配管を工夫する事で突然変異の自動化もある程度は可能だが、
配管が複雑になるので、手動で狙った方が楽な位かも知れない。


◆参考:大量設置する場合の配置例
+ (クリックして開く)



コメント

コメントログ:MOD解説/ForestryForMinecraft/養蜂

コメント欄の運営・編集方針に関してはコメント欄方針を参照してください。
このコメント欄はwikiの情報充実のため、追記がしやすいよう設けた物なので、編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
編集に関わらない質問は一切受け付けておらず、一律して削除されます。
注意書きをよく読んだ上で、質問掲示板または非公式日本ユーザーフォーラムをご利用ください。
Wikiの運営に関連する話はWiki運営掲示板、雑談等は非公式日本ユーザーフォーラムにてお願いします。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。

  • FFM ver2.2.6.2にて確認しできた、蜂分析機にて表示される項目が増えているものを追加しました。  追加項目は、「Pollin.」「Diurnar」「分析内容その5」です。UI画面写真などは以前のまま。 - chiyo 2013-06-02 06:40:45
  • 上で指摘されてるように表組みが簡単に手出しできないくらい複雑になっているのでどうにかしたいところ。@wikiのプラグイン一覧を見るとGoogleスプレッドシートを埋め込むプラグインがあるようなので、それを使った方が編集しやすくなるかも。ついでにソートとかもできるようになって閲覧者側から見てもメリットが有る。 - 名無しさん 2013-06-02 07:20:55
  • v2.2.8.3でやってるけど、Vindictiveへの突然変異は起こらないようです。情報求む。 - 名無しさん 2013-07-16 12:38:02
  • 2.2.8.4追加のEscritoireとかいうので神経衰弱みたいなゲームが楽しめる、蜂を投入して周り6マスに3種類の蜂が配置されるのでクリックして合わせるだけ、クリアで設置した蜂の変異情報と巣板が、設置した蜂とは別に2匹別に蜂を消費すると2枚だけランダムで見れるみたいだ - 名無しさん 2013-07-20 22:56:28
  • 養蜂箱のインベントリがいっぱいの状態で蜂のサイクルを終え、ログアウトなりすると溢れて表示されてない分が消えるよね? 最初は[-]付だったのかとかんちがいしてた、養蜂(大(じゃないのに - 名無しさん 2013-07-28 23:16:58
    • 消えますね。マルチで確認 - 名無しさん 2014-04-29 06:13:32
  • 蜜色の板材のレシピの画像、よく見たら金塊? - 名無しさん 2013-09-19 21:25:04
  • 2.3.0.5でCreative覗いてたらTrickyなる蜂が追加されてた、時期的に時限のハロウィン関係? - 名無しさん 2013-10-16 16:33:00
    • Sinister+Commonで作れるようです - 名無しさん 2014-08-29 18:12:08
  • 遠心分離機の産出物一覧のところにある「Mello Comb」の日本名を「熟した巣板」で編集をお願いします。 - 名無しさん 2013-12-20 17:28:04
  • 遠心分離機の産出物一覧のところにある「Mello Comb」の日本名を「熟した巣板」で編集をお願いします。 - 名無しさん 2013-12-20 17:28:04
  • パイプ栓を使えば養蜂自動化を離さなくてもできますよ - 名無しさん 2014-07-17 20:16:49
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム



アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク



Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ