MOD解説 > ComputerCraft

現在のこのページの情報は、ComputerCraft v1.58 for Minecraft 1.6.4 時のものです。

MOD名 ComputerCraft
製作者 dan200
配布場所 http://www.computercraft.info/download/
前提MOD Minecraft Forge
使用Block ID 【現在】1225,1226,1227,1228,1229,1230(6個)
【v1.5以前】207,208,209,210(4個)
使用Item ID 4000,4001,4002,4003(4個)
使用Sprite ID
使用class なし(※前提MODでの使用分を除く)
関連サイト http://www.minecraftforum.net/topic/892282-/ (Forumトピック)
http://www.computercraft.info (本家サイト)
http://computercraft.info/wiki/Main_Page (英語wiki)
http://www.computercraft.info/forums2/ (専用Forum)



目次


このMODについて


マインクラフトの世界に、プログラムの作成・実行とレッドストーン入出力が可能なコンピュータ、
プログラムデータを持ち運ぶの為のディスクドライブ・フロッピーディスク、
プログラムで動作させることができるロボットを追加するMOD。

使用できるのはスクリプト言語であるLua。
このMODは前提として、CUIベースでの操作及びある程度のプログラミング知識を要求する為とっつきにくく感じられるが、
Luaは非常に習得しやすい言語なので初心者であっても比較的利用しやすい。

RedPower2赤合金ワイヤー・絶縁ワイヤー・ケーブル束や、MineFactoryReloaded2レッドネットケーブルとも連携しており、通常のレッドストーンだけでなくこれらのケーブルへも入出力できる。

更新情報

◆v1.57->1.58での変更点
  • 長らく未解決だった、タートルが初期化することがあるバグを修正。
  • 非推奨となっていたコーディングを修正し、最新バージョンのForgeと今後のバージョンでのワールドとの両立性を高めた。

◆以前の更新履歴
+ ...

◆既知の不具合
  • 【MineFactoryReloaded2】コンピュータ/タートルからレッドネットケーブルへ出力している時、出力コンピュータ/タートルを破壊するとクラッシュする。ケーブル自体やケーブルに出力していないコンピュータ/タートルの破壊は可。
  • 【MCPatcher HD fix】を導入した状態で32x32以上のテクスチャを使用しようとすると競合発生、クラッシュする。
    【OptiFine】を利用して32x32以上のテクスチャを使用した場合はこの問題は起こらない。



ComputerCraftの導入方法

(ComputerCraft v1.58 for Minecraft 1.6.4時のものです)

※事前に必要なファイルのバックアップを必ずとること。
※バニラのminecraft.jarに導入する際の手順です。既に前提MODを導入済みの場合はその工程を飛ばしてください。

  1. 正式版1.6.4用 Minecraft Forge Installer をダウンロード
  2. ダウンロードしたjarファイルを実行してMinecraft Forgeをインストールする。
    jarファイルが関連付けられていない場合はJava(TM) Platform SE binaryで実行する
  3. %appdata%\.minecraftフォルダ内にmodsフォルダがあるかどうか確認。無い場合は自分で作成(フォルダ名は全て小文字)。ただし、ゲームディレクトリを変更している場合は、そちらにmodsフォルダがあるかどうかを確認する(無ければ作成)
  4. 配布サイトからComputerCraftをダウンロード
  5. ダウンロードしたComputerCraftのzipファイルをそのままmodsフォルダ内に置く
  6. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功

※v1.55よりmods\ComputerCraftフォルダにLuaスクリプトを置いても読み込まれなくなった。

◆以前のバージョンと前提MOD
+ ...


追加ブロック&アイテム&レシピ&インターフェース一覧


追加ブロック&アイテム&レシピ&インターフェース一覧
タートル類が大幅に増えたので別ページへ移動。



実行可能なコマンド

helpコマンドを使うとヘルプを参照できる。
コマンド名 説明
alias エイリアス一覧を表示する
cp = copy
dir = ls = list
mv = move
rm = remove(delete)
apis API一覧を表示する。
cd カレントディレクトリを移動する
入力形式:cd <path>
上の階層に戻る場合はcd ..と入力する。
clear ログを全消去する。
copy ブログラム又はディレクトリをコピーする
入力形式:copy <source> <destination>
delete プログラム又はディレクトリを消去する
入力形式:delete <path>
dj ディスクドライブにレコードを入れ、このコマンドを実行すると再生を開始する。
drive カレントディレクトリがディスクドライブの場合、
コンピュータに対してディスクドライブがどの方向にあるかを表示する。
ディスクドライブでない場合はhddと表示される。
edit プログラムの作成・編集を開始する
入力形式:edit <path>(作成・編集したいプログラム名)
プログラム作成画面でctrl+Sで保存、ctrl+Eで終了する。
eject ディスクドライブからフロッピーディスクを排出する
入力形式:eject <drive>
exit コンピュータをシャットダウンする。
gps GPSホストの起動、又はGPSホストからの距離取得。
入力形式:gps host
gps host <x> <y> <z>
gps locate
help ヘルプを表示する。またhelp <コマンド又はプログラム、周辺機器>と入力することで詳細を表示する。
id コンピュータのIDを表示する。このIDはコンピュータブロックを設置する度に増加していく。
label コンピュータ・タートル・フロッピーディスクのラベルを取得、書き込み、消去できる。
入力形式:label get
label set <text>
label clear
label get <drive>
label set <drive> <text>
label clear <drive>
list カレントディレクトリ内のプログラムとディレクトリを表示する。
lua コードをリアルタイムで実行するInteractive Lua Promptを起動する。
mkdir ディレクトリを作成する
入力形式:mkdir <path>
monitor 隣接したモニターでプログラムを実行する。
入力形式:monitor <side> <program> <arguments>
move プログラム又はディレクトリを移動する
入力形式:move <source> <destination>
programs 実行可能なプログラム及びコマンド一覧を表示する。
reboot コンピュータを再起動する。
redprobe コンピュータに入力されているレッドストーン動力の方向を表示する。
redpulse 指定された間隔でレッドストーン動力を出力する
入力形式:redpulse <side> <count> <period>
redset レッドストーン動力を出力する。redpulseとは違い、こちらはオンのままで維持される。
入力形式:redset <side> <value>
redset <side> <number>
redset <side> <color> <value>
rename プログラム又はディレクトリの名前を変更する
入力形式:rename <source> <destination>
shell OSのバージョンを表示する。
shutdown コンピュータをシャットダウンする。
time マインクラフト世界の時刻を表示する。
type ディレクトリかプログラムかを判別する
入力形式:type <path>
  • コンピュータのみで実行可能なコマンド
adventure マインクラフトをモチーフとしたテキスト形式のアドベンチャーゲームを起動する。
hello Hello World!
worm ワーム(ゲーム)を起動する。
  • アドバンスドコンピュータのみで実行可能なコマンド
paint お絵かきプログラムを起動する。
入力形式:paint <path>(作成・編集したい画像ファイル名)
  • タートルのみで実行可能なコマンド
craft インベントリのアイテムを使ってクラフトする。クラフティタートル専用。
入力形式:craft <count>
dance タートルが踊り始める。
excavate 採掘を開始する。
入力形式:excavate <radius>
go 指定された方向と距離に移動する。
入力形式:go <diredtion> <distance>
refuel タートルに燃料を補給する。
入力形式:refuel <count>
tunnel 3x2のトンネル採掘を開始する。
入力形式:tunnel <length>
turn その場で回転する。
入力形式:turn <direction> <turns>

入力形式の解説

パラメータ名 説明
path 対象のプログラム又はディレクトリのパス。
source 操作の対象となるプログラム又はディレクトリのパス。
destination 対象元の移動先パス。
drive ディスクドライブが設置されている方向。
上:top 下:bottom 左:left 右:right 後ろ:back 前:front
text 入力したい文章。
side コンピュータの各面。driveと同じ。
count 回数。
period 間隔、単位は秒。
value true又はfalse。
number RedPower2やMineFactoryReloaded2のケーブルの各色とその組み合わせに対応した番号。組み合わせ数が膨大な為詳細は省略。
color RedPower2やMineFactoryReloaded2のケーブルの各色。
radius 範囲。タートルが左下に位置するようにNxNの範囲となる。
direction 方向。上:up 下:down 前:forward 後ろ:back 右:right 左:left
distance 距離。
length 長さ。
turns 回転数。数字1あたり90度回転する。
x,y,z 座標。
program プログラム名。
arguments プログラムに指定するパラメータ。



API

プログラム内で呼び出し可能な各種API。
項目が多岐に渡る為、詳細はゲーム内のhelp <API名>またはLua解説サイト等を参照して下さい。
API名 説明
bit ビット操作を行う為のAPI。
colors RedPower2の絶縁ワイヤーに出力する際の色について操作を行うAPI。
redstoneAPIと組み合わせて使う。
colours colorsと同じ。
coroutine Luaに標準搭載されているコルーチンAPI。
disk ディスクドライブへの操作を行うAPI。
fs ファイルシステムの操作を行うAPI。
http HTTPを利用してインターネット上からページを取得するAPI。
デフォルトでは無効になっているため、利用するにはconfigファイルを変更する必要がある。
io IOシステムの操作を行うAPI。ファイル入出力を行う。
math 数学的処理を行うLuaの標準搭載API。
os OSの各種機能を呼び出すAPI。
paintutils ペイントや画像ファイルの表示・保存を行うユーティリティAPI。
parallel 複数の関数を同時実行する為のAPI。
rednet ワイヤレスモデムを用い、コンピュータ同士で簡易なネットワークを構築するためのAPI。
(※MineFactoryReloaded2のケーブルとは関係無し)
redstone レッドストーンの入出力指定を行うAPI。
rs redstoneAPIと同じ。
shell プログラムの起動などシェルの機能を呼び出すAPI。
string 文字列の処理を行うLuaの標準搭載API。
table テーブルの処理を行うLuaの標準搭載API。
term カーソルの位置やスクロールなどの画面処理を行うAPI。
textutils 文字処理を簡易にしてくれるユーティリティAPI。
turtle タートルコントロール用のAPI。
peripheral 外部MODとの連携用API。
gps 現在座標測定用のgpsAPI。
vector 3次元ベクトル演算用API。



Tips

  • 使用されているLua言語エンジンは Luaj-jse 2.0.3。言語リファレンスは元となっているLua 5.1のものを利用できる
  • プログラム名を「startup」にして本体かフロッピーディスクのルートディレクトリに置いておくと、コンピュータ起動時に自動的に実行される
  • ctrl+Tでプログラムの強制終了、ctrl+Sでシャットダウン、ctrl+Rで再起動のショートカットが使える。ちなみに、誤動作防止のためか1秒以上押し続けないと発動しないので注意
  • プログラムで使用できる文字コードはASCII、つまり半角英数のみ。日本語などは使用できず、GUIのコンソールでは強制的にMinecraftのデフォルトフォントが使われる。そのため、¥はバックスラッシュとして表示される
  • レッドストーンの回路として使う場合など、プログラムを終了させずに常駐させておく必要がある時
    普通にループ処理を構築するだけでは「Too long without yielding」と表示されプログラムが終了してしまう。
    これを回避するためには、プログラムの途中にsleep()処理を入れる必要がある。
    ()内には0.05(=1tick)程度を入れておけば問題ない。
    ループ以外の方法としては、os.pullEvent()を使えば入出力の変化があるまで処理を停止することができる
  • Turtleは正面から見て左側がright、右側がleftになっているので注意
  • v1.4よりTurtleは移動に燃料を必要とするようになった
  • Turtleにはleft面に道具(ダイヤツール)を1つとright面に周辺機器(Wireless Modemや作業台)を1つ、またはleft面とright面に周辺機器を1つずつ接続することができる。周辺機器が接続されている面ではレッドストーン入出力ができない


チュートリアル





サンプルプログラム





他のMODとの競合情報

ComputerCraftが使用するBlockIDやItemIDと使用IDが被っている他MODが入っていると競合する。

  • ComputerCraft.cfg
BlockID 設定項目 解説
1225
(v1.5以前) 207
I:computerBlockID 各Computer
1226
(v1.5以前) 208
I:peripheralBlockID 各周辺機器
1229 I:cableBlockID ネットワークケーブル(v1.51~)
ItemID 設定項目 解説
4000
(ゲーム内:4256)
I:diskItemID Floppy Disk
4001
(ゲーム内:4257)
I:diskExpandedItemID 染色 Floppy Disk(v1.42~)
4002
(ゲーム内:4258)
I:printoutItemID Printed Page関連(v1.42~)
4003
(ゲーム内:4259)
I:treasureDiskItemID 宝箱用Floppy Disk(v1.56~)
  • CCTurtle.cfg
BlockID 設定項目 解説
1227
(v1.5以前) 209
I:turtleBlockID 各Turtle
1228
(v1.5以前) 210
I:turtleUpgradedBlockID 各追加Turtle(v1.4~)
1230 I:turtleAdvancedBlockID 各Advanced Turtle(v1.55~)

ComputerCraftで使用するBlockIDやItemIDは、導入後の初回ログイン時にconfigフォルダに作成されるComputerCraft.cfgとCCTurtle.cfgを編集することで変更できる(ItemIDについては、実際のゲーム中のIDから-256した値で記載されている)。




編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/ComputerCraft
+  上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム



アイテムデータ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他





カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ